« テート美術館の光 | トップページ | 2024年 新春にあたり »

2023年12月29日 (金)

印象派から現代絵画へ

   Photo_20231225141901

 モネ。シスレー。ピサロ・・・。彼ら印象派の画家たちは自然の中に出かけて描くようになる。従来は外でスケッチだけを行い、描き仕上げるのはアトリエに戻ってから。この戸外制作という方法は、場所と時間による光の変化をより敏感に感じさせる働きがあったのだ。またチューブ入り絵具の登場も戸外制作を助けることになる。

  Photo_20231225142801

 現代に近づいて、カンディンスキーやマーク・ロスコの絵画が「光をテーマにした」と言われても、ウーンという感じ。でもブリジット・ライリーの『ナタラージャ』はなぜか納得できました。幾何学的かつ機械的なパターンを、補色関係をものともせずに対比させる。そこからくる強いクラクラ感は、直射日光が目に入ってふらっとする感覚。

Photo_20231225211701

 ゲルハルト・リヒターの『アブストラクト・ペインティング』という作品は、水で濡れた路面に街角の様子が映り込んだように見える。滲んで、歪んで、タイトルからすると作家は何も示唆していないけど。鑑賞者が自由にイメージして作品は完結する。これこそ現代美術。観客が何かを感じたら、その時点で作品に参加しているのだ。

Photo_20231225143301

 科学の進歩によって、色や光が物理学の理論で説明されるようになる。そして写真の発明と技法の進展。まさに写真は光そのもので成り立っているから、絵画に及ぼす影響も大きい。否応なくアーティストは変質を迫られる。このあと展覧会の流れは、キャンバスを離れて直接的に光を扱った作品群へ。続きは年明けに。

テート美術館展 光
ターナー、印象派から現代へ
2023年10月26日(木)~2024年1月14日(日)
大阪中之島美術館

|

« テート美術館の光 | トップページ | 2024年 新春にあたり »

展覧会情報[2023]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テート美術館の光 | トップページ | 2024年 新春にあたり »