« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月29日 (水)

イタリアは美味しい学校

   Love-jerato

 ローマ路地裏の絶品マリトッツォ。ばあちゃん秘伝のピスタチオのジェラート。観ているだけでヨダレが垂れそうな、イタリア美味と恋の探求コメディ。一見お気楽な映画ですが、母の秘密と自分のルーツ探しもからめ、堅物アメリカ女子の成長物語としてもなかなか見ごたえがありました。ブランドン・キャンプ監督の『ラブ & ジェラート』。

Photo_20220625102201

 がり勉で世間知らず、ボーイフレンドも作れないリーナ。亡き母との約束で、大学入学直前の夏休みをローマで過ごすことになる。現地で母の旧友から渡された昔の日記。そこには知らなかった母の意外な一面と初めて聞く名前。日記を手掛かりに美しい街と優しい人々に囲まれて、リーナのルーツ探しの冒険が始まる。

Photo_20220625103501

 自分から動き始めることによって生まれるさまざまな出会いと別れ。セレブのパーティやオペラ鑑賞、ローマ庶民の家庭でキッチン修行など、驚きと喜びを初体験することばかり。この辺りは『ローマの休日』にちょっと似ている。二人の若者の間で揺れ動きながら、母の思いが詰まったローマとフィレンツェの街並みを巡る。

Photo_20220625104401

 いろんな困難に立ち向かいながら成長を続けるリーナ。そして母の自分への深い愛を知り、母がいちばん教えたかったのは「自分自身を大切にすること」だと思い至る。美味を知る。恋を学ぶ。前向きに生きる。気持ちが浮き立つワクワク感と、後を引くおいしさ。母の時代も娘の今も、イタリアはまさに人生の学校だ。

3_20220625104801

 この作品が気持ちよかったのは、アメリカ人も、イタリア人も、それぞれの良い面が偏見なく描かれているところ。ともすれば一方的な立場から類型的に表現してしまいがちですからね。本当によくできたイタリア観光プロモーション映画でした。このところのコロナ禍で行けなかったイタリア。そろそろ行きたくなってきました。

| | コメント (0)

2022年6月26日 (日)

願う、信じる、前を向く

   Photo_20220621193801

 お手軽な作り話のようだけれど、実話に基づいた映画だという。2014年、メキシコのロスカボスを舞台にした『ブルーミラクル』。いや~、ホントに奇跡のような出来事があったのだ。資金難でつぶれそうな孤児院を、カジキ釣り大会の優勝賞金で救おうと奮闘する二人の男。予想通りのハッピーエンドですが、素直に拍手を送りました。

Photo_20220621201201

 こんなに見え透いた結末なのに、なぜ感動を覚えるのでしょう。まず、舞台となったメキシコの状況。治安が悪く殺人事件も多発する。親を亡くし住む家も失った子どもたちはストリートチルドレンに。目の前にはクスリや悪事の誘い。生きていくために避けられないのか。こんな孤児たちの面倒を見ているのが、主人公オガール。

Photo_20220621211501

 孤児院カサ・オガールは銀行からも見捨てられ、その存続は風前の灯火。しかも大型ハリケーンに襲われ万事休すか? そんなとき出会った、元腕利きのカジキマグロ漁船の船長ウエイド。考え方も性格も全く違う二人が、ぶつかり合いながらもオンボロ船で3日間の大会に挑む。乗船した孤児たちもみんな個性的。

Photo_20220621202802

 がんばればきっといいことがある。正しい行いをしていれば神さまが願いをかなえてくれる。口では言うが、「本当は人生は不公平なものだ」とみんな分かっている。でもどんなに誘惑に駆られても、ズルをしないし、間違ったことはお断り。しかし奇跡は起こったのだ。最後の最後、彼らは苦闘の末にチョー大物を釣り上げて優勝。

Photo_20220621202801

 主人公オガールを本当の父親のように慕う孤児たちとの強い絆。妻子と疎遠になっているウエイドの悔悟と人生の再出発。二人の人生はもちろん、子どもたちそれぞれが背負う人生も丁寧に描いた、監督・脚本のフリオ・キンタナの手腕は素晴らしい。諦めない努力と熱意が報われたことに、理屈を超えて感動しました。

  Photo_20220621200101

 実話に基づいたこの映画。エンドロールで孤児院カサ・オガールの「その後」も紹介されていた。もちろん無事に存続し、賞金できれいに建て替えられていた。運営するオガールさん夫妻は本当にいい人だから、めでたし、めでたし。なお世界高賞金のカジキマグロ釣り大会 Bisbee's は、今も盛り上がっているようですよ。

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

歌舞伎の赤胴鈴之助

   Photo_20220618113602

 赤胴鈴之助は子供のころラジオドラマで聴いていました。今でも主題歌を歌える。歌詞まで覚えているのには、我ながら驚いた。今朝のことは忘れても、昔の記憶は鮮明。さて前置きはこれくらいで。尾上松也・歌舞伎自主公演『赤胴鈴之助』の映像化作品を、Netflixで観ました。昨年8月、下北沢の本多劇場での舞台です。

Photo_20220618113701

 日本一の剣士を目指す鈴之助は、小さいころからの親友・竜巻雷之進といっしょに江戸へ出る。そこで出会った千葉周作と、その娘さゆり。剣の修業に励みながら、みんなで力を合わせて江戸の町を騒がす鬼面党を退治するというストーリー。絡み合った人間関係。古から続く血の宿命。数々の苦難を克服して邪悪に勝つ!

Photo_20220618113601

 尾上松也演じる赤胴鈴之助が、ついに極めた特技は真空斬り。生田斗真演じる竜巻雷之進が、悪に授けられた秘技は稲妻斬り。その邪悪の根源こそが冥界の王、平将門と娘の瀧夜叉姫。現代(江戸時代)によみがえり街の人々を悪に導びこうとしている。騒動を起こし体制を転覆するのが目的だ。さて親友同士の対決は?

Photo_20220619201901

 主演の尾上松也と生田斗真。じつは高校の同級生で、それ以来続く親友だそうだ。さすがに息ピッタリ、見事な競演。特にジャニーズの生田は、さぞ稽古を頑張ったんだろうなと思わせる出来栄え。セリフも所作も決まりの形も、よくぞここまで!と感心させられた。映像と照明でダイナミックに表現した真空斬りも面白かった。

Photo_20220619202001

 瀧夜叉姫と陽炎大夫の市川蔦之介。千葉周作と平賀源内は澤村國矢など。共演陣も芸達者ぞろい、安心して楽しめる。また和太鼓が舞台中央に置かれ、演奏者の周りで立ち回りをする尾上菊之丞の演出も秀逸。作品の出来栄えもさることながら、何よりも尾上松也と生田斗真の新たな挑戦に拍手を送りたいと思います。

| | コメント (0)

2022年6月20日 (月)

モダニズムのその先は?

2_20220613141201

 前々回にご紹介した藤森先生の「人類の建築の歴史はアメ玉だ」理論。最初のねじれは、自然の石・土・木を使って建築を生み出した時代。そして20世紀のねじれは、工業製品の鉄とガラスとコンクリートを使って生み出したモダニズム建築。「人類は2度、新しい建築を『ゼロ』からつくったんです」と説明する先生。ナットクです。

Photo_20220613141301

 アール・ヌーヴォーをきっかけに、生命の相、鉱物の相、数学の相へと抽象的な深みに向かって掘り下げてきたモダニズム建築。でもこの先はあるのか? 厚い壁より薄い壁。太い柱より細い柱。より軽く、より透明な空間を。これを目指す主要な素材はガラスだ。ガラスは透明ゆえに物体性が弱く、とても抽象性が強い建材。

Photo_20220613141401

 さまざまな建築家がガラスを使ってアイデアとデザインを尽くし、限りなく物体性をゼロに近づける努力をしてきた。しかし完全なゼロにはできない。人間が身体から離脱して精神だけになれないように、建築も物体性から離れることはできないのだ。もしかしたら20世紀モダニズムで、建築の歴史は終わってしまったのか。

Photo_20220613141402

 生命→鉱物→数学と、内なる造形感覚を掘り下げてきた人類。幾何学に基づく抽象的な造形世界のさらに先へ進むためには、物質の限界を離れてより抽象性を高めなければならないのか。果たしてそんなことが可能なのか。21世紀の現在、こんな行き止まり的状況に反逆する建築家も現れてきた。ごくごく少数派ながら。

Photo_20220613141501

  物としての手触りを大切にする。昔の技術を再構築する。あえて歴史を後戻りする。などなど。建築の面白さを追い求めて、バラバラに活動する反逆者たち。もしかしたら人類が経験したことがない未知の建築世界は、こんな周辺の異端者から生まれるのかもしれません。モダニズムのその先。長生きして見てみたいものです。

Photo_20220613152301
   
 人類の建築の起源から現代建築までを、一つの軸で見通す壮大な物語。写真より理解が早い宮沢洋さんの建築イラスト117点がいい仕事をして、藤森照信さんのユニークな理論をわかりやすく簡潔に伝えてくれる。彰国社の『画文でわかる モダニズム建築とは何か』。これを読めば、わずか30分であなたも立派な建築通。

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

モダニズム建築の成立

Photo_20220612201601

 いまは世界のどの都市へ行っても、似たようなビルや集合住宅が並んでいる。鉄とガラスとコンクリートでできた四角い箱に、大きなガラスがはまった建築。インターナショナル・スタイル。日本ではモダニズム建築と呼ぶことが多い。なぜこんな歴史を無視した様式が生まれたか。答えはバウハウスに行き着く、と藤森先生はいう。

Photo_20220612154901

 19世紀の世界は、ヨーロッパの歴史主義建築一色に染め上げられていた。それが20世紀に入ってガラッと変化する。きっかけは19世紀末に現れたアール・ヌーヴォー。強い装飾性は、それまでの歴史主義に似ているかの印象を持たれる。しかし定型化されたルールから自由になって、うねるような曲線を多用する。

Photo_20220612152703

 モチーフとするのは、花や蔓草などの植物や女性の体やトカゲなど。単に目に見える自然を持ち込むのではなく、その奥にある生命(生殖)を扱っている。そして生命の奥にはそれを育む大地=鉱物へと続く。鉱物は結晶でできている。結晶は幾何学、つまり数学だ。数学に国籍はない。地域固有の歴史も関係ない。

Photo_20220612152801

 目に見えない奥の奥の探求。生命の相→鉱物の相→数学の相へと続くこの流れは、アール・デコやデ・スティル、未来派、表現派などを経て、わずか30年でバウハウスに至る。幾何学に基づく構成美。これは皮肉なことに、エジプトに始まりギリシャ、ローマを経て続いたヨーロッパ建築の歴史を自己否定する結果となりました。

Photo_20220612152701

 初代校長グロピウスや3代校長ミース・ファン・デル・ローエがリードしたバウハウス。20世紀を数学の相で捉え、建築を合理主義と機能主義で探求する。科学技術の世紀にふさわしいインターナショナル・スタイルは、またたく間に世界を席捲。現代に至る、というワケ。だから無国籍、どこも共通。では、この先どうなるの?

| | コメント (0)

2022年6月14日 (火)

建築の歴史はアメ玉だ

  Photo_20220611203201

 こんな本を待っていた! 建築史家・建築家の藤森照信と画文家の宮沢洋が組んで出版された『画文でわかる モダニズム建築とは何か』(彰国社)が、メチャおもしろい。石器時代の住まいから現代建築までを概観する、藤森照信先生のユニークな建築史。そのキモを簡潔な文とイラストで分かりやすく説いてくれる。

Photo_20220611203301

 まずは建築の歴史から。【1歩目】石器時代、世界はどこも共通で、円形の家に住み、見晴らしのいい場所に柱を立て祈っていた。【2歩目】青銅器時代に出現したメソポタミヤやエジプトの古代文明。建築はいくつかに分かれて巾を持つようになる。【3歩目】大宗教の時代、各地で多様な建築文化が花開き、その巾は最大に。

Photo_20220611204401

 【4歩目】大航海時代にはアフリカとアメリカの固有な建築文化は亡び、多様性は減退に傾く。【5歩目】産業革命の時代に入ると、アジアのほとんどの国でも固有性が衰退。【6歩目】20世紀モダニズム建築によって、ヨーロッパも固有性を失い、世界は再び一つになった。パリも東京もメキシコシティも北京も、似たようなビルばかり。

Photo_20220611203302

 藤森先生は言う。「改めて第1歩から振り返ると、人類の建築の歴史は面白い姿をしていることに気づく。細長いアメ玉を紙で包んで両端をねじったような形なのである」。一つから始まり、多様にふくらみ、また一つへ。約1万年にして振出しに戻ったのだ。では、鉄とガラスとコンクリートで作られた四角い箱、モダニズム建築とは?

| | コメント (0)

2022年6月11日 (土)

