2020年9月29日 (火)

トットちゃんの電車の教室

Photo_20200928135502

 信州松川村にある安曇野ちひろ美術館を中心とした広い公園。ここに黒柳徹子さんの自伝的エッセー『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)の世界を再現した、トットちゃん広場ができていた。1981年に出版された大ベストセラーの表紙と挿絵を担当したのが、いわさきちひろ。その縁で2016年に整備されたそうだ。ちなみに黒柳さんは「ちひろ美術館・東京」と「安曇野ちひろ美術館」の館長です。

   Photo_20200928135404

 幼少時代をつづった物語の舞台は、ひとりひとりの子どもの個性を大切にする教育を推進したトモエ学園。空襲で焼けるまで自由が丘にあったという伝説的な学校です。問題児のトットちゃんが転校してきて初めて見た電車の教室。この教室なら毎日休まず通おうと決意した、というエピソードが印象的。その教室を大正15年と昭和2年に製造された車両で忠実に再現しているのです。

Photo_20200928135401

 小さいころ「ショーセン電車」と呼んでいたチョコレート色の電車。意味も分からず使っていたこの「ショーセン」という名が、第二次大戦後に国鉄になる以前の鉄道省に由来する「省線」電車だと知ったのは、ずいぶん後のこと。車体の継ぎ目は溶接ではなく、リベット打ちだったんですね。貴重な文化遺産。これらは長野鉄道が保存していたものを譲り受け、改装して使用しているとのこと。

   Photo_20200928135602 

 運転席も残され、木の床や天井の照明器具も昔のまま。壁は淡いミントグリーンで明るい雰囲気に。座席は取り外されて小さな机といすが並んでいる。机の上には教科書のほかにソロバン、顕微鏡、試験管など思い思いの教材が。当時としては珍しい自由な教育ぶりがうかがえます。網棚はランドセルや下足袋を置くのに使われていたそうだ。きっと子どもたちの夢が膨らんだことでしょう。

Photo_20200928135601

 敷地内には農業体験や郷土食づくりができる体験交流館もある。横に回り込むと、おじいさんとおばあさんが米俵を背に縁側で日向ぼっこ?と思ったらカカシでした。身に着けている服や長靴はすべて本物。周りには置いてある稲やカボチャ、各種道具類もついさっきまで使っていたような生々しさで、本当に良くできている。農園や雑木林ゾーンもあるのどかな安曇野ちひろ公園でした。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

オリンピックの夢の跡

Photo_20200925163802  
 1998年の長野オリンピック。白馬村では白馬ジャンプ競技場でノルディックのジャンプ競技が、八方尾根スキー場でアルペン種目の滑降とスーパー大回転が、そしてスノウハープでノルディックのクロスカントリー各種目が開催されました。なかでも国民を熱狂させたのがスキージャンプ団体の、涙の金メダルです。

   Photo_20200925163704

 その会場でいまも観光客がたくさん訪れる名所、白馬八方のジャンプ台を見学に行ってきました。ノーマルヒルとラージヒル、2本のコースが並んでいる。リフトで上へあがって、そこからエレベーターでそれぞれのコースへ向かい、急勾配を滑り降りる。聖火台も残されていて、この競技場一帯が記念公園になっている。もちろんいまもワールドカップなどの競技会が開かれる現役の施設だ。

Photo_20200925163701    
 前回のリレハンメル大会で、よもやの失速で金を逃した日本ジャンプ陣。岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜のメンバーで悪夢を振り払って4年越しの金メダル。「フナキー!」と絶叫し涙をぼろぼろ流す原田選手。いやぁドラマチックでした。いまやジャンプ界のレジェンドになっている葛西紀明は、この団体代表メンバーに選ばれていない。その悔しさが長く続けるモチベーションかもしれない。

Photo_20200925163703

 これが夏冬あわせて日本がオリンピックで獲得したちょうど100個目の金メダルだったそうだ。長野大会ではスピードスケートの清水宏保、フリースタイルスキーの里谷多英、シュートトラックの西谷岳文も金メダルを取っていますが、メモリアルな100個目になったのがまさにこのジャンプ団体の金。三段跳びの織田幹夫から続く100名すべての名前が記された記念碑もある。

