2019年5月10日 (金)

信州の高原にも春が来た

Photo_175

 10連休が終わって、奈川高原にも春がやってきました。でも桜はまだ七~八分咲き。標高1300m以上あるので、ふもとよりだいぶん遅い。朝晩はストーブが必要だといえば、どんなぐあいかイメージしやすいでしょうか。ここの桜はオオヤマザクラの一種で御殿桜と呼ばれている。ソメイヨシノよりピンクの色が濃い。さくら色って、こういう色ですよね、もともとは。ソメイヨシノの色が淡すぎるのかも。

Photo_182

 松本市の特別天然記念物にも指定されている入山地区の御殿桜。名称の由来についてはいろんな説が残っていますが、どの説も戦国時代に武田勝頼の関係者がやってきて植えたのが始まり、と伝えているのでその部分は間違いなさそうだ。旧・奈川村の何代か前の村長さんがこの花が好きで、約3,000本の苗木を育てて植えたのがいま村内各地で楽しめる。桜の里にするのが夢だったらしい。

Photo_166

 そしてこの時期はカラマツのグリーンの新芽が美しい。冬場はカラマツもブナやミズナラも落葉してモノトーンだった高原の林。日に日に緑が増えてくる。朝起きたら昨日と風景が変わっていて、自然のパワーに驚かされることもしばしば。まさに自然は生きていると実感します。このあと、コシアブラやタラの芽が芽吹き、辺りはおいしい山菜が採れる宝の山になる。

Photo_171

 地面にはフキノトウやタンポポ、コゴミが顔を出している。ワラビやゼンマイはもう少し先。ほろ苦い春の山菜は、いい季節の到来を告げるとともに、冬場に縮こまっていた身体をシャキッとさせて活動モードに入れてくれる。秋のキノコは怖くて手を出せないけれど、春は天国です。天ぷらに、おひたしに、アヒージョに。縄文人の採集生活を思い浮かべながら、いただきまーす!

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

松本で花フェスタです

Photo_151

 信州花フェスタ2019~北アルプスの贈り物~ 堅苦しく言えば 第36回 全国都市緑化信州フェアと呼ばれるイベントが、春から初夏にかけて開催されている。広大なメイン会場は信州まつもと空港に隣接する信州スカイパーク。花緑のある暮らしの提案エリア、信州の花や緑とふれあうエリア、出会い・賑わいのエリア、と大きく3つのくくりで展開されています。

Photo_152

 いちばん見ごたえのあるのが、そら植物園の西畠清順さんが作る『信州産サボテンのインスタレーション』。「え、なんで信州にサボテン?」と疑問に思うでしょ? じつは長野県は昼夜のこ寒暖差を利用したサボテンの一大産地だそうです。そして中央分水嶺のひとつ、塩尻市の善知鳥峠(うとうとうげ)に産する石灰岩と長野県内で集めた流木で構成した、日本とは思えない世界が出現している。

Photo_158

 トゲもさまざま、花もいろいろ、サボテンと多肉植物をこんなにたくさん見るのは初めてです。どれだけ眺めていても信州とは結び付きません、正直言って。もっと言えば地球上のモノとも思えないぐらい。つくづく不思議な生き物ですね。やまびこドームでサボテンのインスタレーションを見たら、劇団四季の展示も観ましょう。信濃大町に劇団四季記念館がある縁で出展しているらしい。

    Photo_164

 そして、もうひとつ「ほおーっ」と感心したのが、『北アルプスと花の丘』という大花壇。残雪の北アルプスを望む丘に、たくさんのボランティアが協働して植えた15万株の色とりどりの花が咲き誇っています。今の時期ならパンジー、ネモフィラ、チューリップサルビアネモローサなどが見頃。みなさん花壇の間に入って記念撮影を楽しんでいる。これから次々と見頃の花が変わるそうです。

Photo_154

 神戸をはじめ全国の自治体が協賛してそれぞれの街をイメージした庭を展示しているのもおもしろい。それにグルメや買い物コーナー、歌や演奏、ダンスのライブ、いろんな体験ができるワークショップも開かれていて、子どもからお年寄りまで一日楽しめるイベントです。ただし、これからもっと日差しが強くなる季節。熱中症にはくれぐれもご注意ください。

第36回 全国都市緑化信州フェア
信州 花フェスタ 2019
~北アルプスの贈りもの~
2019年4月25日(木)~6月16日(日)

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

田舎の道が現代アート?

Photo

 野麦峠スキー場のゲレンデに向かって散歩をしていたら、美しいアートを見つけました。何だろう?と思って立ち止まると、じつはこれ、融雪剤。凍結防止剤とも言われる寒冷地の必需品です。塩化カルシウム、雪道で撒くみんなが塩カルと呼んでいる白い粒々のこと。
 
7_2

 これが水分を含むので、路面が乾いた後も塩カルのまわりは濡れて黒くなっている。白い粒が道路にいっぱい落ちているのはよく見かけるが、グレーの路面に黒と白が散りばめられているのは初めて気づきました。舗装のごつごつした質感もおもしろい。

Photo_2

 この時期の雪は20センチぐらい積もっても、除雪車が出て1日晴れると雪は消える。そしてこんな見事なアートを創造するのだ。池の氷の上にも雪が積もり、こちらは平らな部分に立体の桟橋が浮き上がり、風景全体が巨大な白いオブジェのよう。

Photo_3

 そして早朝の風景もアートです。夜明けまえ、落葉した林越しに見える雪山が上から赤く染まります。涸沢カールほどではないけれど、控えめにうっすらピンクに染まるのが奈川らしくていい。冷たく凛とした空気のなかで見るモルゲンロート。ドイツ語で「モルゲン」は「朝」、「ロート」は「赤」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

春の雪、なごり雪

Photo

 「記憶にないほど雪の少ない年だった」と、奈川の人たちも言うぐらい今年は記録的暖冬だったのかもしれません。スキー場関係者はあきらめ顔、関係ない村の人たちは雪かきが少なくて良かった、良かった。ま、あらゆることが立ち位置を変えれば見方が変わるという例証でしょうね。

Photo_2

 スキーシーズンは早々と終わりを迎えそう、と思っていたら・・・なんと私たちが奈川についた夜から雪が降り始めました。しかしその雪も翌日昼ごろに止み、根雪になることはありません。もう春なんだ。『春の雪』。三島由紀夫の耽美的な世界ではありませんが、いつもの奈川のサラサラ雪とは違って水分を含んだしっとり重みのある雪。

Photo_3

 樹の枝に降り積もっても風でサッと飛んでいくパウダースノーではなく、「どうぞ写真を撮ってください」と言わんばかりの雪の様子。枝も重く垂れている。冬の初めと冬の終わりにしか見られない風景。こんな湿った雪は積もるのが早い。見る見るうちに白い世界に変わる。残念ながら結晶は本でよく見るシンプルな美しさではないと思う。

Photo_4

 もう一つ思い出すこの時期の雪。イルカの『なごり雪』では、「東京で見る雪はこれが最後ね」とさみしそうに君がつぶやいたけれど、信州の雪はまだまだ最後ではないハズだ。なごり雪は降る時も降る場所も知っているのだ。そうだ!君が去年よりずっときれいになるのを,春は待っているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

NOMUGIの準備作業も着々

Photo
 今年は秋の気温が高い日が多かったので、今ごろカラマツの黄葉が見頃です。しかもことのほか美しい。例年より10日ぐらい遅いと思う。この調子では冬も暖かいかもしれない。これも地球温暖化の影響か、暖冬は暮らすにはラクだけれどスキー場関係者にとっては気が気ではありません。

Photo_2
 NOMUGI=野麦峠スキー場も12月20日オープン予定ということで、準備は着々と進んでいます。さて、雪はどうなるでしょうか。標高の高い上のエリアだけ部分的に開業することもあるかもしれません。じつは昨年もそうだったのですが、下りを大型のスカイライナーで戻るのはちょっとねぇ、という感じ。

Photo_4
 スキー場の準備と言えば、ゲレンデの草やブッシュの刈り取り、リフトの整備、スノーマシンや圧雪車などの点検から、レストハウスやレンタルスキーショップの準備、スキースクールや救護体制の構築など多岐にわたります。そのそれぞれがやることはいっぱいある。雪が積もる前の今が、大忙しの時期。

Photo_3
 それに今年は新たにトイレ・更衣室棟の建設が大々的に行われている。施設が新しく快適になるのは結構なこと。いつもの年より土木・建設工事関係者の車も加わって、よりにぎやかだ。あとは雪乞いをしてゲレンデが真っ白く変わることを願うばかりです。いいところですから。

信州松本
野麦峠スキー場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

木崎湖畔のブックキャンプ

Photo
 7月21日(土)と22日(日)の2日間、木崎湖のほとりでこんなイベントがありました。ALPS BOOK CAMPと alps book cafe。大自然のなかで本を楽しもう、という主旨で今年でもう5年目だそうです。涼しい風が吹く水辺でしかも松林が作る木陰の効果。猛暑の季節だけれど、熱中症の心配もなく気持ちよく過ごせました。
 Photo_2
 松林の中のキャンプ場に、テントや販売用の専用車などで100店あまりが出店している。本屋さんや雑貨屋さん、木工作家や染織作家、アウトドアギアやアンティークの店。あとジャンル分けがなじまないトラベル関連のグッズやイラストレーターや詩人がユニークな表現物を出したり、見ていて飽きないブースばかり。買い過ぎを抑えるのに苦労しますぞ。

Photo_3
 もちろんドリンクやフーズの店もたくさん出ている。しかもどの店もかなりクオリティが高い。こだわりのパンやマフィン、ビオワインやクラフトビール、タンドリーチキンやお総菜。少しずつ飲んでつまんで、いい気分になります。いま流行りのコーヒーでは何店もが焙煎や淹れる技、そして豆を選ぶ目を競っている。

Photo_4
 出店している人たちは、地元の松本や安曇野などだけではない。仙台や下北沢、山梨や高崎からこの企画に賛同してやって来ているそうだ。お客さんも全国各地から。駐車場に停められたクルマを見ても、はるばる遠方から訪れているのがよくわかる。だから特設ステージでのライブ演奏や映画上映など、キャンプの夜も楽しめる企画がたっぷりと用意されている。

Photo_5
 そして何と言っても子どもたちの楽しみは水遊び。ここなら海のように大きい波は立たないし、潮流もない。親も安心して遊ばせられる。第二会場へはモーターボートでの送迎(有料)が楽しそう。夏の信州、北アルプス山麓のアルプス ブックキャンプ。この場所ならではの魅力をいっぱい盛り込んだ、おもしろいイベント企画だと思います。

ALPS BOOK CAMP 2018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

伊那谷のそば粉ガレット

Photo
 信州奈川から権兵衛トンネルを抜けて1時間。エッ、ウソー! なぜだ! おいしいブルターニュがありました。上伊那地方もそばの産地。そこでそばを使った名産を作ろうと、フランス北西部、大西洋に面したブルターニュ地方名産のガレットで地域おこしをしようと思い立った(らしい)。寒冷なブルターニュでは小麦がとれないので寒さに強いそばを育て、何百年もそば粉ガレットを食べて生きてきた。

Photo_2
 信州伊那谷ガレット協議会という組織を起ち上げ、それはそれは本気で始めた(らしい)。この地域のビストロやカフェ、蕎麦屋さんから和食の店まで20数店が参加してそれぞれ独自の味を追求。そのなかで特別に輝いているのが上伊那郡南箕輪村にある信州大芝高原 味工房。名前だけ聞くといかにも田舎の何でも屋さん、と思うでしょ? ところがどっこい、本場の名店「ル ブルターニュ ブレッツカフェ」が入ってガレットやクレープを提供している。

Photo_3
 伝統的な生ハムやトマトや半熟卵のもの、レタスたっぷりサラダ感覚のもの、ブルターニュ名産の塩キャラメルをジェラートにかけたデザートガレットまで。感動の美味しさがそろっています。じつははここ、ブルターニュ以外にもパリに数店、東京の神楽坂、表参道、銀座、京都などにあるそうです。知らなかったけど。

Photo_4
 店内にブルターニュ王国(フランスに統合される前)の白黒の旗が飾ってあり、店員さんの制服もセントジェームスの白黒バスクスシャツ。そばクッキーや雑貨などを売る木製の販売台にもブルターニュの紋章が焼き印されている。いい雰囲気です。バカにしていてごめんなさい。期待をはるかに超えていました。

Photo_5
 そして忘れてならないのはシードル。ブルターニュ特産リンゴのお酒、天然発酵の本場の「ヴァル ド ランス」が4種類そろっている。湯飲みのような{ボレ」というシードル専用ボウルでサーブされるのもいい。予想をうまく裏切ってくれた味工房。家に帰ってガレットを作るためのそば粉とシードルも買って帰りました。ぜひまた行きたいと思います。※下記にリンクしているサイトのダサさを信じないようにね。

信州大芝公園
味工房×ル ブルターニュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

PIECE OF PEACE in 松本

Photo
 世界遺産チャリティーアートエキジビションが、松本に最近オープンした信毎メディアガーデンやパルコで開催されている。レゴブロックで作った世界遺産展「PIECE OF PEACE」。プロのレゴブロックビルダーが競うように作り上げた、精密な模型。レゴでここまでやれるのか! と驚きと感動の展覧会です。

Photo_2
 世界遺産は2017年現在で1,073カ所あるそうだ。作品になっているのは、その中でも「超」がつく有名建築物や遺跡。ヨーロッパではピサの斜塔やコロッセオ。サグラダファミリアやエッフェル塔。モンサンミッシェルやイスタンブールのブルーモスクなどなど。

