« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月29日 (金)

海の未来はダイジョーブ?

  Photo_20220728210601

 『 WITH OCEAN  未来の海を考えよう! 』 大丸神戸店のエスカレーター横 1F広場で、こんなコンセプトのディスプレイが楽しめます。厳しい暑さの中、つかの間の涼を感じる貴重なスポット。地球温暖化や海洋プラスチックごみなどの環境問題を考えて、美しい海を未来に残そうと発信する企画。海辺の町らしい展示です。

Photo_20220728210701

 展示の目玉は、淀川テクニックさんの作品。よく見ると、カラフルな使い捨てライターや電気のプラグでできたサカナ。淀川さんは「瀬戸内国際芸術祭」の『宇野のチヌ』で有名ですよね。ポリバケツや洗剤のプラ容器など、作家がみずから集めた瀬戸内海の漂流物で作った巨大なオブジェ。宇野港の名物になっている。

Photo_20220728210702

 今回の作品は、百貨店の店内というスペースの問題もあって、作品は宇野よりずっと小ぶりです。でも浜辺の石ころで構成したり、海で拾ったガラスを使ったり、それぞれ特徴があっておもしろい。カタチはどれもチヌ。きっといちばんサカナらしいからでしょうね。多くの人が行き交う百貨店での情報発信。とてもいいと思います。

Photo_20220728210602

 下の方はサンゴ礁? えっ、ホンモノ? ダイジョーブなの? はい、きっと環境に悪影響のないモノに違いないと思います。地球温暖化で海水温度が上昇すると、現状あるサンゴは死滅すると言われている。しかし今はサンゴが育たない北の海が生育適地になって、新しいサンゴ礁ができるという。時間はかかりますが・・・。

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

歴史を作った傑作、レオン

   Photo_20220724165801

 もう四半世紀が経ったのか。リュック・ベッソン監督による1994年の名作『レオン』を改めて観てみました。NYの闇の世界を舞台にしたリアルなアクションシーン。主人公の置かれた状況が心に沁みるヒューマンドラマ。孤独な殺し屋レオンと、過酷な生活を送ってきた12歳の少女マチルダの奇妙な純愛物語は、やはり感動的でした。

Photo_20220725094301

 外から帰宅すると家族がみんな惨殺されていた。逃げ場をなくしたマチルダは、同じアパートのレオンの部屋に転がり込む。『スターウォーズ』シリーズや『ブラック・スワン』で名演を見せたナタリー・ポートマン。これが映画初出演です。海外では子役がメチャうまいけれど、こんな難役をここまで見事に演じたのは珍しい。

Photo_20220725094502

 無表情に、機械のように、淡々と正確に殺しをこなすレオン。得体のしれない不気味な男でありながら、観葉植物をいとおしむ意外な一面を持つ。生きる目的もなく寡黙に暮らす男に、大都会NYはよく似合う。ジャン・レノの感情を抑えた表情と演技に、殺し屋の凄みと、哀しみと、優しさがにじみ出る。映画史に残る名演です。

Photo_20220725094303

 復讐のため、無理やりレオンに弟子入りしたマチルダ。覚悟を決めた者の強さか、まだ子どもだけれど筋はいい。教えを守り、実戦を繰り返すうちに、二人の間に深い絆が生まれてくる。命がけの仕事をしているにもかかわらず、平穏で充実した日々。表現は不謹慎かも知れませんが、ある種の秩序とリズムが確立された生活。

Photo_20220725094302

 静穏な均衡は、突如破られる。恨みを晴らすべき敵をマチルダが突き止めたのだ。そして無謀にも一人で悪の本拠に乗り込んでいく。それを知ったレオンの行動は? 壮絶な闘いの果て、二人の運命は? レオンが大切にしていた観葉植物を、鉢から出して土に植え替えるマチルダ。しみじみと心に沁みるラストシーンでした。

Photo_20220725094501

 さすが『グラン・ブルー』のリュック・ベッソン監督。ハリウッドでのデビュー作で、フィルム・ノワールの名作群をさらにパワーアップした傑作を誕生させました。脚本、演出、映像、音楽、どれをとっても素晴らしい。悪と愛の香りが漂う傑作。脇をかためるゲーリー・オールドマンとダニー・アイエロも最高。歴史を作った作品ですね。

| | コメント (0)

2022年7月 8日 (金)

ホテルは仮面舞踏会

   Photo_20220708010201

 遅ればせながら観ました。2019年の大ヒット映画『マスカレード・ホテル』。東野圭吾のベストセラー小説の映画化です。木村拓哉と長澤まさみが、刑事とホテルマン役で主演。衝突しながらも協力して、高級ホテルでの殺人事件を未然に防ぐ。それぞれ仕事のプロとして、プライドをかけて奮闘する姿がおもしろい傑作ミステリー。

Photo_20220708010901

 心浮き立つ軽妙な音楽。懐かしい映像のトーン。お洒落なシーンのつなぎ。みんなサイコーです。ヒッチコックやアガサ・クリスティーの作品を彷彿とさせるテンポとテイスト。お客や従業員など、さまざまな人が行きかうホテルが舞台の、グランドホテル形式。登場人物がとにかく曲者ぞろい。みんな怪しい。みんな犯人に見えてくる。

Photo_20220708011001

 「ホテルは仮面舞踏会のようなところ。誰もマスクを外して素顔を見せようとはしません」。客にとってホテルは実生活から浮いた虚飾の場なのだ。だから華やか。一流のホテルは客が無理難題を吹っかけても、決してNOと言わずに要望を聞く。少なくとも機嫌を損なわずうまく対応する。人生の表も裏も吞み込んで。

Photo_20220708013101

 監督の鈴木雅之。音楽の佐藤直紀。豪華な出演陣の見事な演技。なるほど、大ヒットするのは当然だとナットクです。チェックアウトして出ていく客に、このホテルのフロントマンがかけるひと言が「お気をつけて、行ってらっしゃいませ」。この言葉にもサービス業の極致であるホテルの、深い思いがこもっていたのですね。 

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

山下清を大回想

   Photo_20220701171701
   
 小林桂樹や芦屋雁之助が主演した映画やTVドラマでも有名な『裸の大将』こと山下清。1922年(大正12年)に浅草で生まれ、1971年(昭和46年)に49歳で亡くなっている。今年が生誕100年。ということで、百年目の大回想というサブタイトルで『生誕100年 山下清展』が、いま神戸ファッション美術館で開催されている。

Photo_20220701171301

 山下清といえば「長岡の花火」をはじめとする緻密な貼絵が圧倒的に有名です。今回の展覧会では貼絵はもちろん、鉛筆画、ペン画、油彩、水彩画、版画まで多岐にわたる。大皿や急須や湯吞に絵付けした陶磁器まで展示されているのだ。これまで何度も見てきた天才画家の作品群。こんなにまとまった展示は初めてです。

Photo_20220701202001

 細かくちぎった色紙とコヨリをピースとして貼り合わせる貼絵。それに対してペン画も、やはり点と線で描かれている。貼絵のテクニックは他の画法とも親和性が高かったようだ。油彩の「ぼけ」や「つばき」や「ラッパ水仙」など花の作品も、期せずして後期印象派の画家たちと共通する趣がある。とはいえ本質は自然体です。

Photo_20220701204101

 海外にも行って作品を残している。ロンドンの「タワーブリッジ」や、パリの「エッフェル塔」。コペンハーゲンの「人魚増」やベニスの「ゴンドラ風景」などなど。さすがの観察力、描写力を示している。ただし以前の自由奔放な熱量が、少し落ちているのではないか。つまり、うまくなり過ぎている感じがする。(スミマセン、エラそうで)

   Photo_20220701204801

 有名になるにつれて、絵の先生やマネージャー的な世話係など取り巻きが増えていったのでしょう。善意からの指導やアドバイス。だけども言うならば100%の自分から、他の人の考えやモノの見方が入り込んできたのか。無意識のうちだと思うけれど。でも、そのおかげで『自分の顔』という自画像も生まれたのだから良かった。

   Photo_20220701220901

 昭和7年ごろから絵を描きはじめ、知的障碍児施設の八幡学園で暮らすも、そこを脱走。夏は北へ、冬は南へ、全国を気ままに放浪しながら、記憶に残った旅先での風景を貼絵などで表現。脳出血で生涯を終えるまで、激動の昭和を描き続けた。「今年の花火見物はどこに行こうかな」、が最後の言葉だったと言われている。

100年目の大回想
生誕100年 山下清 展
2022年6月25日(土)~8月28日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »