2021年9月19日 (日)

フレディは永遠に

   Photo_20210918000002

 5年ぶりに『ボヘミアン・ラプソディ』を観ました。なんど観ても新鮮で、そのつど感動を覚える。伝説のバンド「クイーン」のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリー。歴史に残る偉大なロックシンガーの自分に正直な生きざまを描いた、歴史に残る傑作だと思います。監督はブライアン・シンガーとデクスター・フレッチャー。

Photo_20210918122301

 「自分が何者かは、自分が決める」という強い意志で、さまざまな逆境を生き抜いた男。フレディ・マーキュリーとは何者か? 両親はアフリカ東海岸、インド洋上の島ザンジバル出身のペルシャ系移民で、厳格なゾロアスター教徒。ヴォーカリスト&ピアニストの彼は、ゲイであることを告白し、1991年エイズのため45歳で死去。

Photo_20210918122501

 クイーンの音楽の特徴は、音を何重にも重ねた分厚いサウンド。そしてフレディの幅広い音域のヴォーカルと、演劇的なステージパフォーマンス。ブライアン・メイ(ギター)、ロジャー・テイラー(ドラムス)、ジョン・ディーコン(ベース)と組むバンドは、「同じことはやりたくない」という強い向上心とチャレンジ精神にあふれていた。

4_20210918122301

 この映画のクライマックスが、ウエンブリー・スタジアムでのライブステージ。1985年7月13日、アフリカ難民救済を目的とした20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」が開かれ、84ヵ国に衛星同時中継された。国とジャンルを超えて、世界のスーパースターたちが参集し、それぞれ素晴らしいステージを展開したのです。

Photo_20210918000001

 なかでも他を圧倒するパフォーマンスで観客を熱狂させたのがクイーン。「ボヘミアン・ラプソディ」「ラジオ・ガ・ガ」「ハンマー・トゥ・フォール」「ウイ・ウイル・ロック・ユー」「愛という名の欲望」、ラストは「伝説のチャンピオン」。72,000人の観客と一体になった奇跡の21分間。そして彼らは伝説になったのです。

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

シネマ草創期を学びましょ

   Photo_20210908110801

 雪が舞うパリの夜景を上空からゆっくり眺めていたカメラは、グウーッと地表に近づき、モンパルナス駅に飛び込み、構内の雑踏をかき分けて時計台のバックヤードへ進む。静から動へのスピードの変化。圧倒的に美しい映像。『ヒューゴの不思議な発明』は1930年代を舞台に孤児のヒューゴが活躍する冒険ファンタジー。

Photo_20210908115602

 駅舎の屋根裏部屋で、大時計のネジ巻きをしながら人知れず暮らすヒューゴ。父が残した機械仕掛けの人形を、一つずつ部品を集めて修理するのが亡き父との絆を探す道だと信じて。ある日、構内のオモチャ屋から部品を盗もうとして見つかる。物語はそこから動き始める。多くの人が働き、さまざまな人が行きかう駅。

Photo_20210909180701

 修理の手引きになる父のノートを取り戻そうとするヒューゴ。そんな時、駅での偶然の出会いが、運命の出会いとなる。そして修理が終わった機械人形が描いた絵は、ジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』のワンシーンだった。ネジ、歯車、ゼンマイで機械は完結する古き良き時代。デジタル全盛の今より、ずっとロマンがあります。

Photo_20210908144201

 映画の主人公は少年ヒューゴなのだが、じつは彼は狂言回しの役割。この物語の中心になる人物が別にいた。それがジョルジュ・メリエス。ドラマとしての映画の元祖、世界初の職業映画監督、SFXの創始者・・・さまざまな言葉で称えられる偉大な創造者だが、ブームが去った後は忘れ去られ、失意のうちに暮らしていた。

Photo_20210908111101

 リュミエール兄弟の「ラ・シオタ駅への列車の到着」をはじめ、ダグラス・フェアバンクス、チャップリン、バスター・キートン、ハロルド・ロイドなどの名場面がうまく使われている。マーティン・スコセッシ監督が、偉大な先人へのリスペクトと映画に対する愛を注ぎ込んだこの作品。楽しく映画史をお勉強するのにもピッタリです。

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

ダウン症のプロレスラー?

   Photo_20210904194401

 悪役プロレスラーを夢見るダウン症の青年は、レスラー養成学校へ入るため施設を脱走する。他人の獲物を盗むならず者の漁師は追手から逃げている。ザックとタイラー、偶然出会った孤独な2人。お金はない、移動手段はない。やがて心を許し、奇妙な旅を続けることになる。アメリカ南部を舞台にした傑作ロードムービーです。

Photo_20210904201501

 タイラー・二ルソンとマイケル・シュワルツが共同で監督・脚本を努めた2019年の『ザ ピーナツバター ファルコン』は、とても爽やかで希望に満ちた映画です。そして、いろいろ考えさせられる極めて奥が深い作品でもある。ウソのない演技で感動を与えるザック・ゴッツァーゲンと、シャイア・ラブーフの繊細な名演も見応え十分。

Photo_20210904194402

 ダウン症をはじめ障がいがある人を施設に入れて守るという思想。それは劣る人や弱い人は一人では生きられない、という偏見から生まれている。危険や悪意から遠ざけ、安全に生活させるために保護し管理する。それが社会的正義だという常識。しかし世の中の悪から「守る」という善意は、別の意味での差別かもしれない。
 
Photo_20210904201601

 ザックのように夢を追いかけたい人もいる。自立したい人もいるだろう。それを無理だと頭から否定するのは。檻に閉じ込め自由を奪っていることにならないか。もう一人の重要な登場人物、施設でザックの介護をするエレノアがその難問に苦悩する役を好演する。脱走したザックを探しに来て、人間の可能性に目覚める役。

Photo_20210905102001

 タイトルの『THE PEANUT BUTTER FALCON』はザックが名乗るリングネーム。自由に羽ばたくハヤブサが、どこまでもピュア―で前向きなザックを象徴している。リスクをとってでも前進する勇気が、周りを変えていく爽快感。今の時代、引きこもって何もしないより、まず何か行動を起こすことが大切だと教えてくれる。

2_20210905105501

 ザック、タイラー、エレノア。家族に恵まれない孤独な3人が、衝突しながらも強い絆で結ばれていく。「友だちは自分で選べる家族なんだ」という言葉が素晴らしい。わずか1時間40分ほどの短い映画なのに、じんわりと幸せがあふれ出てきて、長い余韻に浸ることができました。アメリカらしい名作の誕生です。 

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

関ヶ原はチョー難しい


   Photo_20210902113101
 学校で習って誰もが知っている関ヶ原の合戦。豊臣から徳川へ、戦国時代から江戸時代へ。その後250年の平和をもたらした天下分け目の戦い。しかし実態はよく知らない人が多いのではないでしょうか。そんな歴史の分岐点を描いた原田眞人監督の『関ヶ原』。司馬遼太郎の原作に真っ向から取り組んだ2時間半の大作です。

Photo_20210902113102

 成果が上がらない朝鮮出兵。武闘派と文治派の主導権争い。北政所派と淀君派。まだ幼い秀頼を残して秀吉が死亡したのをきっかけに、派閥争いは表面化する。それが関ヶ原へと向かう背景です。思惑が入り乱れる武将たちを懐柔しながら、自らの勢力を伸ばしていく家康。主君の意志を守り秀頼を盛り立てる石田三成。

Photo_20210902145501

 この作品は、徳川の世では家康の敵として悪者扱いされてきた三成の視点で描かれている。子どものころ秀吉に才能を認められ、取り立てられた恩義から豊臣家に終生の忠義を捧げる。融通が利かない潔癖な性格で、煙たがられることも多かったが、自分の信じる生き方を曲げることなく貫いた「義」の人だった。

Photo_20210902113201

 三成の旗印がおもしろい。「大一 大万 大吉」(だいいち だいまん だいきち)とユニークな文字だけのもの。一人が万人のために 万人は一人のために尽くせば 天下の人々は幸福(吉)になれる という意味。石田三成らしいじゃないですか。関ヶ原は真っすぐな理想家が老獪な現実主義者にしてやられた合戦でもあったのだ。

Photo_20210902113203

 三成の西軍と家康の東軍。1600年9月15日、実際の戦闘はわずか6時間で決着がついたという。戦国の世では珍しくない寝返りや裏切りがここでも起こり、なし崩し的に勝敗は決する。司馬遼太郎らしく、とても多くの登場人物と複雑に入り組んだ人間関係。ストーリー展開についていくのさえ難しい。1作の映画では限界かも。

Photo_20210902113202

 ただし俳優陣の演技力で最後までおもしろく鑑賞できました。三成の義を熱演した岡田准一、家康の野望を表現した役所広司、優柔不断な小早川秀秋を演じた東出昌大などなど、これ以上は考えられないベストなキャスティング。420年前の出来事の知られざる一面を学ぶには、ちょうどいい映画かなと思います。

| | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

ビートルズが存在しない?