   Photo_20200925163801

 一般客のリフト乗車が終了した午後3時以降は、トレーニングをする選手専用。この日はひとり練習する若い女子選手がいました。上のほうで豆粒のように飛ぶ姿が見えるでしょうか? この一選手のためにリフトを動かし、一回飛ぶごとに散水し滑りをよくする。雪のない季節の練習は大変なんだ。見事に着地を決めたあと周りから大きな拍手が起こる。がんばれ、未来のオリンピック選手!

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

山野草の花もおしまいかな

   Photo_20200921221601

 最高気温が20℃を割る日も増えてきた信州の高原。山野草の花を楽しめる時期もあと少しになりました。秋と言えばキク科。よく見かけるのはヨメナ(嫁菜)です。薄紫色のきれいな花は春から初夏に咲くミヤマヨメナ(深山嫁菜)とその園芸種ミヤコワスレ(都忘れ)とよく似ている。でも花の時期が秋と春で、まったく違います。

Photo_20200921212301

 よく似た形のキク科で白い可憐な花も咲いている。ユウガギク(柚香菊)だと思うのですが、さぁ合っているでしょうか。植物は似たものがたくさんあるので、正しく何なのかは特定するのは難しい。言い訳っぽいですが。ちなみに名前の由来となっている「柚の香り」は残念ながらよくわかりませんでした。

Photo_20200921221101

 黄金色の花がパッと目を引くアキノキリンソウ(秋の麒麟草)。ひと昔前に社会問題にもなったあの北米産の帰化植物セイタカアワダチソウに近い分類で、もっと小さく可愛らしい。これもキク科、もちろん日本産です。山ではごく普通に見られる秋の花。とは言え外来種に競り負けて、減少しているようです。がんばれ、ニッポン!

Photo_20200921214601

 黄金色でもうひとつは、ナガミノツルケマン(長実の蔓華鬘)。こちらはケシ科の花で別名ナガミノツルキケマン(蔓黄華鬘)。ケマンという名前はお寺で仏前に飾る仏具の「華鬘」に姿が似ていることからと本には書いてありますが、華鬘のイメージはありません。それよりケマンの仲間は食用厳禁、みんな毒があるそうですよ。
 これらの花が終わると信州の高原には厳しい冬がやってきます。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

高原はいま収穫の秋

Photo_20200917221101

 信州の高原は朝晩ずいぶん冷え込むようになりましたが、まだ夏の野菜やハーブが収穫できます。この日は2つのカゴいっぱいに。まずは葉物を中心に、レタス、バジル、バイオレットバジル、ヤングコーン、セージ、ミント。ヤングコーンはほんとに短い時期しか食べられないし、セージは土が合ったのか勢いがあります。手作りニョッキをセージバターで食べたり、健康に良いセージティーに。

Photo_20200917221102

 2つ目のカゴには、パプリカ、トマト、加工用トマト、4種類のミニトマト、ブロッコリー、シシトウ、水ナス、食用ホオズキ、インゲンがぎっしり。食べきれないほど採りながら、さてどんな料理に使おうかと考えるのが至福の時。このカゴでは水分が少なくみっしり中身が詰まった加工用トマトが一番のおすすめ。じっくりソースに煮込んだり、とれたて濃厚トマトジュースも絶品です。

Photo_20200917221201

 この夏は長雨&日照不足から記録的な猛暑へと、野菜には過酷な天候が続きました。しかし花栽培家さんのご厚意で使わせてもらっているハウスのおかげで、収穫の秋と食欲の秋をダブルで楽しんでおります。ご紹介した収穫物以外にも、セルバチコやフェンネル、ディル、芽キャベツなど好き勝手に作らせてもらっている。

   Photo_20200917223901

 そしてフェンネルシードやバイオレットバジルの花を取り分けてスパイスに。作業しているだけで部屋中が爽やかな香りに包まれる。ドライセージは虫除けにもなるからと言いながら、束ねて吊り下げていく。種をまいて、水をやって、収穫して、食べて、また種を取る。春から秋の一連の流れ。来年は今年の経験を生かして、何を植えるかあれこれ思案する冬がやってきます。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

