2022年7月 2日 (土)

山下清を大回想

   Photo_20220701171701
   
 小林桂樹や芦屋雁之助が主演した映画やTVドラマでも有名な『裸の大将』こと山下清。1922年(大正12年)に浅草で生まれ、1971年(昭和46年)に49歳で亡くなっている。今年が生誕100年。ということで、百年目の大回想というサブタイトルで『生誕100年 山下清展』が、いま神戸ファッション美術館で開催されている。

Photo_20220701171301

 山下清といえば「長岡の花火」をはじめとする緻密な貼絵が圧倒的に有名です。今回の展覧会では貼絵はもちろん、鉛筆画、ペン画、油彩、水彩画、版画まで多岐にわたる。大皿や急須や湯吞に絵付けした陶磁器まで展示されているのだ。これまで何度も見てきた天才画家の作品群。こんなにまとまった展示は初めてです。

Photo_20220701202001

 細かくちぎった色紙とコヨリをピースとして貼り合わせる貼絵。それに対してペン画も、やはり点と線で描かれている。貼絵のテクニックは他の画法とも親和性が高かったようだ。油彩の「ぼけ」や「つばき」や「ラッパ水仙」など花の作品も、期せずして後期印象派の画家たちと共通する趣がある。とはいえ本質は自然体です。

Photo_20220701204101

 海外にも行って作品を残している。ロンドンの「タワーブリッジ」や、パリの「エッフェル塔」。コペンハーゲンの「人魚増」やベニスの「ゴンドラ風景」などなど。さすがの観察力、描写力を示している。ただし以前の自由奔放な熱量が、少し落ちているのではないか。つまり、うまくなり過ぎている感じがする。(スミマセン、エラそうで)

   Photo_20220701204801

 有名になるにつれて、絵の先生やマネージャー的な世話係など取り巻きが増えていったのでしょう。善意からの指導やアドバイス。だけども言うならば100%の自分から、他の人の考えやモノの見方が入り込んできたのか。無意識のうちだと思うけれど。でも、そのおかげで『自分の顔』という自画像も生まれたのだから良かった。

   Photo_20220701220901

 昭和7年ごろから絵を描きはじめ、知的障碍児施設の八幡学園で暮らすも、そこを脱走。夏は北へ、冬は南へ、全国を気ままに放浪しながら、記憶に残った旅先での風景を貼絵などで表現。脳出血で生涯を終えるまで、激動の昭和を描き続けた。「今年の花火見物はどこに行こうかな」、が最後の言葉だったと言われている。

100年目の大回想
生誕100年 山下清 展
2022年6月25日(土)~8月28日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0)

2022年5月20日 (金)

「奇妙」と「普通」の境界線

   Photo_20220518145101
   
 世界は奇妙なモノにあふれてる。しかしそれらは我々にとっては奇妙でも、現地では普通だったりもする。文化、風習、建物、自然に至るまで。古代の遺跡から現代の遊園地まで。多種多様で驚きに満ちた光景を見せてくれる写真作品の展覧会が、西宮市大谷記念美術館で開催されている。『佐藤健寿展 奇界/世界』。

Photo_20220518111701

 では「奇妙」って何だろう。海水浴客でにぎわうビーチのすぐ上を飛ぶジェット旅客機。こんなに低かったら危ない!と思いますよね。でもよく見ると浜辺で遊ぶ人たちがみんな飛行機に手を振っている。異常ではなく日常。ここでは「普通」のことなのだ。58カ国で撮影された作品からは、人間の営みのおかしみが伝わってくる。

Photo_20220518113502

 「奇妙」と「普通」の境界線は、時代によって、場所によって、人によって、それぞれ違う相対的な基準。その「境界」は未知なるものを目にするたびに、揺らぎ、拡がり、新たに線引きされる。展覧会場で出会う謎だらけのキッチュやグロテスク。これらを目にした後は、間違いなく「こちら側」が拡がったと感じるハズだ。

Photo_20220518145401

 UFOやネッシーや雪男。ピラミッドの秘密やナスカの地上絵。1978年生まれの佐藤健寿は、80~90年代に流行ったそんな怪奇現象や不思議を集めたオカルトTV番組を見て育ったという。そして20年間にわたり、興味と好奇心のおもむくままに地球を旅し、理解を超えた異文化をカメラで記録してきた。その情熱も普通じゃない?

