« 西洋絵画、500年の歴史 | トップページ | まわり全員みんな殺し屋 »

2022年1月13日 (木)

THE METの運営のヒミツ

   Photo_20220108223101   

 フェルメールの『信仰の寓意』〈Allegory of the Catholic Faith〉には、The Friedsam Collection, Bequest of Michael Friedsam, 1931 
とキャプションがついている。一方、レンブラントの『フローラ』〈Flora〉には、Gift of Archer M.Huntington, in memory of his father, Collis Potter Huntington, 1926 と。それが何か?でしょ。

  Photo_20220108223102

 実業家や資産家、芸術家などの市民によって1870年に創立されたメトロポリタン美術館。じつはこの人たちから寄贈された作品で成り立っているのです。上記フェルメールの作品はBequest(遺贈)、レンブラントはGift(贈与)。つまり死後に贈られたものと、生前に贈られたもの。展示する場合は必ず表記する取り決めなのでしょう。

Photo_20220108223201

 でも驚くのは外国での展覧会まで徹底されていること。さすが契約の国アメリカ、キチッとしています。セザンヌの『リンゴと洋ナシのある静物』〈Still Life with Apples and Pears〉は1960年のBequestだし、モネの『睡蓮』〈Water Lilies〉は1983年のGiftです。150年以上の歴史でこのように増え続けた所蔵作品は150万点。へぇー、でしょ。

Photo_20220108223202

 THE METはお金も意識も豊かさの象徴、みんなでつくるオラが美術館なのだ。相続税や贈与税など税制の違いと、寄付文化の成熟度は羨ましい。作品を寄贈できない一般市民もサポート会員になって盛り立てる。会員募集も入口の一番目立つところで大々的に。初めてのとき「えっ、またお金取られるの?」。 お恥ずかしい。

メトロポリタン美術館展
 ー西洋絵画の500年ー
~2022年1月16日(日)まで
大阪市立美術館

|

« 西洋絵画、500年の歴史 | トップページ | まわり全員みんな殺し屋 »

展覧会情報[2022]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西洋絵画、500年の歴史 | トップページ | まわり全員みんな殺し屋 »