いま山で観られる花たち

Photo_20200812213301

 薄紫色の可憐な花が群生するオオバギボウシ。もう一ヵ月以上咲いています。漢字で書くと大葉擬宝珠。橋の欄干についている擬宝珠にカタチが似ているから。背の高さは1mぐらいで下から上へと開花していく。春の若葉はウリッパと呼ばれ、味噌汁に入れたりお浸しにして食べる。地元ではタラの芽やコシアブラより好きだという人もいますが、個人的には山菜はクセがあるほうが好きです。

   Photo_20200812213801

 オオウバユリを初めて見たときは、その異様な姿に驚いた。ヒマワリぐらいある太い茎の上に、大きな花が四方八方に向かって開いている。だけど葉は一枚もないのだ。大きい花だけれど色は淡い緑で、周りのグリーンに溶け込んで目立たない。漢字で大姥百合。姥とは乳母のこと。乳を与えて育てた子が成人(花が咲く)する頃には、歯(葉)がなくなってしまうから、という説はナルホドと思う。

Photo_20200812213303

 紹介しているのはすべて敷地内に咲く山野草ですが、いちばんの自慢はタマアジサイ。つぼみが白い球形だからこう名付けられました。周りではまったく見かけません。よほど生育条件にマッチしたのでしょう。ほかのアジサイより遅く、8月になってから開花が始まる。白い球が裂けて、淡紫色の小さな花が煙るように現れる。そのまわりを白い装飾化が少し。実に地味な、野生種らしい佇まいです。

Photo_20200812213401

 今年は長雨で、日照時間が短かった。そのせいかどうか、梅雨明けしたときにはもう秋が始まったかのよう。黄葉したサワグルミや紅葉したヤマザクラの葉がハラハラと散っている。そんな中、日当たりのいい一画で真夏の花、シモツケが満開だ。バラ科の落葉低木。下野国(しもつけのくに)、現在の栃木県で発見されたことに由来するという。つかの間の夏、植物にとって貴重な時間です。

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

ミニ菜園は花盛り

Photo_20200808214601

 ジャガイモの花は白い花びらに黄色の雌しべ。スイセンと同じ組み合わせで、飾りたくなる可憐な花です。品種によって薄紫色の花もある。しっかり収穫するために、花はどんどん切るほうがいいらしい。地下茎(イモ)に栄養がいきわたって大きくなるそうです。花を置いていたら実はできるけど食べられない。植えるのも実や種ではなく種イモ(地下茎)。いわば挿し木のような仕組みです。

   Photo_20200808214701

 ナスの花は実と同じ色素があるのか、ナスの色を薄めて明るくしたような色。そして茎はまさにナス色です。普通のナスも水ナスも同じ薄紫色の花。ジャガイモも同じナス科なので、花はよく似ている。アンデス原産のジャガイモに対し、インド原産のナスは、東アジアとヨーロッパに広まった。日本料理にもイタリア料理にも、東西どちらでもなくてはならない味を生み出してくれる。

Photo_20200808214602

 放射状に黄色い小花を散らした、線香花火で傘を作ったようなセリ科独特のディルの花。同じセリ科のフィノッキオ(フェンネル、ウイキョウ)もよく似た花を咲かせます。ディルは一年草で60~70cm。細い糸状の葉と実(種)を食べる。それに対してフィノッキオは多年草で人間の背丈ほどにな、白い大きな鱗茎と実(種)を食べる。甘ーい独特の香りで、魚料理やサラダに使うところも似ています。

   Photo_20200808214901

 シシトウは可愛い白い花。隣に植えているパプリカも親戚なので、白い花も葉の形も似ています。シシトウもピーマンも黄パプリカも赤パプリカも、トウガラシの仲間は意外だけれどナス科。メキシコ原産。花や葉の大きさはそれほど変わらないのに、実の大きさがここまで違うとは!激辛から甘いのまで差があるとは! 改良を重ねた栽培品種がたくさんあるということでしょうね。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

