2019年5月19日 (日)

邪魔者あつかいの外来種

    Photo_203     
 前回にちらっと触れたニセアカシア。別名はハリエンジュで、北米原産、マメ科の落葉高木です。日本には1873年に渡来。街路樹や公園樹、砂防、がけ地の土止めなどに植栽されました。河原や荒れ地にも適応し成長も早い。こんな特性が重宝されたからでしょう。でも1873年とハッキリした年がわかっているのに、誰がどのように持ち込んだのか、ネットでざっと見たところでは記載がない。新芽は和え物や油炒めに、花穂は天ぷらにと食べ方まで載っているというのに、残念です。

Photo_207

 この時期まわりに甘い香りを漂わせるニセアカシア、外来種だけれど日本の上質なハチミツ生産に欠かせない植物なのだ。長野県ではなんと74%がニセアカシアを蜜源にしているという。そういえば梓川沿いに延々と続く群生は見事です。レンゲソウをほとんど見なくなった今、「アカシアはちみつ」は日本を代表する味だ。ところが、『我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト』に載っているのです。ただし危険の程度が低い「適切な管理が必要な産業上重要な外来種」に分類されている。役に立つから大目に見ましょう、と身勝手な分け方ですね。

Photo_208

 我が国の固有の動物や植物を守り、生態系を持続するために『生物多様性基本法』という法律で、生物の保全について基本原則が定められている。先ほどのニセアカシアより急を要する「緊急対策外来種」に指定されているのが、例えばオオキンケイソウ。北アメリカ原産、キク科の多年草です。河川敷や新しく道路を拓いた斜面などに、最近よく見かけるようになりました。旺盛な繁殖力でカワラナデシコなどの在来種を駆逐してしまうことがわかってきた。

Photo_211

 オオキンケイソウは観賞用として1880年代に日本に入ってきたという。花の時期は5月から7月。黄金色の美しい花を咲かせ、その形が鶏のトサカに似ていることから名付けられた。観賞用のみならず道路の緑化などに利用され、全国でさかんに植栽されました。しかし環境に悪影響を及ぼすことがわかると手のひら返し。いまは家庭で栽培しても罰せられる。人間の都合で持ち込み、時代の流れでもてはやされ、挙句の果ては悪者にされ排斥される。ちょっとかわいそうな気がしませんか?

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

六甲山は虫の王国へ

Photo_190

 サクラが散り、アセビが終わり、六甲山ではグリーンが鮮やかさを増してきました。そうなると虫たちの天下です。さまざまな大きさの蜂(ハチ)、虻(アブ)、蝶(チョウ)、蝿(ハエ)、蚋(ブヨ)、蟻(アリ)などがドッとあらわれて、まさに「虫」偏のオンパレード。山歩きには最高の時期ですが、虫たちがちょっとうっとうしい。ケムシやアオムシまで頭上の枝からいっぱいぶら下がっている。

Photo_191

 「虫」偏の字を思い出してみると、あれ! 蛇(ヘビ)も、蛙(カエル)も「虫」偏だ。蛤(ハマグリ)や、蝸牛(カタツムリ)まで。漢和辞典で調べると、なんと「虫」はマムシの形からできた象形文字だそうです。近代の生物学・分類学が生まれる前の東洋では、人と獣、鳥や魚を除く他の動物はすべてひとからげに「虫」と考えていたようだ。現代の私たちが考える昆虫類よりずいぶん守備範囲が広い言葉だったのですね。

Photo_202

 よくわからない動物。どこからか湧いてくるような生き物。理解しているもの『以外』は『虫』ということにしたのでしょうか。そういえば「腹の虫がおさまらぬ」とか「虫の知らせ」とか、動物どころかもっと抽象的な気持ちのようなものにも虫をあてる。昔はこんな感情や精神のありようも、何かわからない『虫』が作用していると考えたのでしょう。わかるもの『以外』と呼びながら、ムシできない存在。

Photo_195

 大きなクマバチが飛び回っていたので何とか撮ろうとしましたが、ダメでした。当然のことながら、ハチはスマホでひょいと撮れるようなのろまじゃない。何回かシャッターを切ったうちで、かろうじて黒い点のように写っていた一枚がコレ。六甲山ではこれからニセアカシアがいっぱい咲き出し、甘い香りに包まれる。荒れ地やがけの崩落地にまず生えてくるニセアカシアは、ミツバチの大切な蜜源植物。ますます虫で賑やかになりそうです。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

ステキな時代になりますように

Photo_142

 このところの1カ月は「平成」の振り返りと「令和」への期待で日本中が大盛り上がりでした。4月27日、28日、29日と神戸北野坂で開催されたインフィオラータ。チューリップやパンジーなど色とりどりの花びらを道路いっぱいに敷き詰めて花絵を作るイタリア発祥のお祭りですが、今年は10作品の中で「平成から令和へ」と題された花絵が一番人気。ラグビーワールドカップ2019も、王子動物園のパンダも、長田の鉄人28号も、引き立て役に回りました。

Photo_143

 「昭和」から「平成」に変わった日の早朝のことはよく覚えている。ごった返す新宿駅で昭和天皇崩御の号外を各紙集めて調布の大映撮影所に向かった。お正月明け早々からCM撮影の予定が入っていたからだ。しかも終わったのは真夜中の2時過ぎ。かの有名な「平成おじさん」のニュース映像もリアルタイムでは見てなくて、後日見たと記憶しています。30年も前の出来事だから確信はないけれど。

Photo_150

 さて今日からは「令和」。新元号の初日は信州奈川、霧の中で静かなスタートです。元号が変わったからといって1日で何かがガラッと変わるわけではありませんが、どこか気持ちが改まって晴れやかに。大正ロマンや昭和レトロなどと聞くと、それがどんな時代だったか想像する手掛かりになります。「平成」もまたいい言葉があてられることでしょう。そして「令和」もステキな言葉で象徴される時代になりますように。

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

アオキの花、ヤツデの実

    Photo_115
    
 六甲山ではヤマザクラが散りはじめ、ヤブツバキやアセビが終わりを迎えようとしています。美しいピンクのミツバツツジや炎のように赤いヤマツツジも咲き始めている。季節の変化を花で表現すると、そんな感じの春本番。寒くなく、暑くなく、ハイキングにはいちばん気分がいい季節です。ただし小さな虫たちもいっせいに現れて、うっかりしていると目や口に飛び込んでくるからご注意を。今回は普段あまり気にしなかった植物の話をふたつご紹介します。

Photo_117

 まずはアオキ。ミズキ科の常緑低木で庭木にも使われる。冬枯れの山では緑の葉と赤い実の鮮やかなコントラストでひときわ目立っていました。森の中で大きな木の陰にひっそりと生えている常緑低木なので、ほかの木々が葉を繁らせる夏場は見逃してしまいがち。そんなアオキがこの時期に、赤紫色の小さく地味な花を咲かせている。ヤマザクラの花びらがヒラリヒラリと舞う季節にひっそりと。やはり冬の赤い実が晴れ姿でしょうか。気を付けていないと見過ごしてしまいます。


Photo_123

 もうひとつはこれも庭木でおなじみのヤツデ。いま実が黒く熟しています。ヤツデはウドやタラノキ、コシアブラなどと同じくウコギ科だそうです。常緑樹でサイズも大きいから印象はまったく違うけれど。でもどれも小さな花が花火のようにはじけたカタチで咲くところが似ています。ウドやタラノキは8月ごろに花が咲いて秋には実が熟す。ヤツデだけは11月ごろ晩秋に花をつけ、春の今ごろ黒く実が熟す。理由はわかりませんが、きっと生存の知恵でしょうね。以上、小ネタでした。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

さくら満開、春うらら

    Photo_69    
 ちょうど今、神戸ではソメイヨシノが満開です。摩耶山のふもとの桜のトンネルや生田川沿い、王子動物園や須磨浦公園など桜の名所はたくさんありますが、この前の土日はどこも花見客で盛況だったようです。この時期は季節の変わり目でお天気が不順なことが多いのですが、今年はうまくもって業者さんも喜んでいることでしょう。うちの近所にもなかなか立派な桜並木があります。まったく有名じゃないけれど、樹齢40年以上のソメイヨシノが咲き誇っている様は壮観だ。(ちょっと身びいき)

Up

 さてこのソメイヨシノ、すべて一本の原木から接ぎ木などで増やしたクローンだ、というのは有名な話。各地の開花宣言を出す標準木にソメイヨシノが選ばれるのも、同じ遺伝子だから科学的に意味がある。オオシマザクラを片親に、もう片親はエドヒガン系。「系」というのも、エドヒガンの仲間のどの種かはまだ不明だから。大きく整った花形をもつオオシマザクラと、葉が出る前に花が密生して咲くエドヒガンの性質を併せ持つソメイヨシノ。1900年に命名され、いまや日本の桜の8割を占めるそうだが、第二次世界大戦のあと爆発的に普及したという。意外に新しいのですね。

Photo_71

 ソメイヨシノの本場というか生まれ故郷というか、お江戸は神戸より1週間ほど桜の時期が早い。だから目黒川も満開を過ぎて桜吹雪。緑の葉も出始めています。散った花弁が流れる川面もまた風流なものです。こんな状況ですが夜桜はまだまだスゴイ人出。明かりのついたぼんぼりが並らび、川沿いの店も屋台や露店を連ねてお客さんにサービス。ライトアップは10日までという情報もありましたが、昼間よりずっとにぎわっている。ただ今日10日は寒波の襲来で寒さに注意が必要です。

Photo_13

 目黒川沿いで花びらのじゅうたんに桜の木の影が映っていました。昼間に撮影したのですが、まだ人に踏まれずキレイなままの花びら。桜にはこんな美しさもあるんだ、とうれしくなった新発見です。でもこれはギャラリーPAXREXで開催した森雅美さんの『翳』という展覧会のイメージが残っていてはじめて気づくことができたシーン。感謝です。

Photo_72

 桜の開花と時期を同じくしてケヤキの赤茶色い新芽が出て、日増しにグリーンに変わっていく。この涼しげな黄緑も美しい。小さな葉がだんだん大きくなりグリーンも濃くなって初夏を迎える。ソメイヨシノの歴史と同様、植栽の樹種もその時代ごとに流行があり、関西でケヤキが増えだしたのは40年ぐらい前から。それ以前は街路樹では外来種のプラタナスやトウカエデが、公園や学校にはヒマラヤスギが多かったように思う。ケヤキが増えたのは日本の自然の美しさを大事にする傾向が強くなったことから。いいことだと思います。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

春の妖精に会いに行く



 雪解けの直後、地上に姿を見せ花を咲かせる小さな草花を総称して「春の妖精」と呼ぶそうだ。英語で Spring ephemerai(スプリング・エフェメラル)。直訳すると「春のはかないもの」「春の短い命」という意味だそうだ。ブナ林など温帯の落葉広葉樹林に適応した植物。カタクリ(ユリ科)がその代表選手で、まだ木々が葉をつける前の明るい林床に可憐なピンクの花を咲かせる。

Photo_111

 キンポウゲ科のキクザキイチゲ(菊咲一華)も春の妖精だ。春先に葉をつけ花を咲かせ、林内の葉が茂って日当たりが悪くなる夏までに光合成で栄養を蓄える。地上に姿を見せるのは、1~2ヵ月ほど。あとは地下茎や球根のカタチで次の春に備えてじっと身を潜めている。そんなことを考えながら観察していると雪が降りだした。暖かくなったり寒さが戻ったり、春の妖精もタイヘンだ。身をすくめています。

Photo_114

 中国の伝説の生き物「猩々」にに見立てたショウジョウバカマはスプリング・エフェメラルのなかでは例外的に常緑性で、「袴」に見立てたロゼット状の葉を年中つけている。ほかにもイチリンソウやニリンソウ、フクジュソウやエンゴサクなどが妖精の仲間。六甲高山植物園ではこのあとミズバショウが咲き誇る春本番を迎えます。

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

春を告げ、春を待つ

Photo
 春の訪れを感じるためにフクジュソウを見に行きました。2月つまり旧暦の元日ごろから咲き始める福寿草。新春を祝い、幸福と長寿を願う意味から名付けられたそうです。元日草(ガンジツソウ)や朔日草(ツイタチソウ)という別名もある。1月つまり新暦の正月に合わせて花屋さんで売られている寄せ植えは、ハウス栽培で早く開花させたフクジュソウ。自然の営みをカレンダーに適合させたモノです。

Photo_2
 もうコブシのツボミがふくらんでいました。北国より1ヶ月以上早いと思います。モクレン科の落葉広葉樹。コブシの名前の由来はツボミの形ではなく、秋にできる果実がデコボコしていて握りこぶしに見えることから。うーん、どうでしょうか。握りこぶしに似ているかどうかは、意見が分かれるところ。ぜひ秋にご自身の目で確かめてください。

Photo_3
 もうひとつご紹介したいのは、春の訪れではなく秋の名残。まだ冬枯れのこの時期にかなり目立つ、ハコネウツギの果実の殻。中の種子を飛ばした後の造形美です。花期は5~6月。白い花が次第に赤に変化するので、1本の木で白もピンクも赤も同時に咲いているヘンな木。ヴォーリズ六甲山荘の先に群生しているので、そのころにも足をお運びを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

もしかして記録的な水不足?

Photo

 早春の花を探しに森林植物園へ向かいました。スタート地点の新神戸駅。新幹線のガード下にアートが!? 千住博さんの作品のよう、と言ったら叱られそうですね。JRなのか神戸市なのか、案内表示にしてはとても気が利いている。いいもの見つけた!と幸先良くて気分も上々。

Photo_2

 でも歩き始めてすぐに気づいたのが、異常な渇水。まず布引の滝にほとんど水がない! こんな滝の姿は初めて見ます。先ほどの表示、看板倒れじゃないか。この冬は北海道や東北、北陸では大雪に泣かされたようですが、神戸はまとまった雨がほとんど降っていない。もちろん雪も。

Photo_4

 参考のために1ヶ月前に撮った滝の写真もアップします。貯水池もいつもより7~8m水位が下がって普段は見えない湖底が見えている。いつもたくさん見かける水鳥もどこかへ行っていません。浅くなった湖底にゴイサギが一羽ポツンと立って餌をとっている。この先どうなるのでしょう? まさかこのまま夏の水不足に突入する、なんてことはないでしょうが・・・。

Photo_3

 皮肉なことにトゥエンティクロスは昨年の西日本豪雨以来、通行止め。再度公園のほうまで迂回して森林植物園へ。案の定、植物園のなかの長谷池も干上がっている。初夏に涼やかな花で楽しませてくれるスイレンやコウホネは、どうなるのだろう? 近頃は異常気象が異常でなくなって、この程度のことでは話題にも上らないのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月)

神戸に新・石炭火力発電所?

Photo

 神戸市灘区に新たな大型石炭火力発電所を建設しようとする動きに異議を唱える住民グループが、映画上映会とセミナーを開催しました。地域住民の健康被害や地球温暖化の加速による気候変動へのリスク。健康と環境という、世界のそして時代の大きな流れに逆行する建設計画に対して、NOの意思表示を続けて来たけれど、計画はどんどん進行している。民事訴訟や行政訴訟も起こしていますが、どうなるのでしょうか。

Photo_2
 この市民運動は一発電所の事案ではないと思う。どうしたら国や行政や巨大企業などが進めようとする計画を止めたり変更したりできるか、市民の意向を反映させるかという問題です。さまざまなデータや学者を動員して説得にかかる。あるいは発電所問題なら電力不足になったらどうするといった脅しまで。これら強大な力に対し、市民の支持を増やしながら粘り強く運動を続けるしかないのでしょう。

Photo_2
 会の冒頭に上映された映画『シェーナウの想い』(2008年)に感動しました。チェルノブイリ原発事故をきっかけにドイツの田舎町シェーナウで生まれた市民グループが、「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから初の「市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでを描いたドキュメンタリーです。あのドイツでさえ、こんなに苦難があったのか。福島で大事故があったにもかかわらず、あっさり再稼働を認めるこの国ではとてもじゃないけど・・・。

Photo_3
 でもこの映画は10年もの苦労と努力があったとはいえ、市民の想いがちゃんと実現した事実を教えてくれる。これは大きいことだ。ちなみにシェーナウの会社が操業を始めた翌1998年に、ドイツは電力事業の自由化に踏み切ったそうです。発電所の問題に限らず、独占事業や公共事業をおこなう巨大な体制に市民が立ち向かうには、とてつもないエネルギーと時間と知恵が必要だ。この映画が神戸市民にも持続する勇気と力を与えてくれることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

奇跡の星の植物館へ行く

Photo
 幹の直径は1m、高さは3.5m。強烈な存在感を放つ奇妙な植物。アロエ・ディコトマと名札がついている。説明によると樹齢約320年、アフリカ南部に生えているそうだ。もちろん名前の通りアロエの仲間。たしかに枝先の葉はアロエだ。けれども昔ヤケドに効くといって鉢植えにしていたアロエとは、姿もスケールもずいぶんイメージが違うでしょ。

Photo_5
 見たこともないトロピカルフラワーやジュラシックパークに出てくるような巨大なシダ。ここ淡路島にある「奇跡の星の植物館」は、安藤忠雄さんが設計した大きな温室施設で、地球に生きる植物の多様性と不思議さを体感できる。6つの展示室とアトリウム、カフェやフラワーショップ、野外のローズガーデンやきのこ村で構成され、発見と感動を与えてくれます。

Photo_4
 最初にご紹介したアロエ・ディコトマは展示室1の「プランツギャラリー」にある。乾いた土地で生きるさまざまな多肉植物を見ることができる。展示室2「トロピカルガーデン」ではバナナの花を初めて見た。暗くて湿潤な部屋、乾燥して熱い部屋。いろんな環境を人工的に作り出し、世界の植物を身近に感じられるとともに、自然との共生を考えさせられる展示はおもしろい。

Photo_6
 特別展示室は『雲南省の植物』を集めていた。中国・雲南省は17世紀に多くのプラントハンターが探検した秘境。たくさんの新種をヨーロッパに持ち帰り、当時の植物界に革命を起こしたという。この「ハイドゥン」というツバキ科の花も、蝋細工のような厚みある花弁と葉が独特だ。こんな特別展示やシーズンごとの空間企画植栽。何度も行きたくなる工夫が凝らされています。

兵庫県立淡路夢舞台温室
奇跡の星の植物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