2017年11月18日 (土)

湖畔に建つイタリア大使館別荘

Photo
 奥日光。明治中頃から昭和にかけて中禅寺湖畔は欧州各国の大使館別荘が立ち並ぶ国際避暑地で、「夏場の外務省」と呼ばれるほどの賑わいがあったそうだ。今は公園として整備され、そのうちのいくつかは見学できる。豊かな自然、湖と山の景観、優雅な生活スタイル。タイムトリップしたかのような感覚を味わえます。

Photo
 イタリア大使館別荘はアントニン・レーモンドの設計により昭和3年に建てられ、平成9年まで歴代の大使が使用していた。レーモンドはフランク・ロイド・ライトのもとで学び、1919年に帝国ホテル設計・施工の助手として、ライトと共に来日。その後独立して日本に残り、レーモンド事務所を開設。そして多くの名建築を残し、多くの日本人建築家を育てた著名な人なのだ。(知らなかったけれど・・・)

1
 ここの最大の魅力は、地元産の杉皮張りで仕上げられた内外装。タテ、ヨコ、ナナメ、市松模様など、天井も壁もさまざまなパターンで張られた杉皮が美しい。日光の大工が伝統として洗練させてきた技術を、徹底して活かしたうえにさらに発展させている。日本家屋と欧米生活様式の融合を図ったディテールは、ほんとに見事としか言いようがない。暖炉のある書斎、中央のリビングルーム、食堂スペースがワンルーム空間に並んでいる。そして中善寺湖や男体山の景観を楽しむ開放感あふれる広縁がその外に続く。

Photo_2
 四季折々の自然を楽しめる豊かな環境。ゆったりと配置された本邸と別邸。パーティや買い物など外出に使うヨット用の桟橋。戦前のヨーロッパ上流階級の避暑生活を彷彿とさせます。ただ美しいだけじゃなく、ゆっくり流れる時間を心から楽しめる居心地の良さ。日本に対するリスペクトも感じられて、見学する我われも居心地が良かったです。

Photo_3
 お隣は英国大使館別荘。こちらの建物は新しく建て直されたようで、建築的なおもしろさを求めるよりも、紅茶とスコーンで英国文化に親しむのがいいでしょう。これらが立ち並ぶのは、中禅寺湖の主な観光スポットの対岸にあたる静かなエリア。すこし回り道をしてでも立ち寄る価値は十分あると思います。

イタリア大使館別荘 記念公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

内村鑑三と石の教会

Photo
 軽井沢の星野リゾートエリアに、内村鑑三の思想を具現化した石の教会がある。ケンドリック・ケロッグの設計によって1988年に建てられた、唯一無二なオーガニック建築だ。自然の森の中に、重なり合う石のアーチとそのすき間のガラスのアーチ。うずくまる恐竜のようでもあり、太古からこの地に存在した巨岩を掘り起こしたようにも見える。
 「屋内も自然そのもの」という理念のもと、「生きている建築」を実感できる。ふりそそぐ光、水は流れ、緑は光合成をし、木々は呼吸し、石は静かにたたずむ。

Photo_3
 内村鑑三については名前は知っているが、その業績についてはよく知らない。それで説明文などをもとに書きます。スミマセン。内村は明治・大正時代の思想家・キリスト者で、無教会主義を唱えた。教会とは建物や制度のことではなく、祈りたい人が心から自由に祈れるすべての場所が真の意味での教会である、という思想。石の教会は何ものにも縛られない純粋な自分を感じることができる無垢な祈りの場だ。だから十字架も祭壇もない。もはやキリスト教という宗教も超えているのかもしれない。

Photo_2
 教会の地下が資料展示室になっており、自作の言葉を書いたユニークな直筆や新渡戸稲造やクラークと写った札幌農学校時代の写真。アメリカ留学時代から教員、新聞記者、伝道者などをしながら、聖書の研究に一生をかけた内村鑑三。『余は如何にして基督信徒となりしか』や『代表的日本人』などの著書や、不敬事件や足尾銅山鉱毒被害者の支援、非戦論など社会活動家としても稀有な存在だったのだ。

石の教会 内村鑑三記念堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

建築の面から見た ラ コリーナ

Photo
 ラ コリーナ近江八幡の緑あふれる建物群を設計した建築家・建築史家の藤森照信さん。屋根にいっぱいタンポポが植えられた自邸のタンポポハウス。ニラが植えられた赤瀬川原平さんの家。浜松の秋野不矩美術館。多治見モザイクタイルミュージアム。そして高い木の上にある高過庵など想像を絶する茶室建築の数々で知られている、世界の誰とも似ていない稀有の建築家です。