ミニ菜園は食べごろの夏

   Photo_20200807222901

 奈川で育てている野菜やハーブが、いま収穫期を迎えています。今年は長雨で日照不足。野菜が不作で高くなっていますが、うちは園芸家さんのご厚意でビニールハウスの一角を使わせていただいている。おかげさまで雨の被害もなく順調に育ちました。レタスはもちろん芽キャベツや水ナスも食べごろです。

Photo_20200807221802

トマトは5種。リコピン8倍のシシリアン・ルージュ、トスカーナ・ヴァイオレットに加工用トマト。トマト・ベリーと金あま。たくさん作っても食べきれないので1株ずつ。次から次へとできて、堪能するほど食べられるからうれしい。上は赤くなってるけど下はまだグリーン、という房状を枝付きで切って日光に当てるときれい赤に熟する。

   Photo_20200807221801

 スティック状のフィノッキオで「スティッキオ」。普通のフィノッキオ(フェンネル)よりすこし小ぶりで、大きな白い根っこを食べるフィノッキオと違って茎の部分をたべる。野生のルッコラに近いセルバティコ。苦味も辛味も強い。そこが野生味あふれておいしい。これに近いのはハーブ類。サルビア(セージ)もディルも、「もっともっと食べて!」と言ってるようなのでせっせと食べています。

  Photo_20200807221803

 普通に見かけるツヤツヤしたきれいなグリーンのバジリコといっしょに、紫がかった色のダーク・オパール・バジルも植えている。この紫バージョンはちょっと硬くてクセが強い。サラダに入れるのはいいけれど、ペスト・ジェノベーゼには向かない。色鮮やかなグリーンにならないから、とぜいたくを言っています。

Photo_20200808091701

 種を植えて、小さな可愛い芽が出て、広い場所に植え替えて、日々の成長の見守る。奇跡のような生命の不思議。短い時間で結果が確認できるのが野菜づくりのおもしろさ。そして収穫期の今は、フレッシュな奇跡を味わう幸せをかみしめています。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

隈研吾のスノーピーク

  Open

 オートキャンプ用のテントやテーブル、調理器具や食器類でアウトドアライフをリードしてきたスノーピーク。雄大な山岳風景を眺めながら、野遊びや食事やショッピングを楽しめる体験型複合施設=ランドステーション白馬を作りました。コロナの影響で予定より遅れましたが、パタゴニアやノースフェイスが並ぶ通りに先日OPEN! 

Photo_20200614155601

 白馬三山の稜線をかたどったラインの屋根、木をうまく取り入れたデザインの施設、広い芝生の庭。この居心地の良い空間は、いま大人気の隈研吾さんの設計です。何も道具を持っていない初心者も「手ぶらキャンプ」でテント泊ができるし、隈さんとのコラボで生まれた「住箱 JYUBAKO」での宿泊プランも楽しめるそうです。

Photo_20200614155703

 食事やお茶はミシュランの星獲得のシェフが監修するレストラン雪峯とスターバックスで。鞍掛豆のパスタやニジマスのホウバ焼きなど、信州産のこだわり素材を使った料理はどれもおいしく、特に新鮮な季節の野菜サラダはそれぞれの味が濃く感動もの。レストランの壁も杉材を樹皮ごと薄板にして、生えていた時のままタテに並べたワイルドなスタイル。こんな木の使い方も出来るのだ。美しい。

Photo_20200615171601

 ステンレス製の焚き火台をはじめスノーピークのグッズが豊富にそろっているショップ。アパレルも充実していて、ここだけの限定品も発見できる。北アルプスの峰々や長野オリンピックのジャンプ台を遠くに眺められるランドステーション。ここはショールームやブランドショップを超えた、アウトドア遊びの案内所。自然を愛するファミリーや子どもたちがもっともっと増えるといいですね。

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

ブルーベリー狩りは楽し

Photo_20190816210401

 こんなおいしいブルーベリーがあるなんて! 奈川の富田ブルーベリー農園で初めてのブルーベリー狩りは感動の体験でした。ここは標高1000m以上、昼と夜の寒暖差が大きい気候と有機栽培によってとても甘いのが特徴だ。バスケットを持って広い果樹園に。すでに多くの人が摘んでいるので、まだ他の人が入っていない上の畑に向かう。いっぱいいっぱい熟した実。ブルーベリーってこんな出来かたをするのか、と予想をはるかに超えてたわわに実っている。

   Photo_20190816215101

 「樹によって甘かったり酸味が強かったりそれぞれ味が違うから、食べて気に入った樹から摘みなさい」とアドバイスを受けていたので、次から次へと試食。そしてコレは!という樹のモノを重点的にバスケットに入れる。畑では食べ放題、摘んでバスケットに入れて持って帰るぶんは量り売りでお金を払う、というのがここのシステムです。はい、約3Kgをお持ち帰り。感動の安さ!  
   Photo_20190818113901

 ブルーベリーは北アメリカ原産の落葉低木。日本では主にハイブッシュ系とラビットアイ系が計100種ほど栽培されているという。長野県は高冷地で酸性土壌が栽培に適していて収穫量も多い。この富田ファームでは4種類が植えられているそうだ。畑の列ごとに違う品種が植えてあるのかと思ったけれど、バラバラだそうだ。苗木のときはわからないのか、混ぜたほうが実がよくつくのか。それは聞き忘れました。

Photo_20190816210602

 今年は雨が多く日照時間が少なかったので生育が悪く、例年に比べてブルーベリー狩りのオープン日がずいぶん遅れたそうだ。おかげで今回の滞在にタイミングがピッタリ合ってラッキーだ。粒も大きく甘さも素晴らしい。なかなか貴重な体験でした。もともと背の低いツツジ科のうえに、樹勢を保つための剪定で小さな子どもでも手が届く高さに実がなっている。親子三代で来てみんな一緒に楽しんでいるグループも多い。

Photo_20190816210501

 収穫した採れたてをそのまま食べるのは最高です。でも新鮮なおいしさをいろいろな食べ方で楽しみたいから。贅沢に使ってでリゾットを作りました。材料はつぶしたブルーベリーと飾りのブルーベリー。そして刻んだタマネギとパルミジャーノ・レッジャーノ。作り方は基本的なリゾットと同じです。そしてソテーした豚ヘレ肉に使うソースも。結論、おいしい素材はどんな調理法でもおいしい。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

エコなジェラート屋さん

Photo_20190814225601

 先月、乗鞍高原の観光センターにお洒落なジェラート屋さんが誕生した。Gift NORIKURA Gelato & Cafe というお店です。「乗鞍の恵み・乗鞍からの贈り物」と名乗っているように、ここのジェラートは地元産の自然素材にこだわっている。奈川の富田ファームのブルーベリー、乗鞍高原ばんどころメリーランドのヤギのミルク、信州蜂蜜本舗のハチミツ、塩尻のヒュッテほし★が自家農園で育てたリンゴ、などなど。ここならではの美味しさが楽しめる。

Photo_20190814225701

 この店のこだわりのもうひとつはエコ。プラスチックはおろか紙製の容器も使っていない。ジェラートのカップもスプーンも木製で食べた後は返却するシステムだ。ゴミゼロ&パッケージフリーショップを目指しています、という通り包装紙や袋も提供していない。そして売り上げの3%は乗鞍高原の環境整備に活用するそうだ。この地域が一体となってもっともっとエココンシャスな方向で発展したらいいなと思う。

Zero_20190816104301

 乗鞍高原の目新しい変化は自転車の人たちの増加。冬場はもちろんスキー客だけど、夏の今ごろは登山の人かバスで山上へ行く観光客がほとんどだった。有名なヒルクライムレースも行われる聖地なので、ペダルをこいで千数百メートルの標高差を登るライダーはいましたが、あくまで少数派。それが今デッキでジェラートを食べていると、次から次へと自転車が行き来する。サイクリングもずいぶん一般的になったものだ。自転車もエコな乗り物だからいいことですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