2020年3月23日 (月)

古代の謎? 石の宝殿

   Photo_20200322171001   
 これは何なのか? いつ、誰が、何のために作ったのか? 圧倒的な重量感に圧し潰されそうになる。ここは兵庫県高砂市にある生石(おうしこ)神社。本殿を抜けると三方を岸壁に囲まれた、巨大な石の建造物「石の宝殿」がある。縦が約4.7m、横が約6,4m、高さ約5,5mの直方体。重さは推定500トン。下は水がたまった小さな池になっていて、水に浮いているように見えることから別名「浮石」とも呼ばれる。でも水に浮くはずはなく、岩盤につながった状態だ。

Photo_20200322171102

 神社の略記には、「大穴牟遅(おおあなむち)と少毘古那(すくなひこな)の二神が天津神の命を受け国土経営のため出雲の国より此の地に座し給ひし時 二神相謀り国土を鎮めるに相応しい石の宮殿を造営せんとして一夜の内に工事を進めらるるも・・・」と所以が記されている。『播磨の国風土記』や『万葉集』にも書かれているので、かなり古くからあったのは間違いないだろう。

   Photo_20200322171201

 小高い岩山をくりぬいて作られた「石の宝殿」。裏の山に登っていく階段も一枚岩を切り込んで作ってある。つまりこの山そのものがひとつの巨大な岩盤なのだ。このあたりには大阪や奈良の大王や有力豪族の古墳の石棺にも使われた「竜山石」の採石場が多い。石の宝殿も巨大古墳の中心に据える石郭を作ろうとしたが未完成に終わったという説が有力だ。しかしこんな重いものを運び出す手段があったのか、謎は解けないままだ。

Photo_20200322205601

 石の宝殿を形作る竜山石は7000万年前(白亜紀後期)の火山活動によってできた岩で、地質学的には「成層ハイアロクラスタイト」というそうだ。均質で粘りがあり加工しやすいのが特徴。そのため古代より現代まで1700年もの間採石されている歴史ある石材で、古墳時代から中世の神社仏閣や城の造営、そして現在も国会議事堂や倉敷の大原美術館などに使われている。こんな巨大な岩や巨木には神が宿る、と古来より日本人は考えてきましたが、石の宝殿を見るとナルホドと思う。今やここは有名なパワースポットです。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

開花が早いと喜べる?

   Photo_20200308153201
  
 今年は記録的な暖冬だったのでサクラの開花もかなり早まりそうだ。なんと東京は15日ごろの予想。地球温暖化の影響がいよいよ顕著になってきたのでしょうか。満開の桜の下で入学式、なんて景色は遠い昭和のものとなってしまいました。今年の場合はそれまでに新型コロナが終息するのか、そのほうが気がかりかもしれません。それにしても、どの花も開花が早すぎると思いませんか。

Photo_20200308153301

 春先に咲くロウバイ(蠟梅)はもう終わりだし、サンシュユ(山茱萸)も満開を過ぎました。神戸大学の塀沿いに植えてあるハクモクレン(白木蓮)も10日ほど前から咲いている。阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして、安藤忠雄さんが提唱した白い花が咲く樹を植える活動に賛同して植えられたもの。神戸市内の街路樹や公園には震災後に植栽されたハクモクレンやコブシがたくさんある。

Photo_20200308153302

 冬の寒さはつらいけれど、寒さが厳しいほど春が訪れたときの歓びは大きくなる。日本もイタリアも、四季の変化がはっきりした国では春にまつわる名画や詩歌がたくさんあります。この調子で温暖化が進めば、お花見という文化も「そんな風習があったみたいだよ、昔」なんてことにならないとも限らない。今は日本人の感性や美意識が変わってしまう危機にあるかも。冗談ではなく・・・。
 

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

アジアへの第一歩だ

Photo_20200214231601

 元旦に天皇賞を初制覇したヴィッセル神戸。2月12日、晴れてACLアジア・チャンピオンズリーグの本戦からスタートしました。第一戦は地元ノエビアスタジアムでマレーシアリーグ6連覇中のジョホール・ダルル・タクジムと。アジアの舞台は初めてながら、5対1で快勝。予想以上にいいスタートがきれました。

Photo_20200214231602

 小川慶治朗がハットトリック。古橋とドウグラスが1点ずつ。イニエスタがさすがの2アシスト。酒井高徳やフェルマーレンが格の違いを見せて圧倒しました。入場数が8,000人に満たないのは少し寂しい気もしましたが、駆け付けたファンは大満足。ビールもおいしい。この強さが普通になるよう、しっかりやってほしいですね。

Photo_20200214231603

 一次リーグは各組2位までが決勝トーナメントに進む。幸先の良い出足だ。経営母体の楽天はアジアにも進出し、ビジネスの基盤を確立したいと考えているはずだから、ヴィッセルが先兵となってRakutenの知名度が高まるのは狙い通りか。最近は送料の無料化問題で公取から目をつけられていた三木谷さんも、ちょっとうれしい日だったに違いない。さぁ、めざせ!アジアの頂上。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

あの日から25年

117

 阪神・淡路大震災から25年が経ちました。人それぞれの思いが詰まった四半世紀。つい昨日のことのように鮮明に残る記憶と、少しずつ少しずつ薄れていく危機意識。神戸では震災を知らない若い人たちが2割を超えたそうだ。三宮の東遊園地で今年も追悼行事が行われました。竹灯籠を約5,000本灯して「きざむ  1.17」の文字を浮かび上がらせた。

Photo_20200118000401

    死者            6,434人
    行方不明者         3人
    重軽傷者          43,792人

    家屋全壊        104,906棟
    家屋半壊        144,274棟
    一部損壊        390,506棟

Photo_20200117230802

 「慰霊と復興のモニュメント」地下の壁面に並ぶ亡き人たちの名前と千羽鶴。鮮やかな黄色の「シンサイミライノハナ」に書かれた無数のメッセージ。激しい揺れで倒れた「マリーナ像」が抱いていた時計は、永遠にその時を示す。そして「1.17 希望の灯り」に刻まれた言葉が、いつまでも心に残るよう祈ります。

   Photo_20200117230804

         1.17 希望の灯り

         1995年1月17日午前5時46分
         阪神淡路大震災

    震災が奪ったもの
    命 仕事 団欒 街並み 思い出
 
     ・・・たった1秒先が予知出来ない人間の限界・・・

    震災が残してくれたもの
    やさしさ 思いやり 絆 仲間

    この灯りは
    奪われた
    すべてのいのちと
    生き残った
    わたしたちの想いを
    むすぶつなぐ

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

ヴィッセルに新しい歴史

Photo_20200102184502

 2020年1月1日、ヴィッセル神戸の新しい歴史が始まった! 思い起こせば、クラブが創設された25年前、その練習初日の早朝に阪神・淡路大震災が発生した。練習場も被災し、スポンサー企業も撤退する苦難の船出だったのだ。J2に二度も降格したり、クラブ経営破綻の危機に直面したり。それらに対するサポーターの想いが、スタジアムで合唱する『神戸讃歌』に込められている。『愛の讃歌』の替え歌だから歌いやすいですよ。

Photo_20200102184901

    俺達のこの街に お前が生まれたあの日
    どんなことがあっても 忘れはしない
    共に傷つき 共に立ち上がり
    これからもずっと歩んでゆこう
    美しき港町 俺達は守りたい
    命ある限り 神戸を愛したい

Photo_20200102184503

 そんなヴィッセルが元旦に令和初の天皇杯優勝! しかも新国立競技場のこけら落としの試合。まるでマンガみたいです。ヴィジャ、イニエスタ、ポドルスキのVIPトリオだけじゃない。山口蛍、酒井高徳、古橋享悟、そしてこの日のヒーロー藤本憲明。サンペールにフェルマーレンに西に大崎にダンクレーにGKの飯倉も、みんなこの1~2年に加入した選手たち。それを今シーズン3人目になるトルステン・フィンク監督がまとめ上げ、やっとここまでたどり着いた。新年早々うれしさがはじけました。

Photo_20200102184401

 お金をかけたチーム作りに対して、日本では批判もありますが、それは大間違い。ビッグクラブと呼ばれる世界トップの強豪クラブは、お金をかけてチームを強くし、ファンに愛される。その結果として収益をさらに上げる。プロスポーツ経営の常識です。その資金力で戦力を補強し、施設を整え、育成組織をレベルアップし、ますます魅力的なクラブになっていく好循環。ヴィッセル神戸がこのサイクルのモデルケースになれば素晴らしいと思います。

Photo_20200102184501

 天皇杯タイトルの獲得。これがヴィッセル神戸だけではなく、日本サッカー界にとって新たな歴史のスタートになれば最高です。イニエスタを見たい観客が増えて、神戸以外のチームのチケット売り上げも伸びたというデータもある。これからヴィッセルが先頭に立ってJリーグがもっと盛り上がり、日本のサッカーがもっともっと強くなることを祈っています。ありがとう、イニエスタ。ありがとう、三木谷さん。DAZNの放映料がたっぷり入るようになったので、きっとほかのJクラブも変わってくれるでしょう。今年は期待の年!

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

2020 子年 新春を迎えて

     スカイウォーカー家の物語は終わったけれど
     寅さんは帰ってきました。
     百年に一度の熱波や洪水が
     当たり前になりつつある時代だからこそ、
     希望を語りたい。
     良き年になりますように。
Photo_20191224222901
          今年もよろしくお願いいたします。
          あ、それから今年は年男なのです、はい。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

軍艦島に上陸叶わず


Photo_20191026210201

 長崎半島の沖合に位置する端島(はしま)。その姿から「軍艦島」と呼ばれている。1810年ごろこの島で石炭が発見され、佐賀藩が小規模な採炭をおこなっていた。それが1890年に三菱合資会社の経営となり、海底炭鉱として本格的に操業が始まった。エネルギー源の主力が石炭から石油に移ったことにともない1974年に閉山。そのあとは無人島になり、わずか45年ですっかり廃墟になってしまった。これが軍艦島の歴史の概略です。

Photo_20191027103901

 一度この島を見てみたい、とかねてよりの思いが実現した「軍艦島上陸ツアー」への参加。でも残念ながら先日の台風で被害を受け、しばらく上陸できない状態が続いている。で周りを遊覧船で見てまわる。近づいたり、止まったり、撮影ポイントを心得た操船と解説で十分感動的でした。コンクリートでできた都市のビル群の行く末を見るような複雑な気分です。

Photo_20191026210301 

 護岸堤防に囲まれた南北480m、東西160m、周囲1,200mという小さな島に、最盛期には約5,300人の人々が暮らしていたという。日本初の鉄筋コンクリート造の高層集合住宅が建設されたのが1916年。狭い島に多くの人が生活するための工夫です。小中学校も7階建て。病院や映画館や店舗、お寺や神社もあり、島内で必要なものはほぼそろっていた。木々を育てる場所がないため、屋上に土を運び花や野菜を育てていたそうだ。ビルの高層化や屋上緑化など都市の過密問題を先取りしていた場所。

   Photo_20191027102602  
   
 隣接するこれも海底炭鉱の島、高島に上陸し「高島石炭資料館」を見学。道具や機器や写真で炭鉱の歴史や日本のエネルギー政策の変遷を学ぶ。海上に見える島はいわば氷山の一角で、海底で縦に横に幾本も掘り進められた坑道は深さ地下1,000m以上にも及んだそうだ。展示された資料からは気温30℃、湿度95%という劣悪な労働条件のもと、ガス爆発など常に危険と隣り合わせの厳しい仕事ぶりがうかがえる。

Photo_20191027125001

 明治以降、『黒いダイヤ』ともてはやされ、日本の近代化を支えた海底炭鉱の町が、国のエネルギー政策の変更により一瞬にして消滅したのだ。1974年4月20日。島民の離島が完了し、そこに暮らす人たちの生活や時間がぷっつり途切れてしまった。そして無人の廃墟に。人工的に作られ人為的に消された軍艦島は、ダムや基地や原発など国の政策と、そこに暮らす人間の将来を考えるうえで、示唆に富んだ場でもあると思いました。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

サボテンのトゲの不思議

Photo_20190731233901

 なぜサボテンにはトゲがあるのだろう? 自分の身を守る? 敵を攻撃する? 結論から言えば、それらいろんな意味があるようです。刺さると抜けにくいトゲ。そもそも刺さりにくいトゲ。深く刺さって引き抜くと本体とは別の場所に落ち生息範囲を広げるトゲ。そのうちトゲは霧に含まれる水分を集めたり、温度を調節したりという環境に適応するための切り札になったという。おもしろい! 動物も植物もそれぞれの環境に順応しながら生き延びるのですね。

Photo_20190731233902

 最近、六甲の我が家にご縁があってキンシャチという種類のサボテンがやってきました。30歳ぐらいで直径40cm、高さ50cm、硬い硬いトゲを持っている。これは長野県産。知らなかったけれど長野県は日本有数のサボテンの産地らしい。昼と夜の寒暖差が栽培に適しているという。もっと暑いところが生育適地か、と思っていたけれど意外でした。そしてサボテンは幾何学的な美しさと変わった生態で、熱狂的な愛好家がいることでも有名ですが、身近で観てみるとナットクです。

Photo_20190731233903

 サボテンって南北アメリカの砂漠のような乾燥地帯に生えながら、かなり長生きするようです。温帯の日本に住んでいる者の常識とはかけ離れていますよね。植物ってたっぷりの水と光を浴びてで生きていると信じていたのに! サボテンの故郷、アリゾナやニューメキシコは光はたっぷりあるでしょうが、ほんの少ししか雨が降らない乾燥気候。そんな土地だから成長が遅く、ゆっくりゆっくり人生(?)を歩むから逆に長生きするのかもしれません。

Photo_20190807094301

 またトゲの話に戻りますが、硬いトゲは葉っぱにあたる。そして球形の部分が幹。やはりユニークな植物です。さらに驚くのは、サボテンのトゲがレコードプレーヤーの針にも使われているというじゃないですか。鉄の針ほどレコードをいためず、竹の針よりすり減りにくい。で、一部のマニアから高く評価されているそうな。サボテンもサボテンだけど、こんな変わった活用法を考える人間も、ヘンな度合いでは負けてまへんなぁ。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

サンセベリアの花

Photo_20190731222402

 なんでも空気清浄効果があるということで話題になった観葉植物が、サンセベリア、あるいはサンスベリア。学名がSansevieria trifasciataですから、どちらの呼び名も正しい。ちょっとした発音の違い。通称トラノオとも呼ばれるこの植物、明治の中ほどから末に日本に持ち込まれたそうだ。たしかに葉っぱに黒いヨコシマが入ってトラの尾っぽのようです。色はちょっと違うけど。

   Photo_20190731222401

 アフリカ原産のこの多年草は暑さや乾燥に強く、都市生活者のグリーンとしては手間はいらないし、涼しげな風情があるしで、10数年前に大ブレークしました。我が家にやって来たのもそのころ。多肉植物なので、水やりも週に一度で十分。さらに冬場は水を与えない方がいい、と手がかからないのが取り柄です。

   10    
 それがこの朝気付いたんだけれど、花が咲いているのです。目立たないちっちゃなうす緑か白かという淡い色の花。まだこれからもっと開くのかもしれませんが、10数年で初めてのこと。あわてて写真を撮ってブログにアップしたという次第。これはリュウゼツラン科ともスズラン亜科とも分類されているようだ。植物の分類は難しく、どの植物も20年前とはずいぶん違う振り分けになっていたりする。これもつねに研究が進んでいる証でしょう。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

ヤングコーンで知ったこと

Photo_20190710232501

 この時期だけのヤングコーンあるいはベビーコーン。と書きましたが、この時期限定というのはつい先日知ったばかりです。店先でヤングコーンと表示された野菜を初めて見かけたのです。ヤングコーンは小さいながらもコリコリした食感がおいしい。中華料理の野菜炒めや焼きそばにはいつでも入っているから、初夏の一時しかないとは思いもしなかった。あれはどうも缶詰だったらしい。

Photo_20190710234401

 買った店で食べ方を聞くと、「皮付きのままレンチンしても、オーブントースターで焼いてもおいしいですよ」とのこと。両方試してみましたが、どちらもおいしい。甘さはまだ弱いけれど、ちゃんとトウモロコシの味がする。しかも中でびっしりと実を包んでいるヒゲまで食べられる。そのままで、醤油バターで、オリーブオイルと塩コショウで。甘さより、新鮮な初夏の香りが魅力です。

Photo_20190710232504

 よく食べるトウモロコシとは品種が違うのか、と思って調べてみました。そうすると盛夏に出回るいわゆるトウモロコシの未熟果だとわかった。いくつもできる実を摘果して、それぞれの茎で2本だけを大きく育てて出荷するのだそうだ。栄養分をそこに集中させるのか。ではトウモロコシはどんなふうにできるんだろう。そういえば知らない。信州をクルマで走っているとトウモロコシ畑かな?と思うところはあるけれど、実ができているのを見たことがない。あれはきっと家畜に食べさせる飼料用だろうと思い込んでいた。

   Photo_20190710235701

 でもススキのようなあれがトウモロコシだったのです。ただし雄花。雌花が実をつけ食用になる部分は、じつは先端ではなく茎の下部にできるというのだ。意外でしょ。米も麦も茎の一番上に実がなるから、トウモロコシもきっと先端に実があるハズ。これが間違いだった。中南米原産、コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、世界中に広まった主要穀物。よく食べているのに何も知らなかった。お恥ずかしい限りです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