2023年1月29日 (日)

日常のユルい可笑しみ

   Photo_20230128110001

 シュールな展開と乾いた笑い。抒情的な涙と至上の愛。散漫なようでいて、最後ほんわか幸福感に包まれる。よくわからないけど、惹きつけられる世界観。『ゾッキ』は、竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督3人体制で、大橋裕之の漫画を実写映画化した脱力ヒューマンコメディです。ストーリーも不思議なら、作り方もユニーク。

Photo_20230128203201

 約30本の短編が収録された作品集『ゾッキA』と『ゾッキB』から、いくつかのエピソードを織り交ぜて構成。監督3人がそれぞれのパートを担当して作ったそうだ。といってもオムニバスじゃない。ゆるーくだけど繋がった一本の映画。観客は次の展開が予想できず、宙ぶらりんの不安な気分。それがまた新しい映画体験です。

Photo_20230128203202

 ニュースになるほどの事柄もない市井のフツーの人たち。彼らが織りなす人間模様を描いただけなのに、なんか可笑しい。フツーの人と言っても、よく見れば一人一人は特別な存在。誰にでも他人に言えない秘密はある。説明できない衝動もある。マトモだと思っても、傍から見たら奇妙な行動をする。人間ってヘンな生き物!

Photo_20230128203203

 日々繰り返される生活。取るに足らない日常。そこに潜む些細な可笑しみをすくい上げる大橋裕之は、冷徹な哲学者か、それとも心優しい伴走者か。出演者も多士済々、芸達者がそろっとぃます。松田龍平、鈴木福、吉岡里帆、森優作、九条ジョー、竹原ピストル、國村隼、木竜麻生、石坂浩二、倖田來未など。豪華でしょ。

Photo_20230128203204

 ところで「ゾッキ」とは? ゾッキ本って聞いたことありませんか。見切り特価で売る雑多な本のことを言います。(私たちがこの言葉を聞いた最後の世代かも) ゾッキとは、ひとくくり、ひとまとめの意味。でもなぜゾッキなのか、語源については諸説あり、よくわからないそうだ。まぁあまり高級なものではないのは確かなようです。

Photo_20230128213401

 ちょっと横道にそれましたが、『ゾッキ』はゆるネタをひとまとめにした素晴らしい作品でした。愛と憎しみ。喜びと悲しみ。嘘と真実。生と死。それぞれの間であっちに揺れ、こっちに動く。毎日はその繰り返し。そんな日々でも、ときにささやかな奇跡が訪れる。大小や強弱や貴賤では語れない価値観。どこかホッとする世界でした。

| | コメント (0)

2023年1月25日 (水)

アニメ業界の熱き闘い

   Photo_20230123132401

 思っていた以上におもしろくて、感動的なストーリーでした。地方公務員から転身した新人アニメ監督が、熱い思いで創作に打ち込み、人間的にも成長していく姿を描く『ハケンアニメ!』。辻村深月の同名小説を吉野耕平監督が映画化しました。主演は吉岡里帆。ライバルの、再起を図る天才を中村倫也が好演している。

Photo_20230123210501

 「ハケン」は派遣ではなく覇権。各クールで最も成功したTVアニメに与えられる称号なのだ。クリエイターとして自分の夢と信念を貫いて作品を生み出す頑固さと、ディレクターとして誇り高きギョーカイ人たちをまとめ上げるリーダーシップ。新人も天才も、強い意志と折れない心で苦境に立ち向かい、「ハケン」を目指して奮闘する。

Photo_20230123210601

 制作においていちばん大切なのは監督のイメージの実現。ただ現実には、締め切り時間や予算の制約や宣伝活動に押されて、ついつい妥協してしまいがち。もし我を通せば周りのスタッフに大迷惑を強いることになる。アニメは独りでは作れない。しかし、神は細部に宿る。その困難な状況を突破しなければ最高は生まれない。

Photo_20230123230301
 
 作画、美術、効果、音響、声優、プロデューサーなどなど、普段はあまり表舞台には出てこない制作現場のスタッフにも目配り。それぞれのキャラクターが丁寧に描かれ、反目していたメンバーが一丸となってハケンアニメ作りに邁進するに至る様子が気持ちいい。TV局やスポンサーなど、ギョーカイを取り巻く関係者も興味深い。

Photo_20230123230701

 劇中で使われる二本のアニメ作品も素晴らしい。さすが、第一線で活躍する大塚隆史や谷東が本気で作ったクオリティ。共演陣も柄本祐、尾野真千子をはじめ芸達者が揃う。挫折を経験しながら、夢をあきらめず努力する先にある希望。元気をくれる映画でした。「フィクションにはリアルを変える力がある」というセリフが深い。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

北欧の悲しき巨人

Photo_20230119120201

 ノルウェーの山岳地帯から、伝承の怪物がよみがえる。ローアル・ユートハウグ監督のファンタジー・アドベンチャー『トロール』は、ちょっとかわいそうな怪物の物語。あまり見た記憶がないノルウェー映画。でも、だからこその深い真相が隠されていて、とても勉強になりました。ストーリーもよくできていて、気軽に楽しめます。

Photo_20230119120202

 トンネル工事で山を爆破しているときに起こった謎の大惨事。原因究明のため政府はいろんな分野の専門家を集めて対策会議を開く。古生物学者ノラもその一人。彼女は狂人扱いされている父の助けを借り、謎の解明に取り組む。よみがえった伝説のトロール。首都へ向かって進むモンスター。大砲もミサイルも効き目がない。

   Photo_20230119120203

 トロールは北欧に伝わる妖精で、醜く毛深い性悪な巨人とされる。この絵はノルウェーの著名な画家テオドール・キッテルセンが1906年に描いた『森のトロール』。歴史書は勝者の視点で記述されますが、おとぎ話や言い伝えには征服された先住民族の記憶や真実の痕跡が残っている。歴史の見方を考えさせられました。

| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

時間を跳び、未来を正す

   Photo_20230108125001

 1956年に発表されたSF小説の古典的名作、ロバート・A・ハインラインの「夏への扉」(ハヤカワ文庫)。これを原作に、三木孝浩監督がいまの日本の観客に合うよう再構築し映画化したのが『夏への扉ーキミのいる未来へ』。タイムトラベルや人型ロボットなど、SFの主要要素がうまくちりばめられたナットクのおもしろさです。

Photo_20230108125101

 もしタイムマシンがあって過去に戻れたら? あの時の自分に知らせたいことがある。教えたいことがある。こんな夢を抱いた人は多いのではないでしょうか。不可能だとわかっていても悪魔的な魅力がありますよね。タラレバの話って否定的に言われることが多いけど、その隠れた願望を実現してくれる仕組みがSFやファンタジー。

Photo_20230108125102

 主人公は最先端のロボットや画期的な蓄電池を開発する天才科学者・宗一郎。共同経営者と婚約者の裏切りで冷凍冬眠をさせられる。30年後に目覚めると、財産はすべて失い、いちばん大切な人・璃子は亡くなっていた。自分が思い描いていた未来へ、彼は歴史を修正するためタイムマシンで30年前に戻ることを決意。

Photo_20230108125201

 1995年と2025年。時間を行き来しながら不都合なところをやり直さなければならない。しかし、残された時間はごくわずか。観客も伏線となった出会いや出来事を謎解きのように楽しみながら、ストーリー展開に没入。はらはら、ドキドキ。悪者がやっつけられる爽快感やハッピーエンドは、良きアメリカの作家らしい価値観です。

Photo_20230108125202

 明るく楽しい夏へ通じる扉を探し続ける愛猫のピート。ここから導かれたタイトル『夏への扉』もオシャレです。30年後に出会ったロボットのピートも魅力的。「諦めなければ失敗じゃない」という前向きなメッセージが腑に落ちる。出演者の山崎賢人、清原果耶、藤井直人、夏菜、田口トモロヲ、原田泰造らの演技も素晴らしかった。

| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

親子のカタチ、親子の絆

Photo_20221222102802

 地球人の侵略に苦しむ惑星パンドラ。『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は、地球から派遣された元海兵隊員ながら、現地の先住民になる道を選んだジェイク・サリーと彼の家族の物語です。聖なる森から海の民のもとへ逃れた一家。海の部族に受け入れられ、海洋生物とも心通わせるようになる。だが平穏な日々は続かない。

