« ネパールの名誉を賭けて | トップページ | ギャップが生むオカシミ »

2022年1月24日 (月)

秘密のチョコレート工場へ

   Photo_20220123154701

 色彩、造形、毒舌、ユーモア、優しさ、そして過去の名作へのオマージュ。ティム・バートン監督の美学と世界観がすべて詰まった2005年の名作ファンタジーが『チャーリーとチョコレート工場』。原作は大好きな「あなたに似た人」を書いた才人ドアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」(田村隆一訳 評論社)です。

Photo_20220123154702

 有名チョコレート会社が秘密の工場に子どもたちを招待するキャンペーンを始めた。包装内に隠されたゴールドチケットをめぐって大騒動が勃発。当たり券は世界でたった5枚。バートン作品には不可欠のジョニー・デップが天才ショコラティエで工場主のウィリー・ウォンカ役。素直な少年チャーリーをフレディ・ハイモアが演じる。

Photo_20220123154803

 招待された工場の内部は想像を絶するものばかり。スイーツ好きにはたまらないお菓子の森にチョコレートの池。謎の小人や勤勉に働くリス。超ハイテク機械や瞬間移動エレベーター。ワクワクするけどヘンテコな、ちょっぴりホラーなワンダーランドを楽しむ見学ツアーです。工場主のウィリーは驚くみんなを見て上機嫌。

Photo_20220123154703

 この招待では1人だけに特別賞が与えられることになっている。大食いの子、自信過剰の子、わがままな子、傲慢な子、みんな次々に脱落していく。最後に残ったのは貧しい家庭で健気に生きるチャーリー。5人の中でいちばん存在感の薄い内気な少年だったのに。自己主張が強くないから逆に良かったのかもしれないね。

Photo_20220123154802

 金持ちだけど厳格過ぎる父に育てられた工場主ウィリーは、愛に飢えた孤独な心を持て余している。おじいちゃんおばあちゃんとも一緒に暮らすチャーリーは、自分のことよりも家族を思って重大な決断を下す。さて、特別賞の賞品とは何だったのか? 幸せとは。人生とは。おとぎ話だけれど、いろんなことを考えさせられます。

Photo_20220123170401

 ミュージカルの要素もたっぷり効かせて、軽快に話は進む。こんなスピーディな独特のテンポもティム・バートンの魅力です。パロディのシーンや元の映像へのリスペクトも笑えて、極上のエンターテインメントに仕上がっている。子どものころの夢を忘れずに!と教えられた作品でした。古いけれど一見の価値ありです。

|

« ネパールの名誉を賭けて | トップページ | ギャップが生むオカシミ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパールの名誉を賭けて | トップページ | ギャップが生むオカシミ »