« 時間について考える | トップページ | 戦場の臨場感がスゴイ »

2022年5月20日 (金)

「奇妙」と「普通」の境界線

   Photo_20220518145101
   
 世界は奇妙なモノにあふれてる。しかしそれらは我々にとっては奇妙でも、現地では普通だったりもする。文化、風習、建物、自然に至るまで。古代の遺跡から現代の遊園地まで。多種多様で驚きに満ちた光景を見せてくれる写真作品の展覧会が、西宮市大谷記念美術館で開催されている。『佐藤健寿展 奇界/世界』。

Photo_20220518111701

 では「奇妙」って何だろう。海水浴客でにぎわうビーチのすぐ上を飛ぶジェット旅客機。こんなに低かったら危ない!と思いますよね。でもよく見ると浜辺で遊ぶ人たちがみんな飛行機に手を振っている。異常ではなく日常。ここでは「普通」のことなのだ。58カ国で撮影された作品からは、人間の営みのおかしみが伝わってくる。

Photo_20220518113502

 「奇妙」と「普通」の境界線は、時代によって、場所によって、人によって、それぞれ違う相対的な基準。その「境界」は未知なるものを目にするたびに、揺らぎ、拡がり、新たに線引きされる。展覧会場で出会う謎だらけのキッチュやグロテスク。これらを目にした後は、間違いなく「こちら側」が拡がったと感じるハズだ。

Photo_20220518145401

 UFOやネッシーや雪男。ピラミッドの秘密やナスカの地上絵。1978年生まれの佐藤健寿は、80~90年代に流行ったそんな怪奇現象や不思議を集めたオカルトTV番組を見て育ったという。そして20年間にわたり、興味と好奇心のおもむくままに地球を旅し、理解を超えた異文化をカメラで記録してきた。その情熱も普通じゃない?

   Photo_20220518145501

 ドキッとしたのが軍艦島の朽ち果てた建物の写真。毎日のようにニュースで目にするミサイル攻撃されたウクライナのビルにそっくりなのだ。ショック。それって想像力がぐんとブラッシュアップされたってこと? まさか彼もここまでは予想しなかったでしょう。人が新奇を知るごとに『奇界』は『日常の世界』に浸食されていく。

Photo_20220518151001

 彼は会場のあいさつで書いている。~「奇界遺産」というテーマで長い旅をしてきて今思うことは、この世界に「奇妙なもの」はそもそも存在しないのではないか、という逆説だった。それはただ私たちが考える「普通」の「境界」の外側にあるが故に、そう感じるに過ぎない。~  もう安直に「普通」という言葉は使えなくなりました。

佐藤健寿展 奇界/世界
2022年4月2日(土)~6月5日(日)
西宮市大谷記念美術館

|

« 時間について考える | トップページ | 戦場の臨場感がスゴイ »

展覧会情報[2022]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間について考える | トップページ | 戦場の臨場感がスゴイ »