« 最悪? 禁断の移籍 | トップページ | 専業主夫のフリータイム »

2022年9月13日 (火)

クールな暗殺者

   Photo_20220912230501
   
 CIA御用達の、秘密の暗殺者集団「シエラ」。”見えない存在”から『グレイマン』と呼ばれる。邪悪な陰謀に巻き込まれ、世界を巡りながらド派手なアクションを繰り広げる男を描く、ルッソ兄弟が監督した作品がおもしろい。主演はライアン・ゴズリング。凶悪な殺人鬼をクリス・エヴァンス、CIAエージェントをアナ・デ・アルマスが好演。

Photo_20220912231001

 殺人事件で服役中のコート・ジェントリーは、CIA管理官にスカウトされ凄腕暗殺者になる。6番目のメンバーだから、コードネームは「シエラ・シックス」。ある一件への関わりからCIA内部の腐敗を知る。幹部の不正を証拠づけるデータを隠したチップを手に入れたことにより、CIAから追われる身に。相手はプロ中のプロだ。

Photo_20220912231002

 始まりはバンコク。それからトルコ、ウイーン、プラハ、クロアチア。ノンストップのアクションが息をつく間もなく続く。カーチェイスはもちろん、崩壊しながら飛ぶ軍用輸送機の中、暴走するトラムの車内など、戦うシチュエーションも新鮮だ。シックスが公園の柵に手錠でつながれ、その場から動けないままのアクションはアイデア抜群。

Photo_20220912231003

 暗殺者とCIAの追手の争いと聞くと、毒薬やナイフやサイレンサーが思い浮かぶのではないでしょうか。でもこの映画は違う。完全装備の軍隊かと見まごう軍団と、重火器を使って壮絶にやり合う。あれ、スパイの世界って、こんなに目立ちまくる市街戦をやったらダメなんじゃないの。なんて心配は、すぐに忘れる爽快さです。 

Photo_20220912231101

 シックスの行動指針は「大切な人を守る」というシンプルなもの。じつは殺人事件は、弟をかばって暴力的な父親を殺したものだった。後半の大きな流れは、親友が育てる心臓病の少女を守る行動。無双の殺人マシーンに仕立て上げられたシックスですが、『レオン』のような優しさと、人間の尊厳をたたえた表情が印象的でした。

|

« 最悪? 禁断の移籍 | トップページ | 専業主夫のフリータイム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最悪? 禁断の移籍 | トップページ | 専業主夫のフリータイム »