« 切り絵の現在と未来 | トップページ | 至高のシモン・アンタイ »

2023年12月18日 (月)

ハッピートイズ2023

   Photo_20231212195101

 手作りのぬいぐるみで世界中の子どもたちを笑顔にする、フェリシモの HAPPY TOYS PROJECT 。今年は神戸ファッション美術館のエントランスで、そのお披露目展示に出会いました。全国の皆さんがお気に入りの布や毛糸で手作りしたぬいぐるみを、国内外の子どもたちに贈るこのプロジェクト。スタートは1997年でした。

Photo_20231212195201

 以来、集まったぬいぐるみは66,000体を超え、60ヵ国の保育施設や被災地へ旅立ったそうです。クマやイヌなど毎年変わるテーマキャラクター、2023年は「ほっこりおちゃめなアヒルちゃん」。いつもクリスマスシーズンに開催される展示会。やっぱり贈りものはこの時期ですね。クリスマスツリーやサンタさんによく似合う。

Photo_20231212200301
  
 いろんな色や柄の布を縫い合わす。さまざまな太さの毛糸で編んだニットを組み合わす。カタチもポーズも自由に楽しみながら作られているのが見て取れる。制作者の愛情や情熱がたっぷり注ぎ込まれたアヒルちゃんたちは、どの国に行ってもきっと子どもたちの顔を輝かしてくれることでしょう。

Photo_20231212201401

 江戸っ子スタイル、という立札がたてられたコーナーもありました。お殿さまやお女中、長屋のおかみさんに股旅姿。江戸時代のコスチュームや髪形の変わり種アヒルちゃんもおもしろい。自分が作ったぬいぐるみが子どもたちを笑顔に! 考えただけでワクワクしますね。贈る側も贈られる側もハッピーにする、いい企画です。

HAPPY TOYS PROJECT
https://www.felissimo.co.jp/happytoys/

|

« 切り絵の現在と未来 | トップページ | 至高のシモン・アンタイ »

アート雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切り絵の現在と未来 | トップページ | 至高のシモン・アンタイ »