Photo_2
 メインショップの屋根は芝生が植えられ松の木まで生えている。自然のまま(不揃い)の栗の木の柱列。壁は土壁。床は石。自然素材を使ったまるで縄文時代のような、あるいはアフリカの少数部族の住居のような、また逆に何千年も未来の建築物のような不思議さ。見たことのない体験なのだが、とても懐かしい。世界にやさしく包まれる感覚。

Photo_3
 内部も漆喰に炭片がいっぱい貼り付けてある天井や、均一の平面じゃない昔風の窓ガラスなど、随所にこだわりが見られる。カフェのテーブルやイスもごつごつした削り跡を残した栗材と鉄でできている。そして中央の大きなテーブルには、なんと緑の寄せ植えまで。癒しを通り越して、楽しいファンタジーの世界。

Photo_4
 田んぼを囲むようにめぐらされた回廊。田んぼの中に設置された小人の住居のようなオブジェ。ドアがあり窓があり、そして屋根に松が植えられている。銅板で葺かれた本社の大きい建物。もともと生えていた大木は屋根を突き抜けている。それら人工の建造物が田んぼや段々畑や植木を育てる農園と違和感なくつながって、美しい夢の景観を形作っているのが素晴らしい。

Photo_5
 エコロジーやサステナビリティ、環境や自然保護というと、理念ばかり先行して味気ないものになりがちだ。でもここラ コリーナには遊び心がいっぱいで、見学や買い物に来た人はもちろん働く人もみんなイキイキしていて気分がいい。とても中身が充実した野外芸術祭で、アートやイベントを存分に楽しんだような満足感を得られました。クライアントの熱意と建築家のアイデアに脱帽です。

ラ コリーナ 近江八幡
滋賀県近江八幡市北ノ庄町615-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

ラ コリーナは近江八幡の原風景

Photo
 明治5年(1872年)に近江八幡で生まれた和菓子の「たねや」が、創業の地に作っているユートピアが『ラ コリーナ』。La Collina はイタリア語で丘を意味する言葉だそうです。八幡山のふもと、ゆたかな自然と一体になってショップやカフェやレストラン、菓子工房やパン工房が点在する。まだ進行中のプロジェクトのようですが、すでに十分魅力的だと思います。日本古来の植生、生物の多様性。ここが目指すものは、私たちが孫子の代まで大切に守らなければならないもの。

Map
 お菓子とその素材を提供する農業、そして幸せな暮らしを考えた場づくり。50年後100年後を見すえると、まずそれらを取り巻く自然環境を整えないといけない。そんな哲学が感じられる施設です。しかも決して理屈っぽくはなく、子供から大人まで楽しめるスペースになっている。「たねや」という企業の強い信念と高い文化度が伝わってくる。方向性は違いますが、ベネッセの直島アートサイトと同じ感動を覚えました。

Photo_2
 敷地内にはバッタもいる。蝶も飛んでいる。秋の虫もうるさいほどの声で鳴いている。驚いたことにラ コリーナの真ん中には田んぼがあるのだ。刈り終えた稲束が懐かしい姿で干してあった(地方によって異なるがイナキ、ハサ、ハデなどと呼ぶらしい)。ここでは田植えや草取り、稲刈りなどの体験学習もしているそうだ。見るだけではなく、参加できる行事があるっていいですね。

Photo_6
 あぜ道にはツユクサやオミナエシが咲いている。木々だけではなく雑草と呼ばれるような草まで植栽して、それこそ絶滅危惧種になりつつある日本の原風景を復活させている。この日も畑や田んぼの世話をしている人を何人も見かけました。昔は日本中どこでも見られた光景にちゃんと戻すための大変な苦労と努力。名画の修復作業に似ているかな。

ラ コリーナ 近江八幡
滋賀県近江八幡市北ノ庄町615-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

仙洞御所と大宮御所のお庭

Photo
 仙洞御所とは皇位を退かれた天皇=上皇の御所のこと。「仙頭(せんとう)」という言葉は、天皇退位の関連でときどき目にするようになりましたね。梅雨の合間の先日に京都御苑の中、京都御所の東南に位置し、皇太后の御所である大宮御所と一体となった庭園を見学しました。御所の近所でちょっと用があり、ここの駐車場にクルマを止めて歩いていたら、門の前にたまたま「当日参観受付」の表示を見かけたので見学ツアーに参加したわけです。

Photo_2
 北と南に大きな池があり、そのまわりを散策しながら木や花を楽しむ回遊式庭園です。池の水はそんなに澄んでいない。いまは植物性プランクトンがいっぱい繁茂するときで、水の色が緑色になるそうです。冬場はきれいに澄んでいるとのこと。アオサギが佇んでいます。ゴイサギもいます。もちろん人工の庭園だけれど、大都会の真ん中とは思えない見事な自然が残っている。サクラの時期、フジの時期、カキツバタの時期、モミジの時期など、さぞや!という趣。でもそんな頃はだいぶん早めに予約しとかなきゃ入れなかったでしょう、きっと。あまり観光客が多くない今だから、待たずにすぐに見学できたのだと思う。ラッキー!

Photo_3
 大宮御所の御車寄や御常御殿、仙洞御所の又新亭や醒花亭という名の茶室を見ながら、六枚橋や八ッ橋、州浜を通って約1時間で手際よく案内してもらう。20人ぐらいのグループで、その3分の1ぐらいは外国人、そしてほとんどは欧米系の人たち。みんなオーディオガイド(たぶん英語)で説明を聞きながら楽しんでいる様子。緑のシャワーを浴びて、プティ森林浴です。小堀遠州が作庭した部分は少ししか残っていないようだが、なかなかいいところでした。
 日本人だとは言え、たまたま通りかけなかったらたぶん一生見学しなかった場所。見学できて良かったです。

仙洞御所 参観要領

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

神戸にはジャズがよく似合う

Photo
 神戸は日本のジャズ発祥の地。なんでも1923年4月にプロによるジャズ演奏が初めて行われたそうだ。で、ジャズをもっと身近に楽しんでもらうために、またジャズの街=神戸を全国に発信するために、大倉山公園で開かれていた「KOBE JAZZ DAY 2017」へ出かけました。

Photo_2
 このJAZZ DAYは今年で3回目。神戸市近郊に住む中・高生15名で編成された神戸ユースジャズオーケストラから、大学のサークル、おじさん・おばさんコンボ、おじいさんバンドまで、多彩な12組が出演していた。ちょうど映画「LA LA LAND」を観て、やっぱりジャズもいいねぇと魅力を再認識していたところだ。中・高生たちは、映画「スウィング・ガールズ」にあこがれて、とい人が多いみたいだけど。

Photo_3
 まぁジャズだから40年前、50年前、60年前のスタンダード曲を当時のスタイルで演奏している。新しさを求めるのではなく、懐かしさを求めて気楽に楽しむ。緊張感より、リラクゼーション。春の日差しの下で自然と身体がスウィングしてくる。趣味で楽しんでいるアマチュアバンドが中心なので、選曲も演奏も難しくなることはない。

Photo_4
 編成もピアノトリオ、カルテット、スリーホーン、オーケストラとさまざまです。女性ヴォーカル、男性ヴォーカル付きのグループもあり、次々と目先が変わって飽きさせない。
 これから暖かくなってくると元町ジャズストリートや新開地ジャズヴォーカルクイーン・コンテストなど、ジャズに関連したイベントがたくさん開催されます。ジャズを聴きに神戸の街へ出かけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

ハッピーな騎士団長殺し

Photo
 村上春樹の話題の新作「騎士団長殺し」。読んでいる途中に風邪をひき、2日間まったく進みませんでした。ハナミズはたれる。身体のふしぶしが痛む。ついウトウトする。しかも熱のせいか、村上ワールドから抜け出してきたような奇妙な出来事(たぶん夢でしょう)が、デジャブのごとく現れたり。宙に浮遊するような数日間でした。
 死んでいた2日間を除くと、あっという間に読んでしまうおもしろさ。ハルキ教の信者としては「早く先が読みたい」と「読み終わったときの寂しさ」のはざまで、いつものことですが苦悶するのです。今回はあいだに風邪が挟まったおかげで、一拍おいて楽しめたのは幸いとしましょう。

Photo_2
 肖像画家を主人公にしたこのお話は、美術に限らず音楽も文学も、芸術家には同じ種類の産みの苦しみがあるのだなぁと感じさせる。自分自身のための創作と営業の作品。アイデアが舞い降りる瞬間と、どの時点で作品の完成とするかの決断。そのあたりがとてもおもしろい。
 そして今作は邪悪な人も出てこず、マイルドでハッピーな物語。もちろん怖さを感じたり、困惑したり、謎が謎を呼んだり。そんなミステリアスな世界は存分に展開される。しかし読み終わってとても穏やかな気分になる。風も完全に治っていました。
 ところで主人公の新たな創作スタイルを、私はフランシス・ベーコンの人物作品を思い浮かべながら読んでいましたが、さてどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

アテルイは最高のエンタメ!