Photo_3  アメリカ大陸では自由の女神やマチュピチュ遺跡、イースター島のモアイ像。製作日数が17日とか24日とか、気の遠くなるような作業だ。アフリカ大陸のピラミッドやアブシンベル神殿の彫像も見事な出来映え。作品を構成するパーツの数も種類もハンパじゃない。

Photo_4
 アジアではベトナムのフエやタージマハール、万里の長城、四川省のパンダ。わが日本は姫路城や厳島神社。日光東照宮、白川郷や富士山、軍艦島まで12作品が展示されていました。そして面白いのは会場に置かれた休憩用のベンチも、大きなレゴブロックでできていた。思わず「いいね!」してしまいました。
 Photo_5
あなたの1ピースがカチッとはまると、
世界遺産はきっと喜ぶ。

PIECE OF PEACE
レゴブロックで作った世界遺産展
2018年5月12日(土)~ 6月3日(日)
信毎メディアガーデン、松本パルコ、MIDORI松本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

クレソン畑へ収穫に

Photo
 スミレの花咲くころ、おいしいクレソンが待っています。長靴を履いていざ収穫へ。コシアブラやハリギリの新芽を摘みながら山道を奥深く歩いていくと、いつも湧水がすこしずつ流れている場所がある。そこがわが家のクレソン畑。(ほかに採る人がいないので勝手にそう呼んでます) 

Photo_2
 春のクレソンは美しく柔らかく香り高い。冷たーい清らかな水に根元を洗われて光り輝いている。アブラナ科で別名オランダガラシ。ヨーロッパ原産で日本には明治時代に持ち込まれたものが、全国の山野で野生化しているという。とは言え、自生している群落を見かけることは珍しいのではないでしょうか。

Photo_3
 わが家がこの秘密の畑を発見したのは5年ほど前。以来毎年春になると収穫を楽しみにしている。で、今年も出かけてみる。ありました! クマザサをかき分けた先に、鮮やかなグリーンが目に飛び込んでくる。そのあたりだけ山道に緑のカーペットを敷き詰めたような感じ。

Photo_4
 独特のさわやかな辛みが愛されて、すっかりポピュラーになったクレソン。肉料理に添えたり、グレープフルーツやオレンジに合わせてサラダにしたりと大活躍です。今回は用意してきた鴨肉と採りたてのクレソンで失楽園鍋。大量のクレソンをぺろりと食べられる。これがサイコーの食べ方かもしれません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

てまりんと森の中のムーミン

Photo  
 けいママが訪れた信州奈川の春。 
 ここに暮らす人々はよく言います。「春の素晴らしさをよ〜く知っているから、長くてつらい冬を耐えられる」と。
 滞在中の一週間あまり、毎日野山を散策したり、窓から木々を眺めたりして、その言葉の重さを噛み締めました。

Photo_2  
 そして神戸に戻る前日、奈川の知人から頂戴したお土産に感激! 松本市に伝わる伝統工芸品が、こんなに可愛いお菓子「松本てまりん」になってるんですね。東京銀座の長野アンテナショップでも大人気の商品だとか。サクッと最中の中は何が入ってるの? さあ? ヒントはカラカラ音がするもの・・・です。これは確かに女性に受けますねえ。
 そしてもう1つ。思いがけないお土産を頂戴してしまいました。何と!ムーミンマーケット限定のキュートなイラスト入りのラズベリージャムです。

Photo_3  
   「ええっ!なんで? 奈川にムーミンショップが?」 いえいえ、けいママが滞在中、たまたま名古屋に行かれた知人が、パルコで開催されていたムーミンマーケットに出くわし、すぐさまムーミンオタクのけいママを思い出してくださったのです。しかもこのイラスト!
 以前けいママのブログ「ムーミン・ウインターマグ2015」に登場したものに、さらにストーリー性が加わっている、言わばお宝バージョンです。
 「これはもう、けいママのお土産に買うっきゃ無い!」と、わざわざ名古屋から奈川に持ち帰ってくださった、そのお心遣いにうるうる! 窓辺に置いて、早速愛用のムーミンマグとのコラボショットと相成りました。
 この地に来て、いつも一番楽しみなのは「お茶の時間」です。日々季節の変化を伝えてくれる庭の木々や植物。そこを行き交う様々な鳥たち。大好きなムーミンマグがいつもそばに。
 な〜んにも無いけど、ここは本当にいいところ・・・ と、土地の人たち。いえいえ、ここには何ものにも変えがたい豊かな時間がありますとも。
 てまりんとムーミンジャムを大事に抱えて神戸に戻るけいママですが、すぐにまた来ます! 次回、若葉で満たされる信州奈川に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