   Photo_20220518145501

 ドキッとしたのが軍艦島の朽ち果てた建物の写真。毎日のようにニュースで目にするミサイル攻撃されたウクライナのビルにそっくりなのだ。ショック。それって想像力がぐんとブラッシュアップされたってこと? まさか彼もここまでは予想しなかったでしょう。人が新奇を知るごとに『奇界』は『日常の世界』に浸食されていく。

Photo_20220518151001

 彼は会場のあいさつで書いている。~「奇界遺産」というテーマで長い旅をしてきて今思うことは、この世界に「奇妙なもの」はそもそも存在しないのではないか、という逆説だった。それはただ私たちが考える「普通」の「境界」の外側にあるが故に、そう感じるに過ぎない。~  もう安直に「普通」という言葉は使えなくなりました。

佐藤健寿展 奇界/世界
2022年4月2日(土)~6月5日(日)
西宮市大谷記念美術館

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

「編む」世界が 深い!

   Photo_20220507195401

 ベルリンを拠点に活躍するデザイナー、濱田明日香が主宰するファッションレーベル「THERIACA(テリアカ)」が取り組む「ニット」プロジェクトの初展覧会だそうだ。いまデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で開催されている。おもしろい! 美しい! ユニーク! 細かいディテールまでつい見入ってしまう。なるほどねえ。

Photo_20220507223301

 毛糸やポリエステルの糸でアーティスティックな「編み物」作品を創造する、というのはまだ序の口。驚いたのが「編み物」には考えられない素材で、服やバッグが作られている。ロープ。靴ひも。ストロー。皮。布の切れ端。レシート用紙。これらの異素材は、完成直前まで編み上がった作品のそばに一緒に展示されている。

   Photo_20220507223401

 細長いものなら何でも材料になる。ひも状じゃないものでも細く切れば織れる。いや、太くても編める。ロープでもOK。濱田明日香さんの自由自在な発想。ヘンな素材の特性をうまく生かしたデザイン。観る側の我々のイマジネーションを大いに刺激して、何か作ってみたくなる不思議な魅力にあふれた展覧会でした。

Photo_20220507223304

 ジョークかマジメかわからない、常識にとらわれない濱田さんの実験的な試みの数々。そこからは、「編む」とはどんな行為なのか、「糸」とは何を表現するマテリアルなのか、奥深い探求の跡が感じられる。さて「編む」世界を追求する濱田さんは、これからどこへ向かうのか。願わくば我々観客をさらに楽しませてほしいものです。

Photo_20220507223302

THERIACA  Yarn,Rope,Spaghetti 展
20221年4月29日(金・祝)~5月15日(日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

朦朧体と呼ぶスタイル

Photo_20220415110201

 自由にうねる線。輪郭の揺らぎ。軽やかな色使い。『横尾忠則 寒山拾得への道』展に出品された最新のシリーズは、横尾さん自身が「朦朧体」と呼ぶ新しいスタイルで描かれている。アプローチはまったく異なるが、見た目は後期印象派に近く感じる。テーマの捉え方やモチーフの混合はシュールレアリスムに近いのだが。

Photo_20220415110102

 もともと横尾さんはあらゆる手法や様式を自在に取り入れ、しかもそれらに縛られることがない。変化を恐れず常に前進。新しいスタイルを生み出した、と思ったらもう次の地平を目指している。この朦朧体も、近年患っている難聴と腱鞘炎がもたらした身体的な感覚の変化から出現した描画スタイル。ケガの功名、と言えば失礼か。

Photo_20220415110301

 同じモチーフが何度もしつこくあらわれるのも横尾ワールドの特徴の一つ。「Forward to the Past (過去への前進)」とサブタイトルにあるように、過去にも出てきたモチーフを現在の眼でどう新作に表現したか。3階会場にはこんな視点で選ばれた過去の作品も20点ほど展示されているので、見比べると興味深い。