Photo
 シネマ歌舞伎「アテルイ」がおもしろかった。劇団☆新感線の中島かずき&いのうえひでのりによる作・演出の、新時代の舞台芸術=歌舞伎NEXT。ヤマト朝廷が東北の蝦夷に戦いを仕掛ける歴史に基づいた、超大作・感動スペクタクル巨編です。昨年、新橋演舞場で演じられた舞台を映画化したもの。いま松竹系の映画館で上映されている。 Photo01
 見どころはシェイクスピアのような深い詩的なせりふ回し、染五郎をはじめ勘九郎や七之助、市村萬二郎や澤村宗之助たちのかっこよく決まる所作、ダイナミックな立ち回り。歌舞伎の様式美を見事に生かした芝居です。日本も世界も暗く不穏な方向へ向かっている現代に、爽やかな風を送ってくれます。
Photo02_2  テーマは支配と被支配の関係、戦争に大義はないこと、あるいは神と人間、権力と陰謀、正義を信じる人間の勇気と愛。現代の世界が抱えるさまざまな問題を俎上にあげ、痛快に切って捨てる。われわれ庶民が拍手喝采する要素をちゃんと盛り込んでいる。Photo03
 このようにお上を茶化して笑い飛ばす批判精神も歌舞伎の伝統。近年忘れられつつあった反骨心を取り戻したのは、とてもいいことだと思う。大っぴらにお上にたてつくことはできなかった、そんな庶民がうっぷんを晴らしてスカッとするための芸能だったのだから(江戸時代にはそれに対していろんな禁止令も出たようだ)。もちろん、愛された理由はそれだけではありませんが。
Photo04  教科書で習った坂上田村麻呂の蝦夷征伐(ヤマト側の見方)のお話なのだが、ストーリーはどんでん返しに次ぐどんでん返し。息もつかせぬ展開で、3時間あまりをまったく飽きさせない。ユーモアもたっぷり、サービス精神もたっぷり、アクションもたっぷり。コスチュームも美しく、最高のエンターテインメントでございました。歴史上の事件や人物の見方も、一方だけの視点ではダメなんだなと深く考えさせられました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

金沢にて、日本の色

Photo
 さすが金沢、日本の伝統文化とそれを象徴する美しい色が街を彩っている。だから外国人観光客も多い。たとえば兼六園ではカキツバタがいま盛りを迎えている。尾形光琳の屏風で見るように、紫の花と緑の葉の組み合わせがハッとするほど鮮やかだ。

Photo_2
   ヌメッとした独特の瓦屋根が美しい、江戸時代の遊郭の風情を残すひがし茶屋街。格子戸と石畳の道を、若者がひく観光人力車が行き来しているが、とてもよく似合っている。文政三年(1820年)に建てられ、その当時のまま残っている重要文化財の「志摩」が見学できる。ベンガラ色の壁、漆塗りの柱、七宝焼きのふすまの取っ手・・・金沢文化の粋が凝らされている。

Photo
 金沢はまた金箔の街としても知られている。いまは日本のほとんどを生産しているそうだ。みやげものも工芸品やアクセサリーはもちろん、化粧品やエステ用品、お酒や焼き菓子など、あらゆるものに金箔が使われている。

Photo_2
 有名なお店の中庭には金箔を張り詰めた蔵もありました。金色というのは屏風の下地でわかるように日本の色によくマッチする。光の当たり方で華やかにもシックにも見えて、まわりの色がよく映える。
 春から初夏にかけての金沢の色を紹介しましたが、これを光の弱い雪の季節に見るとまったく別の美しさをあらわします。奥が深い街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

ロイヤルオペラハウスの椿姫

Photo
 ヴェルディ作曲「椿姫」の原題「La Traviata」は、「道を踏み外した女」という意味だそうだ。その椿姫、英国ロイヤルオペラハウスが2月4日にコヴェントガーデンで公演した舞台のライブビューイング映像を映画館で観ました。これがサイコーに感動的。幕間に指揮者イヴ・アベルや演出家ダニエル・ドナーの解説が入り、とても分かりやすい仕上がりになっていた。時間は休憩を入れて3時間40分。

Photo_2
 ストーリーもよく知っているし、聞けばすぐにわかるアリアもたくさんある、あまりにも有名なオペラ。ところが初めて出会ったお話しのように、とってもとっても感動してしまたのです。もともと名作だし、そのうえ演出が素晴らしい。出演者のヴェネラ・ギマディエワ、セミール・ピルギュ、ルカ・サルシの歌唱力と演技力。美術とコスチュームと照明。どれも最高でした。

Photo_3
 1985年にフランコ・ゼフィレッリ監督が作ったメトロポリタン歌劇場の「椿姫」をレーザーディスクで持っていて何回も観た。これはレヴァイン指揮でアルフレードをプラシド・ドミンゴが演じていた。これもよかったけれど、映画版なので舞台の臨場感は今回ほど感じなかったように思う。だから感情移入もあまりなかったのかもしれない。

Photo_4
 それともうひとつ決定的に違うのは、観る私自身が年を取ったということ。これは悪い意味じゃありません。いろいろ人生経験を積むと、個人の幸せと社会との板挟みとか、愛のための犠牲とか、簡単に割り切ることができない運命を人は生きるものだと気付く。そう考えると年を取るのも悪くない。アルフレードの父親の心情もわかるのだから。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス
シネマシーズン2015/16
椿姫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