   Photo_20210827115301

 12秒間の大停電で、世界は変わってしまった! 英国の片田舎、売れないミュージシャンのジャックは世界中が停電したとき、たまたま交通事故にあう。そして昏睡から目覚めたら、世界は変わっていた。友人も、家族も、故郷の街も、すべてそのままなのに、ビートルズの存在だけが消滅していたのだ。あの数々の名曲と共に。

Photo_20210827195601

 2019年のイギリス映画 『イエスタデイ』は、「もしあの時・・・」や「もしあの人が・・・」といった誰もが抱く思いをテーマに、大きなスケールでユーモアたっぷりに描く傑作だ。夢や妄想や後悔から「もし」を考えると思うのだけど、ビートルズを持ってきたところが上手い。さすが「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督。

Photo_20210827195701

 パラレルワールドを描いたこの映画、こちらの世界とあちらの世界のギャップが笑いを誘う。誰も知らないビートルズ・ナンバーを自身が作詞作曲したオリジナルとして歌うジャック。あっという間にミュージックシーンの寵児に上り詰める。しかしL.A.まで連れて行かれ、エゲツない現代音楽ビジネスに振り回される日々に。

Photo_20210827202601

 世界を舞台にした偽りの名声と富。故郷に置いてきた真実の愛と幸せ。ジャックが歌うビートルズの曲とストーリー展開がうまくシンクロして、快調にユーモラスに物語は進む。歌詞が思い出せない。不正がバレるのではないか。自分の時間が取れない。募る不安と不満。エド・シーランが本人役で出演しているのも面白い。

Photo_20210827203201

 存在が消えていたのはビートルズだけではなかった。コークも、シガレットも、ハリーポッターも。しかしビートルズは消滅しているのにジョン・レノンは今も海辺の村で幸せに暮らしている。おかしいでしょ。ずうーっと船乗りをしていたそうだけど、哲学者のようでした。ビートルズ愛にあふれたこのコメディ、サービス精神満載です。

Photo_20210827202701

 ウエンブリーの大観衆の前で真実を告白したジャック。肩の重荷を下ろし、本来の自分に戻っていく。エピローグでは子ども二人に「オブラディオブラダ」を歌っている幸せな姿が。そこには大きく「TODAY」のタイトルが表示される。始まりは「YESTERDAY」で、終わりは「TODAY」。どこまでも監督のセンスが感じられますね。

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

空港から出られない運命

   Photo_20210823121101

 NYのJFK空港を舞台にした、2004年の『ターミナル』が素晴らしい。スピルバーグ監督の性善説と主演トム・ハンクスの演技力で、心温まる感動作になっています。もし自分にこんな災難が降りかかったらどうしよう?と考えさせられる映画でもある。もちろんアメリカではありえないけど、中東や中央アジアなどで・・・。

Photo_20210823121105

 飛行機でNYに到着したら、パスポートもビザも無効になっていた。東ヨーロッパの祖国からの飛行中、国でクーデターが起きていたのだ。入国も帰国も出来ない男。入管当局からはトランジットエリアで待つように言われる。法的にはどこの国にも属さない中立地帯に、無国籍になってしまって独り残される困惑と不安。

Photo_20210823121104

 トム・ハンクスが演じるビクター・ナボルスキーは英語もわからないけれど、どこまでも前向きでアイデア豊富。なんとか生き延びる工夫をしながら、空港暮らしに徐々になじんでいく。その過程がとてもユーモラス。それにしても巨大空港には誰も気に留めないデッドスペースがあるものなんだなぁ、と妙なところで感心しました。

Photo_20210823121102

 何日も暮らすうち、英語も独学で学び、空港で働くいろんな人たちとも交流を深めていく。悪意がなく純真な彼は周りの人を幸せにする才能があり、いつしかみんなに愛されるようになる。しかし管理当局は彼を厄介者として、あの手この手で排除を画策。法的根拠がない存在を認めることなどできないのだ。専制国家ならすぐに逮捕や死刑にしそうだが、さすが人権を尊重するアメリカは違います。

Photo_20210823121201

 仲間の協力もあって事態は解決に向かうが、彼にはどうしてもNYで果たさなければいけない誓いがあった。ジャズが大好きな亡き父にまつわるこのエピソードは、ベニー・ゴルソン本人の出演でリアリティを添える。人々の純粋な善意と、映画は善きものを伝えるべきだ、という信念に基づいたこの作品。とても気持ちが良かった。

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

絶望のクリスマス

   Photo_20210819171201

 それはTV局に突然かかってきた爆破予告電話から始まった。クリスマス・イブに東京で起きる連続爆破テロ事件を描く波多野貴文監督の『サイレント・トーキョー』。原作は秦建日子。季節外れの話題ではありますが、おもしろいサスペンスなのでご紹介。ちなみに昨年のクリスマス・シーズンに劇場公開された作品です。

Photo_20210819171401

 予告通り、正午に恵比寿のショッピングモールで爆発。ガセネタだと思いつつ、しぶしぶ取材にやってきたTV撮影のクルー。買い物に来ていた主婦。ちょっと外れた警視庁の刑事。さまざまな人たちが事件に巻き込まれ、それぞれの視点で物語は進む。つぎの爆破予告は午後6時、場所は浮かれた群衆で混雑する渋谷ハチ公前。

Photo_20210819171402

 「犯人は誰なのか?」 「目的は何なのか?」  西島秀俊、中村倫也、井之脇海、石田ゆり子、広瀬アリスなどが、好むと好まざるにかかわらずそれぞれの領分で事件に絡んでいく。いろんな人生を抱えた個性的な人たち。スピード感も、スケール感も、ハリウッドのクライムサスペンス大作なみの演出と映像で、見ごたえ十分。

Photo_20210819171303

 「これは戦争だ」という犯人からのメッセージ。総理大臣とNET上での対談を要求、応じなければ夜10時、東京タワーを爆破する、と。いくら奔走しても、事件の全貌は見えてこない。あせる捜査陣。じつは、東京を震撼させた事件の裏には、平和ボケした日本人に警鐘を鳴らすためという目的と、隠されたドラマがあったのだ。

Photo_20210819171301

  ♪ A very Merry Christmas   And happy new year 
         Let's hope it's a good one   Without any fear ♪   
年齢も、貧富も、人種も超えて、みんなで楽しいクリスマスと、幸せな新年を迎えよう、と歌うジョン・レノンの「Happy Xmas (War is over)」が印象深く流れるこの作品。この歌の真のメッセージが映画のテーマにダブります。 ♪ War is over   If you want it ♪    

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

下品な娘をレディに

   Photo_20210817211701    

 高校生のころ、体育祭の準備をさぼって映画館へ駆けつけた思い出があります。オードリー・ヘプバーンとレックス・ハリスンが主演した『マイ・フェア・レディ』。1964年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞、撮影賞、編曲賞など8部門でオスカーを獲得した名作ミュージカル映画を、50数年ぶりにNetflixで観ました。

Photo_20210817211802

 原作はジョージ・バーナード・ショー、アイルランド出身のノーベル文学賞を受賞した文学者、劇作家です。ロンドン下町で育った粗野な花売り娘が言語学の教授に言葉遣いや礼儀作法のレッスンを受けて、美しいレディに成長して社交界に華々しくデビューする、というお話。と聞けばよくあるシンデレラ・ストーリーのようですが・・・。

Photo_20210817211803

 しかしさすがはバーナード・ショー。階級社会への皮肉、女性蔑視の男社会、分かり合えない男女の意識、金持ちが幸せとは限らない現実、などなど。現在とはずいぶん違うけれど、ビクトリア朝の社会課題を下敷きに奥深い物語になっていたのだ。格差の固定化が進む現代にも通じる、新たな魅力の発見です。

Photo_20210817214001

 発音や言葉遣いだけで、どこの出身でどんな生活をしているかすべてわかる、とうそぶく高慢な教授。教育によって人生は変えられることを証明しようと、花売り娘を実験材料に厳しい言語学的トレーニングを強いる。その試みは成功するが、女性は男に従属するものではなく独立した人格であることを思い知らされる。

Photo_20210817211902

 観たのは半世紀以上も前なのに、ディテールまで良く覚えているのには驚いた。ついさっきのことも忘れる現在との落差、トホホ。もちろん音楽は名曲ぞろい。その後いろんなアレンジで繰り返し演奏され続けている。そうそう、ハリスンは主演男優賞を取ったのに、なぜヘプバーンは取れないんだ、と憤ったことを思い出しました。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

小さな夜が愛おしい

   Photo_20210811194201    

 不器用だけど、引っ込み思案だけど。でも愛すべきフツーの人々の出会いの連鎖を10年にわたって描く、今泉力哉監督の『アイネクライネナハトムジーク』。ケータイで話していた人たちが、スマホを見ている。そうなのだ、10年は短いようで長い。原作は伊坂幸太郎。ストーリーを指し示すキーになる主題歌は斉藤和義。

Photo_20210811194301

 運命の「出会い」か偶然の「出会い」か。仙台を舞台に繰り広げられるいくつかの出会いの物語。主演は三浦春馬と多部未華子。矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、成田瑛基、貫地谷しほり、原田泰造ほかの出演者たちが織りなすさまざまな恋愛模様が、絡みあい重なりあいながら、時を越えて繋がっていく。

Photo_20210811194303

 あの頃小っちゃかった子はもう高校生だというのに。なんで私たち一緒にいるんだっけ?と分からなくなったり。奥さんは出ていったきり帰らなくて。心優しいボクサーがチャンピオンに返り咲いたり。バラバラのストーリーが微妙に関係しあって、ハッピーエンドへ向かっていく。爽やかな、まさにモーツァルト的気持ちよさ。

Photo_20210811194304

 いろんなエピソードが伏線となり、それらを手際よく回収していくミステリーのような快感。内にこもってウジウジ悩まず、ポジティブに生きる勇気がもらえる。いろいろと難しい時代だけれど、だからこそ肩の力を抜いて生きようよ、というメッセージでしょうか。やさしい登場人物、やさしい物語。心がほっこりしっとりしてきます。

Photo_20210811194401

 この映画では大きな野心も、高い望みも描かれていない。どこにでもいる人の、珍しくもない日常。友人や仕事、出会いや恋愛、悲しみや喜び。 ♪どこにでもあるような ちっぽけなこの夜♪ 「あの時、あの場所で、出会ったのが君で 本当に良かった」という普遍の幸福に向かって、すべてのベクトルを収れんさせていく。

Photo_20210811194302

   ♪ 小さな夜 数えきれないほど 抱えきれないほど
     積み重ねた 小さな夜
     劇的じゃないけれど キミのとなりなら
    それも”悪くない”よ
    それが”悪くない”んだよ ♪

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

世界の終末に備えろ

   Photo_20210721140001

 大災害か、パンデミックか、戦争か。いまは何が起こるかわからない時代。やがて来る世界の終末を信じて、食料や物資を密かに備蓄する男がいた。リタイアした独り暮らしのおじいさん、愚直なエドは不安に頭を支配されて孤独な人生を送っている。TVのニュース、ネットの書き込みからも、その日は近いと確信を深めながら。

Photo_20210721140003

 もう一人の主役は、こちらも独り暮らしの未亡人ロニー。愛する娘を14歳でなくして以来、ず~っと悲しみと決別できなくて、ありとあらゆるモノを手放せない生活。惹かれ合ってデートや食事を続ける二人。あるとき互いに家を訪問して、あまりの違いに愕然とする。びっしり倉庫に整頓された備蓄品と、家中足の踏み場もない室内。

Photo_20210721140002

 ノーブル・ジョーンズ監督の『THE TOMORROW MAN (明日の恋の見つけ方)』は、日本語タイトルにダマされてはいけない。甘っちょろい老人の恋物語ではないのだ。たしかに人生の辛酸をなめた二人は恋をする。そして穏やかに深く心を通わせて、お互いをBFF(Best Friend Forever 永遠の親友、マブダチ)と呼ぶ関係に。

2_20210721140101

 未来に囚われたエドと、過去から抜け出せないロニー。必要最低限のモノだけのストイックなエドと、あふれかえる記憶の氾濫に溺れるロニー。二人ともここまでいくと病気だ。しかしいろんな出来事を乗り越えて、やっと「今を生きることが一番」と気づいたとき、それは起こる。美しい映像が心にしみる、不思議な物語でした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