Photo_20220415110203

 たとえ身体が思うように動かなくなっても、限られた条件で表現できる道を模索する。創造への尽きることのない情熱に突き動かされた、どこまでも続く格闘。鬼気迫る執念。それがアーティストの宿命。芸術家の人生とは終わりのない旅なのでしょう。ふとマチスの晩年や、左手だけのピアニストを思い浮かべました。

  Photo_20220415111801

 でも、こんな感傷的な考えを吹き飛ばすのが、会場に流れるBGM『夕陽のガンマン』。常識的なモノの見方や、凡人の浅知恵など、クソくらえ! 人間や世界の本質からはほど遠いヒトやコト、本来の意味を見失った社会慣習や儀式。横尾忠則はアートの自由を妨げるすべてに、決闘を挑む気概で前進し続けているのだ。

Forward to the Past
横尾忠則 寒山拾得への道
2022年4月9日(土)~7月18日(月・祝)
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

寒山拾得とは?

  Photo_20220413132601

 外出もままならないコロナ禍、アトリエにこもってひたすら絵を描いた横尾忠則さん。新作のモチーフは「寒山拾得」。なんだコレ? 知りませんでしたが、昔の人の名前だそうです。寒山(かんざん)と拾得(じっとく)は、奇妙な風貌と奇行で名を遺した唐の時代の二人の禅僧。じつは文殊菩薩と普賢菩薩の化身だったという伝説が。

Photo_20220414093801

 書き残した多くの詩も禅の境地を示しているとされ、彼らの姿は水墨画の画材としても好まれた。日本では尾形光琳、円山応挙、曾我蕭白らが、文学では森鴎外、坪内逍遥、芥川龍之介、井伏鱒二など、多くの作品で取り上げられてきた。乞食のような恰好をした寒山と、禅寺の食事係や掃除夫をしていた拾得。

  2_20220414142601  

 横尾版の寒山拾得シリーズでは、寒山は経典の巻物ではなくトイレットペーパーと、拾得は箒ではなく電気掃除機といっしょに描かれる。超俗。軽妙。いたずら好き。何事も笑い飛ばす大きな生き方が、常識を超えた自由な存在として現代によみがえっている。横尾さんが2人の奇人に強く共感する気持ちがあらわれています。

Photo_20220414142801

 そして何よりもスゴイのは、もう85歳を超えた横尾さんの創作エネルギー。世界中がコロナに苦しんでいた2~3年で、油彩やアクリルで43点もの大作を描き上げるなんて。もう圧倒されました。質、量ともに充実した最新作の数々。横尾忠則現代美術館の開館10周年を記念するにふさわしい圧巻の展覧会です。

Forward to the Past
横尾忠則 寒山拾得への道
2022年4月9日(土)~7月18日(月・祝)
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

現代アートは難解だ

   Photo_20220407202801

 ミニマル・アートとコンセプチュアル・アート。「現代アートって分からない」と、よく言われるのはこの2つのセイです。兵庫県立美術館で開催中の『Minimal ミニマル / コンセプチュアル Conceptual』は、この難解な美術ムーブメントについての展覧会なのです。一切の飾りを配した美? 作品になる以前のアイデアを重視?

Photo_20220407205501

 1967年、ドイツのデュッセルドルフにギャラリーを開いたドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻は、時代の最先端をいく世界のアート動向を紹介していた。この展覧会では、彼らのコレクションや個展を開いた作家たちとの書簡や指示書、ドローイングなど貴重な資料を中心に、約150点の展示を鑑賞することができる。

2_20220407203201

 作家の手仕事を廃して、シンプルで幾何学的なカタチの反復から作品を制作。手の痕跡をなくすために工業用素材や既製品を活用する。毎日ハガキを書いて何年間も知人たちに送り続ける。アート=芸術の変革。カール・アンドレやソル・ルウィットの立体、河原温の行為、ベルント&ヒラ・ベッヒャーの写真作品がおもしろい。

Photo_20220407215801

 作品制作の指示書を送り、展覧会場の近くで作品を作ってもらう。それらは従来の美術作品の定義や画家や彫刻家などといった作家の要件に縛られず、アートの可能性を大きく拡げることに。これら1960年代からの潮流はその後のアート界に大きな影響を与えた。作品の作り方、展示方法と場所、なにより作品そのものの質。

Photo_20220407205901

 ゲルハルト・リヒター。ブルース・ナウマン。ヤン・ディベッツ。ギルバート&ジョージなどなど。そうそうたるビッグネームの仕事ぶりが楽しめる。現代アート嫌いをつくった犯人でもあるミニマル・アートとコンセプチュアル・アート。しかし今のアートシーンの生みの親であるのは間違いないでしょう。この展覧会を観ると実感できます。

Minimal ミニマル / コンセプチュアル Conceptual
ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術
2022年3月26日(土)~5月29日(日)
兵庫県立美術館

| | コメント (0)

2022年3月 7日 (月)

大阪のMoMAを目指す?

   Photo_20220228212401    

 天保山サントリーミュージアムの休館により寄託された、約18,000点のポスターコレクションが素晴らしい。ロートレック、ミュシャ、クリムト、カッサンドルからサヴィニャックやフォロンまで。ベルエポックからアールヌーボー、アールデコにロシアアヴァンギャルド。そしてモダンデザインから多彩な現代へとつながっていく。

   Photo_20220228212501

 リトグラフやシルクスクリーンそして写真製版へ。19世紀から20世紀、技術の進歩はさまざまな新しいスタイルを生み出し、美術の領域を広げてきた。プリントや写真、映像などの新表現。もはや絵画や彫刻だけではアートは語れない。さらに21世紀はITを駆使した想像を絶する豊かな体験が実現するかもしれませんね。

Photo_20220228212504    

 また椅子やテーブルや食器棚など、優れたデザイン製品がたくさんコレクションされているのもうれしい。興味深いのがリートフェルトの名作「レッド・ブルーチェア」に至るプロトタイプを素材替えや色替えで並べた展示。ほかにマッキントッシュ、アルヴァ・アアルト、マルセル・ブロイヤー、ミース・ファン・デル・ローエ、倉俣史朗など。

Photo_20220228212503

 アールデコのコロマン・モーザーのアームチェアや倉俣史朗の透明アクリルの現代チェア。時代を越えて「美の極み」と評価される家具や機械製品、そしてファッションもアート作品として収集、保管するのはこれからの美術館のたいせつな役割だと思います。ぜひ大阪中之島美術館に期待しましょう。目指せ! 日本のMoMAを。

Photo_20220228195501
超コレクション展 99のものがたり
2022年2月2日(水)~3月21日(月・祝)
大阪中之島美術館

| | コメント (0)

2022年3月 4日 (金)

日本有数のクオリティ

   Photo_20220227212801
 大阪市が美術館建設を目指して多数の作品をコレクションしているらしい。しかもかなり上質の作品を。というウワサは私たちの耳にも入っていた。各地の展覧会で「大阪市立近代美術館 設立準備室」から貸し出された作品も目にしている。しかしその全体像は誰も知らなかった。そして今回、そのクオリティに驚くことになる。

Photo_20220227221801

 ポスターにも採用された佐伯祐三の『郵便配達夫』。山本發次郎氏から寄贈された574点のコレクションに含まれ、この美術館設立の発端となる。マリーローランサン『プリンセス達』はユトリロやキスリングとともに高畠良朋氏が127点を寄贈。これら多くの寄贈作品が礎となって生まれた成り立ちは、ちょっとMETに似ている。

Photo_20220228200301

 こうしてスタートした大阪中之島美術館は、6000点を超える近代・現代アートのコレクションを収蔵。開館記念展はこの中から代表的な約400点を公開している。主な作家をご紹介。モディリアーニ、マグリット、マーク・ロスコ、フランク・ステラ、モーリス・ルイス、ゲルハルト・リヒター、バスキア。ジャコメッティやジョージ・シーガル。

Photo_20220228202401

 日本人アーティストもスゴイ! 吉原治良はもちろん、草間彌生、杉本博司、森村泰昌、やなぎみわ。こうやって名前を挙げているだけでワクワクしてきます。叶うことなら1週間ほど寝泊まりして観ていたい。国内第一級の質を誇るコレクション、と豪語するだけのことはある。大阪、中之島は文化の集積度がグンとアップしました。

Photo_20220228195501
超コレクション展 99のものがたり
2022年2月2日(水)~3月21日(月・祝)
大阪中之島美術館 

| | コメント (0)

2022年2月14日 (月)

青い光の幻想

   Photo_20220213161201

 深い海底にいるかのような、高い天空にいるかのような、静寂に満たされたブルーの世界。そこでは安らかで崇高な、不思議な感覚が沸き起こってくる。初めて感じるのに懐かしい。うまく表現できないけれど、これは何か大切なもの、もしかしたら宇宙の起源や生命の根幹に触れたという感覚なのかもしれない。

Photo_20220213165101

 いま神戸ファッション美術館で開催されている『ゆるかわふうの世界』展。〈光の芸術家 ― 宇宙の記憶〉というサブタイトルがついた幻想的なアート体験です。透過光のブルーでしか表せない深遠な宇宙。うたた寝するネコも、親子のクジラも、物思う少女も、ブルーの陰影で浮かび上がると哲学的な様相を帯びてくる。

Photo_20220213165102

 イヴ・クラインのインターナショナル・クライン・ブルーを想起させる高貴なブルー。この青い光は、ゆるかわふうの発見・発明だ。知性も情熱も神秘も、すべてを包み込む青。タテ1.8m×ヨコ約5mの大作がずらりと並ぶ展示空間は、はるか宇宙のかなたの見知らぬ惑星に不時着したかのような驚きと感動に満ちている。

Photo_20220213165105
Photo_20220213165104

 展示会場で「ゆるかわブルー」の種明かしをしてくれている。作品を創る素材は建築の断熱材として使われるスタイロフォーム。裏から白色LED照明を当てると青く光るそうだ。厚みがあると青が濃く、薄いと白っぽく。こうして彼は電動金ブラシやコテで削って凹凸でカタチを描き、青の濃淡のみで表現する独自の技法に行きついた。

Photo_20220213165001

 発泡スチロールを硬くしたような建築資材にLED照明。芸術とは縁遠く思われる工業製品を使った、平面と立体と映像を融合した新しいアート表現の誕生です。「光彫り作家」と自称するゆるかわふう。この技法を拡張させ、進化させ、どこまで到達できるのか。これからの活躍がとても楽しみなアーティストです。

光の芸術家 ー宇宙の記憶
ゆるかわふうの世界
2022年1月29日(土)~3月27日(日)

| | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

THE METの運営のヒミツ

   Photo_20220108223101   

 フェルメールの『信仰の寓意』〈Allegory of the Catholic Faith〉には、The Friedsam Collection, Bequest of Michael Friedsam, 1931 
とキャプションがついている。一方、レンブラントの『フローラ』〈Flora〉には、Gift of Archer M.Huntington, in memory of his father, Collis Potter Huntington, 1926 と。それが何か?でしょ。

  Photo_20220108223102

 実業家や資産家、芸術家などの市民によって1870年に創立されたメトロポリタン美術館。じつはこの人たちから寄贈された作品で成り立っているのです。上記フェルメールの作品はBequest(遺贈)、レンブラントはGift(贈与)。つまり死後に贈られたものと、生前に贈られたもの。展示する場合は必ず表記する取り決めなのでしょう。

Photo_20220108223201

 でも驚くのは外国での展覧会まで徹底されていること。さすが契約の国アメリカ、キチッとしています。セザンヌの『リンゴと洋ナシのある静物』〈Still Life with Apples and Pears〉は1960年のBequestだし、モネの『睡蓮』〈Water Lilies〉は1983年のGiftです。150年以上の歴史でこのように増え続けた所蔵作品は150万点。へぇー、でしょ。

Photo_20220108223202

 THE METはお金も意識も豊かさの象徴、みんなでつくるオラが美術館なのだ。相続税や贈与税など税制の違いと、寄付文化の成熟度は羨ましい。作品を寄贈できない一般市民もサポート会員になって盛り立てる。会員募集も入口の一番目立つところで大々的に。初めてのとき「えっ、またお金取られるの?」。 お恥ずかしい。

メトロポリタン美術館展
 ー西洋絵画の500年ー
~2022年1月16日(日)まで
大阪市立美術館

| | コメント (0)

より以前の記事一覧