« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月29日 (金)

誰が天才を評価する?

    Photo_20220428201301   

 若き天才たちが集う国際ピアノコンクールを舞台に、それぞれが葛藤し、困難を乗り越え、成長する姿を描く『蜜蜂と遠雷』。恩田陸の原作は直木賞と本屋大賞をダブル受賞したチョー話題作です。同じ楽譜を演奏しても音楽として大きな差異が出るクラシック。その奥深い魅力を文章で表現できるか、の挑戦でもありました。

Photo_20220428101901

 言葉で音楽を伝える小説に対し、音そのものでピアノ演奏技術や曲の解釈を伝えられる映画。だから音楽をテーマにした物語は映画向きかと思ったけれど、逆に難しいのかもしれない。なぜなら観客の耳や理解力を大前提とするからだ。監督・脚本の石川慶がかつての天才少女を主人公にしたのはそんな理由かもしれない。

Photo_20220428102001

 既成のクラシック音楽界を破壊する可能性を秘めた、謎の野生児が奏でる奔放な音楽こそ原作では第一のテーマです。しかし映画では、13歳で姿を消した天才が7年ぶりに表舞台に復帰する姿がメインとなった。彼女の秘密と、それを克服して成長する人間ドラマ。映画的にはこのほうがおもしろくて成功していると思います。

Photo_20220428202201

 気持ちがいいのは、熾烈なコンペティションという状況でありながら、みんなが仲良しだということ。お互い刺激し合い、助け合い、高め合いながら、一次審査、二次審査、本戦へと臨む。近年『羊と鋼の森』やアニメの『ピアノの森』、ショパンコンクールでの快挙など、いろんなカタチでピアノ演奏への話題が増えている。

Photo_20220428205301

 それにつれて注目されるのは、天賦の才能とそれを引き出し育てるシステム。ピアノ教師、音楽大学、国際コンクールと審査員など、既成の音楽界でそれが可能なのか。それは音楽に限らず、スポーツの世界でも常に問題提起されること。新たに出現した天才の評価は難しい。残念ながら評価する側は天才ではないのだから。

| | コメント (0)

2022年4月26日 (火)

おもしろキュビズム空間

Photo_20220416134701

 横尾忠則現代美術館の4階。アーカイブルームの奥、王子公園や摩耶山を望む窓際に「キュミラズム・トゥ・アオタニ Cu -mirror- ism to Aotani」という横尾忠則さん命名のスペースがある。キュミラズムはキュビズムとミラーを組み合わせた造語で、建築家の武松幸治が監修しました。どこまでが実像なのか、自分がどこにいるのか?

Photo_20220416135201

 窓の外に広がるのは摩耶山麓の風景。ここ青谷は横尾さんが新婚当時に住んでいた思い出の場所だそうだ。山や公園の緑、空の青、神戸文学館のレンガの赤。たくさんの色や景色の断片に包まれて、重力の意識があいまいになる。平衡感覚が崩れて、宙に浮かんだような不思議な体験。これも遊びの原点かもしれない。

Photo_20220416135401

 窓から見える青谷の風景が、ランダムに角度の付いた不定形ミラーに映り込む。天井や床に貼られた三角形にカットされた風景写真が、万華鏡のようにまた映り込む。窓の外と、床などのプリントと、ミラーの鏡像と。横尾夫妻が3年間暮らした街を、いろんな視点から多面的に立体的に目にできる。これこそがキュビズムです。

Photo_20220416140801

 以前プラハにある世界的に有名なキュビズム建築のカフェでお茶したことがありますが、これほど衝撃は受けなかった。もちろん第一次大戦前の建築で、しかも店舗や住居などとして実際に使われるビル。床や壁が歪み傾きまくっていたら、実用にはならないですからね。アート体験のためのスペースとは比較できませんが・・・。

Photo_20220416204101

 イメージの解体・再構成。これは昔から横尾忠則が得意としてきたコラージュの手法。キュビズムが視覚の探求から生まれたのに対し、横尾コラージュはさまざまなモチーフが持つイメージの再構成。だから鑑賞者の遊び心をより刺激する。ここキュミラズムも、スペースの内と外の視覚のみならず、思い出も再構成している。

  Photo_20220416211401

 横尾さんがまだ広告デザイナーだった頃の青谷。芸術家として大成し自分の名前を冠した美術館にできたスペース。60年の歳月を経たいま、風景も、思い出も、時間も、解体し再構成したコラージュ作品。ただ面白いだけの視覚の冒険にとどまらず、深い意味を汲みとれる表現になっていると思います。

キュミラズム・トゥ・アオタニ 
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

音楽とダンスと奇跡

  Photo_20220421202901

 ラップ、R & B、カリビアンミュージック・・・音の洪水に乗ってキレッキレのダンスが荒波のように押し寄せる。圧巻のミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ(In the Heights)』は、NYの片隅にある街ワシントンハイツを舞台に若者たちが夢に向かって進む物語。トニー賞4冠のブロードウェイミュージカルを、ジョン・M・チュウ監督が映画化。

Photo_20220421204001

 ここはドミニカやプエルトリコやメキシコからやって来た移民が、祖国を遠く離れて暮らす街。このワシントンハイツで歌とダンスに明け暮れる陽気な人々も、貧困や差別など厳しい現実に直面している。そして時代の変化に取り残され、徐々に住む場所も奪われていくことに。この地で住み続けるか? 別のどこかで夢を追うか? 

Photo_20220421211701

 この街で育ったウスナビ(アンソニー・ラモス)、バネッサ(メリッサ・バレラ)、ベニー(コーリー・ホーキンズ)、ニーナ(レスリー・グレイス)の4人の若者たち。それぞれ悩みを抱え、つまづきながらも夢に向かって歩んでいる。そんな時に起こったのが真夏の夜のNY大停電。ここから彼らの運命が大きく動き出す。

Photo_20220421211801

 さてもう一人の主要プレーヤーが、街のみんなを支えるお母さん役ともいうべきアブエラ。ハイツを長年にわたって見てきたキューバ出身の老女です。彼女はこのストーリーでとても大きな役割を果たすのですが、これを知ってしまうと観る楽しみが半減するので書きません。物語の展開にはこんな存在が大切ですよね。 

Photo_20220421211901

 原作、作詞、作曲など、すべてを創作したリン=マニュエル・ミランダ。すごい才人です。彼はプエルトリコ移民の息子で実際にワシントンハイツに住んでいたという。25歳のときに執筆したこの物語には、当時の街のリアリティと彼自身の感傷がこもっている。そしてアッと驚く奇跡のようなラスト。天才の手腕に感動しました。 

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

朦朧体と呼ぶスタイル

Photo_20220415110201

 自由にうねる線。輪郭の揺らぎ。軽やかな色使い。『横尾忠則 寒山拾得への道』展に出品された最新のシリーズは、横尾さん自身が「朦朧体」と呼ぶ新しいスタイルで描かれている。アプローチはまったく異なるが、見た目は後期印象派に近く感じる。テーマの捉え方やモチーフの混合はシュールレアリスムに近いのだが。

Photo_20220415110102

 もともと横尾さんはあらゆる手法や様式を自在に取り入れ、しかもそれらに縛られることがない。変化を恐れず常に前進。新しいスタイルを生み出した、と思ったらもう次の地平を目指している。この朦朧体も、近年患っている難聴と腱鞘炎がもたらした身体的な感覚の変化から出現した描画スタイル。ケガの功名、と言えば失礼か。

Photo_20220415110301

 同じモチーフが何度もしつこくあらわれるのも横尾ワールドの特徴の一つ。「Forward to the Past (過去への前進)」とサブタイトルにあるように、過去にも出てきたモチーフを現在の眼でどう新作に表現したか。3階会場にはこんな視点で選ばれた過去の作品も20点ほど展示されているので、見比べると興味深い。

Photo_20220415110203

 たとえ身体が思うように動かなくなっても、限られた条件で表現できる道を模索する。創造への尽きることのない情熱に突き動かされた、どこまでも続く格闘。鬼気迫る執念。それがアーティストの宿命。芸術家の人生とは終わりのない旅なのでしょう。ふとマチスの晩年や、左手だけのピアニストを思い浮かべました。

  Photo_20220415111801

 でも、こんな感傷的な考えを吹き飛ばすのが、会場に流れるBGM『夕陽のガンマン』。常識的なモノの見方や、凡人の浅知恵など、クソくらえ! 人間や世界の本質からはほど遠いヒトやコト、本来の意味を見失った社会慣習や儀式。横尾忠則はアートの自由を妨げるすべてに、決闘を挑む気概で前進し続けているのだ。

Forward to the Past
横尾忠則 寒山拾得への道
2022年4月9日(土)~7月18日(月・祝)
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

寒山拾得とは?

  Photo_20220413132601

 外出もままならないコロナ禍、アトリエにこもってひたすら絵を描いた横尾忠則さん。新作のモチーフは「寒山拾得」。なんだコレ? 知りませんでしたが、昔の人の名前だそうです。寒山(かんざん)と拾得(じっとく)は、奇妙な風貌と奇行で名を遺した唐の時代の二人の禅僧。じつは文殊菩薩と普賢菩薩の化身だったという伝説が。

Photo_20220414093801

 書き残した多くの詩も禅の境地を示しているとされ、彼らの姿は水墨画の画材としても好まれた。日本では尾形光琳、円山応挙、曾我蕭白らが、文学では森鴎外、坪内逍遥、芥川龍之介、井伏鱒二など、多くの作品で取り上げられてきた。乞食のような恰好をした寒山と、禅寺の食事係や掃除夫をしていた拾得。

  2_20220414142601  

 横尾版の寒山拾得シリーズでは、寒山は経典の巻物ではなくトイレットペーパーと、拾得は箒ではなく電気掃除機といっしょに描かれる。超俗。軽妙。いたずら好き。何事も笑い飛ばす大きな生き方が、常識を超えた自由な存在として現代によみがえっている。横尾さんが2人の奇人に強く共感する気持ちがあらわれています。

Photo_20220414142801

 そして何よりもスゴイのは、もう85歳を超えた横尾さんの創作エネルギー。世界中がコロナに苦しんでいた2~3年で、油彩やアクリルで43点もの大作を描き上げるなんて。もう圧倒されました。質、量ともに充実した最新作の数々。横尾忠則現代美術館の開館10周年を記念するにふさわしい圧巻の展覧会です。

Forward to the Past
横尾忠則 寒山拾得への道
2022年4月9日(土)~7月18日(月・祝)
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

なぎさ公園アート散歩

Photo_20220408215301

 高さ3.5m、ヌッと立ち上がる金色のクマ。三沢厚彦の「Animal 2021-01-B (KOBE Bear)」です。人間に媚を売らない毅然とした姿が持ち味の三沢が作る動物。それでいてどこか愛嬌がある。神々しさもある。瞳には六甲山の緑と空の青が映り込んでいるそうだ。ここはHAT神戸。兵庫県立美術館に隣接する、なぎさ公園です。

Photo_20220408215401

 名和晃平の白く輝く「Ether (family)」もある。エーテル。下から上に、上から下に、水滴が垂れるイメージ? 4本の柱は、たしかに4人家族に見える。「復興した街を見守る家族のように、互いに寄り添って立っています」と作家の言葉。この2作品は昨年6月に設置されました。このあたり一帯は、春のアート散歩にサイコー。

  Sungirl

 美術館の前には海に向かって、ヤノベ ケンジの「Sun Sister」。過去、現在、未来を見つめ、希望の象徴としての「輝く太陽」を手に持つ少女。阪神・淡路大震災から20年のモニュメントとして設置されました。瀬戸内国際芸術祭での活躍をはじめ、大阪中之島美術館にも2点の大作が設置され、いま大人気のヤノベです。

Photo_20220408232501

 元永定正の「きいろとぶるう」。以前はシンプル過ぎるオブジェだなぁと思っていました。でも今見ると、ウクライナにエールを送っているように見えるじゃないですか。国民が支え合って、力を合わせて残虐な敵に立ち向かう。作品は時に作家の思いを超えて、独り歩きを始める。気楽で自由な、ぶらぶらアート巡り。サイコー!

| | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

るろうに剣心、誕生秘話

   Photo_20220410114903

 「あの人は、わたしの幸せを奪った人。そして、もうひとつの幸せをくれた人。あの人は、これから先も人を斬り、けれどさらにその先、斬った数より大勢の人を必ず守る。ここで決して死なせてはならない。わたしが必ず 命に代えても 守る」。日記に綴られた巴の想い、剣心への愛。人気アクション時代劇シリーズ、締めの傑作。

Photo_20220410114901

 和月信宏『るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―』を原作に、大友啓史監督が作ったシリーズ5作目の作品が『るろうに剣心 最終章 The Biginning 』です。これは緋村剣心(佐藤健)と、雪代巴(有村架純)の切ない悲恋の物語。時代は動乱の幕末。黒船襲来に始まり、勤王派と佐幕派の激しい争い、鳥羽・伏見の戦いまでを描く。

Photo_20220410114801 
 目にもとまらぬ速さで繰り広げられる殺陣で、日本の時代劇アクションを革新した『るろうに剣心』シリーズ。マトリックスのような衝撃でした。スピーディかつ意外な展開で惹きつける一方、主人公の人間の核がわからなかった。彼の行動原理である「不殺の誓い」。左頬の十文字の切り傷の意味。それらが今作で明らかになる。

Photo_20220410115001

 全5作の最後。しかしながら、舞台となる時代はいちばん古い。時系列を逆転させることにより深まるドラマ性。心の奥底まで寄り添った見事な人間描写。ヒットしたからオマケで作りました感はまったくない。スターウォーズと同じく、時間をさかのぼった先に見える真実。その驚きと謎が解けた満足。うまい構成だ。

Photo_20220410114802

 「新時代を開くため」など高い志があれば、小さな何かが犠牲になってもいいのか、という永遠の問いがテーマでもある今作。時代のうねりに翻弄される人々にとって、真実の幸せとは? 佐藤直紀の音楽とONE OK ROCKの主題歌も、近代日本を築いた影の人たちの営みを浮かび上がらせるのに、とても効果的でした。

| | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

現代アートは難解だ

   Photo_20220407202801

 ミニマル・アートとコンセプチュアル・アート。「現代アートって分からない」と、よく言われるのはこの2つのセイです。兵庫県立美術館で開催中の『Minimal ミニマル / コンセプチュアル Conceptual』は、この難解な美術ムーブメントについての展覧会なのです。一切の飾りを配した美? 作品になる以前のアイデアを重視?

Photo_20220407205501

 1967年、ドイツのデュッセルドルフにギャラリーを開いたドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻は、時代の最先端をいく世界のアート動向を紹介していた。この展覧会では、彼らのコレクションや個展を開いた作家たちとの書簡や指示書、ドローイングなど貴重な資料を中心に、約150点の展示を鑑賞することができる。

2_20220407203201

 作家の手仕事を廃して、シンプルで幾何学的なカタチの反復から作品を制作。手の痕跡をなくすために工業用素材や既製品を活用する。毎日ハガキを書いて何年間も知人たちに送り続ける。アート=芸術の変革。カール・アンドレやソル・ルウィットの立体、河原温の行為、ベルント&ヒラ・ベッヒャーの写真作品がおもしろい。

Photo_20220407215801

 作品制作の指示書を送り、展覧会場の近くで作品を作ってもらう。それらは従来の美術作品の定義や画家や彫刻家などといった作家の要件に縛られず、アートの可能性を大きく拡げることに。これら1960年代からの潮流はその後のアート界に大きな影響を与えた。作品の作り方、展示方法と場所、なにより作品そのものの質。

Photo_20220407205901

 ゲルハルト・リヒター。ブルース・ナウマン。ヤン・ディベッツ。ギルバート&ジョージなどなど。そうそうたるビッグネームの仕事ぶりが楽しめる。現代アート嫌いをつくった犯人でもあるミニマル・アートとコンセプチュアル・アート。しかし今のアートシーンの生みの親であるのは間違いないでしょう。この展覧会を観ると実感できます。

Minimal ミニマル / コンセプチュアル Conceptual
ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術
2022年3月26日(土)~5月29日(日)
兵庫県立美術館

| | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

輝くスターの光と影

   Photo_20220401224401

 2020年のアカデミー賞主演女優賞は、『ジュディ 虹の彼方に』のレネー・ゼルウィガーでした。ミュージカル映画の女王としてハリウッドに君臨したジュディ・ガーランド。47歳で急逝した彼女、その半年前のロンドン公演の日々を鮮烈に描いた伝記ドラマです。苦悩も喜びも凝縮されたロンドンのジュディは、破滅的で感動的でした。

Photo_20220401224502

 圧倒的なカリスマ性で人々を魅了した偉大なスター。しかし奔放な生きざまゆえに社会からたたかれ、仕事のオファーが途絶えることになる。住む家もなく、借金も膨らむばかり。彼女は幼い娘と息子との安定した生活のため、起死回生を願って1968年ロンドン公演へ。知らない街。新しいスタッフ。ストレスは高まるばかり。

Photo_20220401224601

 『オズの魔法使』に大抜擢されて一躍人気スターになったジュディ・ガーランド。出演する作品が次々ヒットするが、所属映画会社からは厳しいダイエットを強制され、神経症と薬物中毒で自殺未遂や入退院を繰り返す。子役としてスタジオに入り浸り。社会教育の機会もない育ちと、遅刻や無断欠勤や乱脈生活の関係は?

Photo_20220401224501

 寝る間もないハードなスケジュールに苦しむ子役時代。その苦悩がトラウマとなってよみがえる毎日。ルパート・グールド監督は、若き日のいろんなエピソードをフラッシュバックすることにより、異常だけれど愛すべき人格形成を的確に表現している。この複雑な波乱に満ちたキャラクターの名演は、主演女優賞に相応しい。

Photo_20220402012401

 あまりにも若くして才能を開花することによるヒズミ。若きスターの栄光からの没落。映画や音楽の分野に限らず、スポーツの分野でもよく見かけることです。早熟の天才。燃え尽き症候群。でも彼らはみんな個別の人生を真剣に生きた結果。それぞれかけがえのない人生なのだ。ただし光が強ければ強いほど、その影は濃く見える。

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »