« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月28日 (木)

ひびのこづえ、夢の世界

   Photo_20230927122401

 もう会期が終わった展覧会でスミマセン。高知県立美術館で9月24日(日)まで開催されていた『ひびのこづえのワードローブ展』。「やはり」と言うべきか、「さすが」と言うべきか、サイコーにおもしろかった。舞台衣装やダンスのコスチュームを、イマジネーションを刺激するアートの領域に高めた彼女の作品世界を堪能できました。

Peace

一見お行儀よく並んでいる服は、よく見ると踊っています。
時には会場をはみ出すぐらい踊ります。
服を作る秘密や作った経緯も語ります。
みるだけでなく参加すると不思議で面白い衣装箪笥!ダンス!
                       ー ひびのこづえ

  Root
  
多種多様の布、ビニール、紙や網、プラスチック・・・ありとあらゆる素材が取り入れられたコスチューム。あふれる色が衝突し、時には融合する。カチッとした形態と、あやふやな境界。それらの根底には何物にもとらわれない発想の自由がある。そんな彼女の作品は、美術館に整然と展示するはだけでは、もったいないのだ。

Photo_20230927131801

だから会場として美術館を使うけれど、ダンス・パフォーマンスやワークショップなど立体的に展開する工夫が求められる。そこには観客も参加し展覧会のピースとなって作品は完結する。美術館キュレーターのセンスが必要になります。巨大な土蔵を思わせる立派な美術館に、ひびのこづえの夢の世界がよく合っていました。

ひびのこづえのワードローブ展
2023年7月29日(土)~9月24日(日)
高知県立美術館

| | コメント (0)

2023年9月24日 (日)

牧野博士の植物標本

Photo_20230921151101

 日本に自生するすべての植物を明らかにしようと、晩年まで現役で研究に没頭。94年の生涯で収集した押し葉標本は40万枚。蔵書は4万5千冊。植物図の名手としてとしても知られる彼が描き残した図版は1,700枚。新種や新品種など1,500種類以上の植物に学名を付け、日本の植物分類学の基礎を築いた牧野富太郎博士。

Photo_20230921152101

 78歳のとき集大成として自ら描いた精巧な「牧野式植物図」を入れた『牧野日本植物図鑑』を発行。その後、野外に持ち運びやすい学生版や小型で彩色された原色図鑑なども出版されました。80年以上を経た今も多くの専門家や植物愛好家に親しまれている。

   Photo_20230921145201

 ちょうど訪れたとき、素晴らしい写真展が開催されていました。牧野の標本を菅原一剛が撮影した『MAKINO 植物の肖像展』です。本来は研究のために作成された科学的資料が、美しいポートレイトになっている。植物1点1点が、生命力をたたえ個性を主張する、アートとしての肖像写真。新たなボタニカルアートの誕生です。

Photo_20230921151102

 高知県立牧野植物園が所蔵する約5,500枚から厳選された41枚。それを1億5千万画素のデジタルカメラで撮影。そして100×150cmに拡大プリントして展示。人物の肖像写真を撮るようなライティングで、牧野標本の微細な陰影が立体的に表現されている。博士が顕微鏡で見ていたであろう葉脈まで精細に見ることができます。

   Photo_20230921145101

   植物に感謝しなさい。
   植物がなければ人間は生きられません。
   植物を愛すれば、
   世界中から争いがなくなるでしょう。
                     牧野富太郎

菅原一剛
MAKINO 植物の肖像展
2023年7月15日(土)~10月1日(日)
高知県立牧野植物園

| | コメント (0)

2023年9月20日 (水)

いま話題の牧野植物園

Photo_20230919144301

 NHKの朝ドラ『らんまん』で人気の牧野富太郎。高知が生んだ「日本の植物分類学の父」を顕彰するために開園された、高知県立牧野植物園へ行ってきました。五台山の起伏を活かした約8haの広大な敷地では、博士ゆかりの植物が3,000種以上も見られる。自然環境と調和した姿で維持する努力は、並大抵ではないでしょう。