絶景! 五色塚古墳

Photo_20220609231001

 神戸市の垂水、淡路島を望む高台にある五色塚古墳。4世紀の終わりごろ築かれた全長194m 直径125.5mの前方後円墳です。九州や大陸からヤマトへ来る人々は船でこの沖を進んだはず。さぞ目立ったことでしょう。古墳は墓ですが、権威を誇示する象徴としての役割も大きい。当時を復元したCG画像もご紹介しましょう。

Photo_20220609234101

 この丘の下、海岸沿いの狭いところをJR神戸線と山陽電車と国道2号線が走る。そして周囲はマンションや住宅が取り囲む住宅街に。被葬者は謎ですが、明石海峡周辺を支配した豪族だと考えられている。日本書紀には「仲哀天皇の偽の墓で、葺石は淡路島から船で運んできた」と書かれているが、この記述は怪しいそうだ。

Photo_20220609231701

 古墳って樹々に覆われた緑の小山、というイメージですよね。ところが五色塚古墳はなんと223万個ものゴロゴロ石が敷き詰められた見慣れないカタチ。なんか整然とした幾何学的な美しさ。石を積み上げたピラミッドに通じるところがあります。自然的なモノではなく人工的な建造物。考えてみれば当たり前のことに気付かされる。

   Photo_20220610001501

 発掘調査と復元整備工事が完了したのは1975年のこと。古墳は三段に築かれ、斜面にはびっしりと葺石が。格段の平坦面と頂上には鰭付円筒埴輪(ひれつきえんとうはにわ)と鰭付朝顔形埴輪(ひれつきあさがおはにわ)が並べられていたという。兵士や馬や家形の埴輪じゃないけれど、もっと実用的な役割があったのかも。

Photo_20220610002701

 周囲を深い堀と浅い溝で二重に囲われた五色塚古墳。宮内庁管轄の陵墓と違って、自由に見学できるのがいい。階段を昇り、上を歩いて、そのスケールの大きさを体感できる。兵庫県有数のパワースポットであると同時に、明石海峡大橋や淡路島を眺める絶好のビューポイントでもあります。もうすぐイベントもあるみたい。

五色塚古墳まつり2022
6月18日(土)10:00~15:30(雨天中止)

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

光をにぎった二人

   Photo_20220607102901
 ドラマチックな展開もなく物静かに時間が進む、映画『わたしは光をにぎっている』。そう書けば、すぐに寝てしまいそうと思われるかもしれません。しかし一時も目が離せない、心に沁みわたる作品でした。田舎育ちの引っ込み思案な娘が、東京へ出てきて、自分の居場所を見つける物語。監督は中川龍太郎。主演は松本穂香。

Photo_20220607104101

 中川監督の構成、演出力。松本穂香のウソのない演技。この二人は日本映画界にとって大きな発見です。美しい映像でつづられる成長物語。前を向いてしゃんと生きていく人間の強さ、人間のやさしさが気持ちいい。明治から大正にかけての詩人、山村暮鳥の『自分は光をにぎってゐる』を根幹に据えた構成が見事です。

Photo_20220607104201

        自分は光をにぎつてゐる
        いまもいまとてにぎつてゐる
        而もをりをりは考へる
        此の掌をあけてみたら
        からつぽではあるまいか
        からつぽであつたらどうしよう

Photo_20220607104102

 早くに両親を亡くした主人公・澪。祖母に育てられてきたが、祖母の入院を機に亡き父の親友を頼って上京。彼が営む銭湯に居候することに。慣れない都会で、スーパーのアルバイトさえまともに務まらない澪。「目の前のできることから、ひとつずつ」という祖母の電話に励まされ、変わり始める。銭湯の手伝いを始めるのだ。

Photo_20220607104104

        けれど自分はにぎつてゐる
        いよいよしつかり握るのだ
        あんな烈しい暴風の中で
        掴んだひかりだ
        はなすものか
        どんなことがあっても
        おゝ石になれ、拳

Photo_20220607104202

 やっと見つけた自分の居場所。と思ったら都市再開発計画で、銭湯がなくなるという。馴染み始めたこの街もなくなるのだ。しかし自分の足で歩き始めた澪は、目標もやりがいもなかった以前の澪ではない。「最後までしゃんとやりましょう」と、周りを巻き込んで驚きの行動へ。消え行く街と、そこに生きる多くの暮らし。

Photo_20220607104301

        此の生きのくるしみ
        くるしければくるしいほど
        自分は光をにぎりしめる  

 しっかりとした意志と、強い覚悟を持って、自分を信じて生きていく。これが自立ということか。過去でもなく、未来でもなく、今を生きる覚悟。難しそうですが、「見る目と聞く耳があれば、大丈夫」と勇気をくれる。じわっと湧いてくる感動に久しぶりに出会いました。  

| | コメント (0)

2022年6月 5日 (日)

美味しい料理とガンコ者

   Photo_20220604133601

 オーナーの命令でセラピーに通わされているケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、マンハッタンにある高級レストランの凄腕料理長。スコット・ヒックス監督による『幸せのレシピ』は、豪華な食材と美味しそうな料理があふれる厨房を舞台にしたロマンチック・コメディです。いい香りと立ちのぼる湯気まで感じられます。

Photo_20220604192701

 自分にも他人にも厳しい完璧主義者のケイトは、部下とのコミュニケーションは悪いし、客とケンカをするしで、困った人なのです。誰に対しても心を開けないケイト。セラピーは必要です。いくら料理の達人でも、お友達にはしたくないタイプ。そんな彼女のもとへ、突然の交通事故で亡くなった姉の娘、9歳のゾーイがやってくる。

Photo_20220604192801

 さあ大変。姪の引っ越しや、小学校の転校。子どもとの付き合い方が分からない彼女は大苦戦。数日ぶりに店に出てみると、知らないシェフがいる⁉ オーナーを問いただすと、新たに雇った副料理長だという。名前はニック。イタリアンの名手だった。頑固で神経質なケイトと違って、彼は陽気で社交的。まるで正反対の二人です。

Photo_20220604194102

 何もかもが気に入らないケイトですが、料理は超一流。うずら、フォアグラ、ロブスター、舌平目、ムール貝、ヤギのチーズ、ラムラック、手長エビ、鴨、スズキ、黒と白のトリュフなど厳選した材料。テリーヌ、カルパッチョ、ビスク、タルタルステーキと、考え抜かれたメニューはゆるぎない。絶品サフランソースの隠し味にはコブミカン。

Photo_20220604195801

 反感を募らせるケイトですが、おおらかなニックに徐々に心を開いていく。そして、あれよあれよという間にハッピーエンド。ゾーイも、ケイトも、ニックも、みんなが幸せになるレシピがありました。ちょっとイージー過ぎるストーリー展開ですが、まぁいいか。お店のスタッフ全員で賄を食べるシーンもグッド。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

ウニの殻、シカの皮

Photo_20220529221601

 いろんなジャンルの作品が用と美を競う松本クラフトフェア。作品を展示するテントもアイデアにあふれています。個人的に一等賞は、おとぎの国から抜け出たような可愛いテント。いやテントと呼ぶにはあまりに立派。小さなキオスクのスタンドか、交通整理のポリスボックスか。ここまで作り上げるとこれ自体が立派なアートです。

Soara

 これは小林創新(soara)さんが作品を展示するためのステージです。一つ一つ色や形が違うウニの殻に木製の台をつけたメルヘンチックなランプを、周囲の壁面に麗しく展示。室内には小林さんが入っていて、小窓を開けて説明と販売をしてくれる。そうだ、劇場や博物館の切符売り場でのやり取りのようだ。おもしろい。

Photo_20220529194603

 山元規子(卵工房)さんの繊細な磁器も素晴らしかった。薄い薄いパーツを貼り合わせて焼いたのか、サンゴ礁のような海綿のような不思議なオブジェ。テント越しの淡い光が効果的で、水底で揺らめいている感覚になる。見せ方って重要ですね。中村圭(Kei Nakamura)さんの竹クラフトも、素材の活かし方が斬新でした。

Photo_20220529194602

 石黒幹朗さん(uun)さんの作品は、石か粘土で作ったような謎の球体。大きさも、色も、模様も、微妙に違う。じつはシカの皮で作った照明器具だそうだ。だからその違いは1頭ごとの個性のあらわれ。皮革だからといってバッグや財布やジャケットや作らなくてもいいわけですが、この球体はインパクト大。驚きました。

Photo_20220530094101

 カラフルな陶の土台に鳥や花の鋳物が載せられた、本山ひろ子さんの作品も印象に残りました。どんな技なのか、遺跡から掘り出されたような質感が見事。山崎雄一さんのガラス器も、まるで古代ペルシャの遺物。どちらも何百年ものエージングを感じさせる手法が新しい。見どころいっぱいの松本クラフトフェアでした。

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »