« 日本の切り絵、進化中 | トップページ | ハッピートイズ2023 »

2023年12月15日 (金)

切り絵の現在と未来

  Photo_20231210162601

 切り絵の最先端をリードするアーティスト。その一人がSouMaさんです。カッターナイフ1本と1枚の和紙から、こんなに豊かな形状と量感を持つ作品が生まれるとは。もはや「切り絵」のイメージを超越しているのみならず、「平面」や「立体」といった従来の大きなジャンル分けさえ無力化している。それほど独創的なアート作品です。

Photo_20231210162701

 紙の層を剥がし、捩り、曲げ、捻じり、編み、焼き・・・独創的な技が詰め込まれた作品は、すべて1枚の繋がった紙で出来ている。和紙だからこその特性を生かした驚異の作品群は、ぜひ会場でご覧いただきたい。もう一人、切り絵の新たな地平を切り開いているのが福井利佐さん。表現の限界に挑戦する姿勢に感動します。

   Photo_20231210162801

 影を作品として見せるための作品。EL照明を点滅させて見せる作品。書籍の表紙用の作品。写真家とコラボした作品。などなど。多彩な領域で次々とその才能を発揮している福井さん。きっと一時の成功にとどまることができないのでしょう。もっと面白く、もっと力強く、もっと高みへ。クリエイターの魂と業、凄みを感じる。

   Photo_20231210162901

 伝統的なクラフトから、最先端のアートへ。わずか20年足らずで、切り絵の世界もずいぶん遠くまで来たものだ。紹介した7人のミューズが大きくシーンを動かしたのは間違いない。個々の表現手法も目指すゴールもさまざまだけど、お互いが刺激しながら大きな進化を遂げたアーティストたち。爆発的な勢いの行く末が楽しみです。

日本の切り絵 7人のミューズ
7人の作家が創り出す、現代切り絵の世界
2023年11月18日(土)~2024年1月28日(日)
神戸ファッション美術館

|

« 日本の切り絵、進化中 | トップページ | ハッピートイズ2023 »

展覧会情報[2023]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の切り絵、進化中 | トップページ | ハッピートイズ2023 »