Photo_20221222102801

 再び侵略者と戦うことになるジェイク。この第2作では、成長した子どもたちも活躍する。「まだ子どもだ」と制止する親。「一人前に扱ってもらいたい」と背伸びする息子や娘。どちらも家族を思い、部族を思う気持ちに変わりはない。親の価値観の押し付けと、子どもの自立。成長とそれに伴う葛藤も、この映画の大きなテーマです。

Photo_20221222135001

 それぞれの個性や能力がうまくかみ合い、ワンチームとなって戦う一家。知的な巨大海洋生物も助けにやってきて、一緒に侵略者と戦うアクションシーンは斬新です。一つの生態系を構成する生物たちとの親密な交流。これもキャメロン監督からの大事なメッセージだ。捕鯨反対キャンペーンの「クサさ」が少し鼻につきましたが。

Photo_20221222102702

 さまざまな親子の関係がストーリーに奥行きを与えている。休眠中のグレース・オーガスティン博士のアバターから生まれた養女キリ。そのせいか物思いにふけったり、思いがけない能力を発揮したり、個性が際立っている。不思議な生い立ちの彼女だけに、シリーズの残り3作でもっと重要な役割が与えられるのではないか。

Photo_20221222102803

 スパイダーと呼ばれる見た目もサイズも地球人の少年は、前作で戦いに敗れた人類が地球へ撤退するとき、赤ん坊の彼に宇宙の旅は不可能なので、パンドラに残された戦災孤児。サリー家の一員のように仲良くしているが、この星ではマスクがないと生きられない。こんな違いがあるキャラクターだからこそできる何かがあるはず。

Photo_20221224211901

 もともとジェイクは地球人からナヴィになった。その子どもたちは混血だ。キリやスパイダーと同じく差別されるマイノリティなのだ。『アバター』ではいろんな「違い」が描かれる。地球人とナヴィ。森の民と海の民。ヒトと動物。大人と子ども。でもその違いを乗り越えて「絆」は生まれる。サリー家の物語、さて次の舞台は2年後に。

| | コメント (0)

2022年12月25日 (日)

地球人の侵略、第2幕

   Photo_20221221164701
   
 13年ぶりの第2作の舞台は海。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター AVATAR  The Way of Water』を、IMAXで体感してきました。前作のころ、IMAXは関西で3スクリーンしかなく、一番近い箕面まで観に行った記憶がある。いまは三宮でも、HATでも、ハーバーでも、神戸の上映館もかなり増えました。10年ひと昔です。

Photo_20221221171201

 地球の人類が新たな棲み処を求めて、はるか宇宙のかなたにある神秘の星パンドラを侵略する。しかし激しい戦いの末に、パンドラの先住民ナヴィが人類を追っ払う話が第1作。主人公はこの星に派遣された海兵隊の兵士ジェイク。彼は先住民や動物を虐殺するミッションに疑問を抱き、ナヴィになって戦うことを決意する。

Photo_20221221172101

 なんとか地球人類を追い払ってから、10数年後のパンドラ。それが第2作の時代。ジェイクはパンドラの一員となり、ナヴィの女性と結ばれ、家庭を築き、子どもたちと平和に暮らしていた。そこへ再び人類が襲ってくる。裏切り者の自分が標的だと悟ったジェイクは、家族とともに避難し、遠く離れた海の部族のもとへ身を寄せる。

Photo_20221222102701

 住み慣れた森から、未知の海辺へ。知らないことだらけで、学ぶことがいっぱいの家族。でも少しずつ海の生物と打ち解け、水の美しさにも魅了されていく。クジラのような巨大生物、クラゲのような可愛い生きもの。森の生命層に劣らない豊かな海で、子どもたちはすくすくと成長していく。水上、水中の映像が本当に素晴らしい。

Photo_20221221173701

 しかしその穏やかな楽園にも、魔の手は迫ってくる。またもや美しい自然と仲間を守るため、地球からの侵略者・開拓者と戦うことに。人類がヨーロッパ列強、先住民が植民地化されるアジア、アフリカ、中南米という構図です。環境破壊。種の絶滅。差別と支配。大航海時代から続く西洋中心の歴史観にNOを突き付けています。

| | コメント (0)

2022年12月21日 (水)

ビーナスとセリーナの父

   Photo_20221218212701
 ビーナス・ウィリアムズが14歳でプロデビューしたときの相手は、当時世界ランキング1位だったアランチャ・サンチェスだったんですね。試合には敗れたものの、見事な戦いぶりで一躍スターになったビーナス。妹のセリーナは翌年同じく14歳でプロデビュー。2人の女王を育てた父リチャード・ウィリアムズと家族の奇跡の物語です。

Photo_20221218212901

 ウィリアムズ姉妹も制作総指揮に加わった『ドリームプラン』。テニス未経験の父がどのようにして娘2人を世界チャンピオンに育てたかを描く感動作です。独学でテニスの指導法を研究し、膨大な育成計画書を作成。そして常識破りの強化プランを実行に移す。白人富裕層のスポーツで。しかもギャングがはびこる治安の悪い街で。

Photo_20221218212801

 周囲の批判や無理解に屈しない強い信念と、スポーツビジネス界に安易に利用されない狡賢さ。姉妹を守り育てることに奮闘する頑固な父を演じたウィル・スミスは、アカデミー賞の主演男優賞を受賞。才能を開花させたビーナス&セリーナは、世界チャンピオンに上り詰めただけではなく、歴史を変える名選手になったのだ。

Photo_20221218212902

 この時代、特に女子で、若くしてトップに立った天才プレイヤーが、燃え尽き症候群で表舞台から消える例が相次いだ。父リチャードは専門家の助言に逆らい、娘たちを世界のジュニアツアー大会には一度も出場させなかったという。テニスに限らず、あらゆる種目で天才キッズの育成法について考えさせられるエピソードです。

Photo_20221218212802

 家族みんなが支えあう姿も感動的でした。しかし、それはまだまだ残る厳しい人種差別社会の裏返しだったのかもしれない。ビーナス&セリーナが叩き込まれた「謙虚さ」も、マイノリティならではの生きる知恵。さまざまな困難にもくじけずブレずに立ち向かって栄光をつかんだ型破りの父と娘たちに、大きな拍手を送りたい。

| | コメント (0)

2022年12月17日 (土)

現代風解釈のピノッキオ

   Photo_20221216220301

 ディズニーとは一味も二味も違うピノッキオが誕生しました。『ギレルモ・デル・トロの ピノッキオ』。『シェイプ・オブ・ウォーター』でヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、アカデミー賞では作品賞や監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロが、ストップモーションアニメの名匠マーク・グスタフソンと共同監督した大胆な解釈の作品です。

Photo_20221216220801

 舞台はイタリアの田舎町。第二次世界大戦の前、ムッソリーニの時代です。愛する息子を10歳で亡くしたオモチャ職人ゼペットが、息子を想い松の木から作った人形ピノッキオ。森の精霊から生命を吹き込まれる。しかし悪戯好きで言うことを聞かない困り者。原作は苦難を乗り越え「優しく正しい、いい子」になる教訓的な物語。

Photo_20221216220802

 でもギレルモ・デル・トロ版の父と子の物語は、従来の社会規範に反するメッセージが新しい。ピノッキオは死んだ息子の身代わりではない。個性を伸ばして成長すればいい。と認めたゼペット。木の人形のままでいい。人間にならなくてもいい。と気づいたピノッキオ。その結果、幸せが訪れる。個性と多様性の尊重。時代だねえ。

Photo_20221216220901

 生命を持った人形で大儲けをたくらむサーカス団長。死なないから兵士にピッタリ!と狙うファシスト党。大人たちの悪知恵にピュアな父子愛で対抗する痛快さ。立体アニメでミュージカル仕立て、という表現も新鮮です。♪チャオ パパ ミオ パパ ♪ とピノッキオが歌うラストは特に感動的。大人も楽しめる思索的ファンタジーでした。

| | コメント (0)

2022年12月 9日 (金)

名字が4回変わった?

   Photo_20221208230301

 父親が3人。母親が2人。これ、フツーじゃないですよね。2019年 本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー『そして、バトンは渡された』(文春文庫 刊)を、前田哲監督が映画化したヒューマンドラマ。血のつながらない親の間をリレーされて育つという、フツーじゃないとても複雑な成長物語。でも悲劇じゃない感動作です。

Photo_20221208231501

 主役の優子を演じるのは永野芽郁。子ども時代を稲垣来泉。2人目の母親、身勝手でサイテーな梨花さんを石原さとみ。クソ真面目で料理上手な3人目の父親・森宮さんを田中圭が演じる。みんな素晴らしい演技力でキャラクターを際立たせています。そして1人目の父・水戸さんは大森南朋、2人目の父・泉ケ原さんは市村正親。

Photo_20221208233301

 将来の進路や友人関係で悩み多き日々を送っている優子。でも高校を卒業したらまず自立。バイトをしながら独り暮らしで料理人を目指す。そのうち親たちの真相を知ることになる。何度も夫を変え、挙句の果ては自分を置いて出て行った梨花さん。男手ひとつで自分を育ててくれた森宮さん。彼らの深い思いを知ることに。

Photo_20221208235101

 やがて高校の同級生・早瀬さんと結婚することになった優子。結婚式には父親が3人出席。そして、バトンは早瀬さんに渡される。「笑顔でいると幸運がやってくる」という母・梨花さんの教え。これを守って前向きに生きる優子は、見事に幸せをつかみました。観た人全員を温かい気持ちにしてくれる、幸せにしてくれる作品です。

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

大災害を閉じ込めろ

   Photo_20221128201601

 いま大ヒット中の『すずめの戸締まり』。新海誠監督の『君の名は。』、『天気の子』に続く新たな傑作が誕生しました。東北の大震災で親を亡くし、今は宮崎県の叔母のもとで暮らす女子高生「すずめ」が主人公です。本名は岩戸鈴芽。彼女が一目ぼれした青年が宗像草太。災いの元となる扉を閉じてまわる「閉じ師」の家柄だ。

Photo_20221128211901

 物語は海を臨む宮崎県の坂道からスタートする。自転車で通学途中に出会ったイケメン草太から、「このあたりにある廃墟を知らないか?」と尋ねられたすずめ。行きがかり上、愛媛、神戸、東京、東北へ、「扉」を求めて日本各地をめぐることになる。震災の被害を受けた神戸では、二宮商店街や新神戸駅が舞台になっていました。

Photo_20221128214704

 3本足の椅子にされてしまった草太と一緒に、災いを防ぐための冒険の旅に出る。それは、すずめの成長と心の解放をもたらす旅でもありました。行くべき道を指し示すのは、ミステリアスな白い猫「ダイジン」。敵か味方かわからないけれど、追いかけるしかない。今まさに日本中を覆いつくしそうになっている大災害を防ぐため。

Photo_20221128214703

 災害は人間にはどうにもならない巨大な力。そしてそれ自体には悪意も善意もない。しかし暮らしや生命が脅かされ、人間関係や社会は大きなダメージを受ける。特別な能力を持ったすずめや草太が続ける、その巨大な何者かとの激しい戦い。しかし彼らの努力が一般の人には何も見えていない、というのが象徴的だ。

Photo_20221128214602

 新海監督の作品はファンタジーなのに、深いリアリティを感じる要素の一つが方言にある。九州や四国の方言の細かいニュアンスはわからないけれど、神戸弁には笑わされた。ふんふん、神戸っ子はいっつも、そう言うとおで。きっとほかの方言もそんな受け取られ方でしょう。作り事じゃない、ホンネの話に感じてもらえる魅力。

Photo_20221128214601

 RADWIMPSの主題歌もいつも通り素晴らしい。元祖『ムー』世代あるいは『不思議大好き』世代として今回うれしかったのは、ユーミンや井上陽水や松田聖子の歌が挿入歌として使用されていること。ますます幅広い年代にファンを広げ、ロングランを続けて興行成績の記録を更新していくのでしょうね。新海監督、絶好調!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