Photo_20230919144302

 それぞれの草や木には名札が付けられている。木立の奥の小さな草にまで細かく表示されているのは、驚きを通り越してあきれるぐらい。自然の中の植生はすぐに移り変わっていくハズなのに、名札のある位置にちゃんとある。こまめな維持管理は、まさに牧野博士の植物にかける執念が受け継がれているとしか思えない。

Photo_20230919144303

 緑の中にうずもれたような牧野富太郎記念館 本館や展示館などの施設は、建築家・内藤廣の設計。打ちっぱなしコンクリートに木材を多用した設計が植物園にふさわしい。環境を邪魔せず、周りの自然に融合した素晴らしい建物が回廊で結ばれている。広い園内を巡って次々に現れる豊かな生態系を楽しみ、植物に癒される。

   Photo_20230919151101

 キューガーデンのような大温室には、熱帯ジャングルの珍しい植物がいっぱい。象の鼻に似た太いゾウダケ。人が乗れるオオオニバス。バニラやバナナやいろんな種類のヤシやシダ・・・。牧野植物園はさまざまな展示施設やシアター、植物研究交流センター、レストランやミュージアムショップなどを備えた巨大施設でした。

高知県立 牧野植物園
9:00~17:00 
(年末年始 休園)

| | コメント (0)

2023年9月11日 (月)

恒例のボローニャ絵本原画展

   2023

 西宮市大谷記念美術館で、毎年恒例のボローニャ国際絵本原画展が開催されています。世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」は、1964年に始まり今年で60回目を迎えました。また、このブックフェアでは絵本原画のコンクールが行われており、世界各地の作家が応募している。

  Photo_20230910193301

 今年は91カ国・地域から4,345組の応募があり、日本人5人を含む27カ国の79作家が入選を果たしたそうです。その全入選作品が一堂に会する展覧会がこれ。テーマや色の使い方に、それぞれの国の歴史や文化が現れていてとても興味深い。たとえば動物を主人公にしたお話は多いけれど、その捉え方は実にさまざまです。

Photo_20230910184503

 戦時下の市民生活を描いたウクライナからの作品。ブラジル人作家が写真と刺繡を駆使して水兵を描いた独創的な作品。日本人作家のシャープで力強い切り絵作品などなど。「へえ~、こんな手法があるのか、こんな発想どこから出るんだろう」と驚かされることばかり。毎年この展覧会が来るのを楽しみに待っています。

   Photo_20230910184701

 デジタル技術が飛躍的に進化した現在、技法的には「ミクストメディア」と紹介された作品が多い。だから逆にコラージュや刺繍など、手による作業が見える作品が目立ちます。完成形の絵本になってしまうとわかりにくいのでしょうが、これは原画展なのでアーティストの息づかいまで閉じ込められたかのような濃密な「気」を感じる。

Photo_20230910184502

 アーティストはやりたいことを自由に、そして実験的に行っている感じ。でも子どものための絵本というのはすごく難しい。言葉の助けを極力少なくして表現しなくてはならないからだ。しかも子どもは感受性が豊かで鋭い批評家。気に入らなければ容赦なくスルーする。でも良いものはちゃんと伝わります。いままでも、これからも。

2023 イタリア ボローニャ
国際絵本原画展
2023年8月19日(土)~10月9日(月・祝)
西宮市大谷記念美術館

| | コメント (0)

2023年9月 6日 (水)

漫画家の世界と殺人鬼の世界

   Photo_20230905214401

 漫画家として成功する夢を抱く山城圭吾。いろんな賞に応募しても、いくら出版社に企画を持ち込んでも採用されない。絵の上手さはみんなが認めるのに。長年アシスタントとして仕える師匠からは、「いいヤツだから、悪人が描けないのよ」と言われている。しかし、夢をあきらめる決心をしたその夜、凄惨な殺人現場に遭遇。

Photo_20230905214402

 彼は目に焼き付いた殺人鬼の姿をもとに悪のキャラクターを生み出す。その作品は大ヒットし、いきなり超売れっ子漫画家となっていく。そのキャラクターを主人公にした作品を描いていく山城。やがて彼の描くストーリーに酷似した殺人事件が発生し始めるのだ。血だらけの現場。異常な犯行。とうぜん警察からは疑いを持たれる。

Photo_20230905214403

 フィクションの漫画の世界と、リアルな連続殺人事件。この関係に気づいて秘かに探っている刑事は、警察組織のはぐれモノ。そんな中、得体のしれない殺人鬼が、山城の前に再び姿を見せる。どこから現れるのか、どこへ消えるのか。ダークサイドに潜む影のような存在は、両角と名乗り、「事件はオレたちの共作だ」とうそぶく。

Photo_20230905221001

 ハラハラドキドキ、意外な展開が続く独創的な原案・脚本を書いた長崎尚志。奇妙な恐怖を見事に演出した永井聡監督。創作とモデルとの関係。宗教二世の問題。警察の見込み捜査。さまざまな話題の要素が織り交ぜられて、一級品のサスペンスに仕上がっています。それこそよくできた漫画が原作か、と思ってしまいました。

Photo_20230905220801

 漫画家・山城圭吾を菅田将暉。SEKAI NO OWARIのボーカルFukaseが殺人鬼・両角を演じて俳優デビュー。この2人の交錯をキーに物語は進行する。そして山城の妻を高畑充希。刑事の2人組を小栗旬と中村獅童。それぞれが大事な役どころで持ち味を発揮して、驚きの物語に深みを与えている。(ネタバレしなくて良かった)

| | コメント (0)

2023年9月 1日 (金)

OLの世界は力が全てだ

   Ol_20230831000701

 コスメに、グルメに、オシャレに・・・ごく平凡なOL生活を楽しんでいる直子(永野芽郁)。でも社内ではオモテからは想像もつかない過激な派閥争いが繰り広げられていた。「OLの世界は力が全て! 空前絶後のバトルロワイヤル開幕」というキャッチフレーズの、関和亮監督『地獄の花園』がおもしろい。企画と脚本はバカリズムです。

Photo_20230830155801

 中途採用で入社してきた蘭(広瀬アリス)と、直子はすぐに仲良しになるが。じつは蘭はキレイな顔に似合わずケンカがメチャ強い武闘派。瞬く間に各職場の名だたるリーダーたちを倒し、派閥を統一して頂点に上り詰める。まるで漫画みたい、コミックならそうなるよね、という展開。これで社内に平和が訪れるかと思ったけれど。

Ol

 その噂は近隣の会社にも知れ渡り、いろんな異常なキャラの挑戦者が次から次へとやってくる。そしてケンカと暴言。可愛くゆるいOLが、いざとなったら激しいヤンキーへ変身。この意外なギャップとド迫力のアクションが、スカッと爽快感を感じさせます。しかし最後に現れた強大な敵は、蘭を呼び出すために直子を人質に。
 
Photo_20230830155802

 単身で敵地に乗り込む蘭。さぁこの危機から直子を救えるか。ま、あとの展開はネタバレになるので書きません。このお話、学園ヤンキーもののパロディなんですが、華やかな職場のウラで権力闘争を繰り広げるOLたちという設定が秀逸。しかも血が飛び散るむき出しのバイオレンス。非日常の世界がテンポよく進む。

Photo_20230830155803

 ほかの出演者は、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、勝村政信、松尾諭、丸山智巳、遠藤憲一、小池栄子などなど。ここに名前を挙げた俳優さんたちは全員OL役なんですよ。どんなんやねん、とツッコミを入れたくなりますが。ハチャメチャ ノンストップ コメディ、バカリズムの世界をみなさん楽しんで演じていらっしゃるようです。

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »