« イニエスタの焼ヴィーフン | トップページ | ピアノ調律の深淵 »

2021年11月 8日 (月)

野麦峠スキー場、準備中

Photo_20211107140501

 奈川高原のカラマツは黄葉の真っ盛り。そこら中が明るく金色に染まっている。野麦峠スキー場でも間もなく迎えるシーズン開幕に向けて、ゲレンデの草刈りやリフトの点検など準備が進んでいる。秋晴れの一日、そのゲレンデでハイキングを楽しみました。のんびり歩くのはスキーで滑り降りるのとはまた違う感覚で新鮮です。

Photo_20211107143501

 最高2,130mのゲレンデの中腹、標高1,827mにあるレストハウス樹海まで。下半分を回って降りてくるルート。標高差は400m近くありますが、草を刈ったおかげで歩きやすくラクチンです。地面にキャタピラの跡があるのは、スキーシーズンに大活躍する圧雪車が草刈りにも活用されているからだ。いまはもっと上部で作業中。

  Photo_20211107140502

 正面に雪をかぶった乗鞍岳がカラマツの黄葉をまとって聳えている。右に前穂高岳、奥穂高岳、西穂高岳の穂高連峰。焼岳との間には笠ヶ岳もクッキリ見える。そして左手には御岳。さすが眺望がウリの野麦峠スキー場、これだけ空気が澄んでいるとまさに絶景。暑くもなく寒くもなく、最高のハイキング日和でした。

Photo_20211107140801

 夏の間ひっそりしていたセンターハウス周辺も、作業の人たちや車両の行き来で少しずつ活気を取り戻している。ゴンドラリフトの準備ももうすぐ始まるのでしょう。そのあとはいよいよスノーマシンが稼働? いやいやまだ早い。ま、もう少し冷え込まないと、せっかく降らした人工雪がすぐに融けてしまいますからね。

Photo_20211107141101
   
 暖冬による雪不足とコロナ感染拡大のダブルパンチで苦しんだ全国のスキー場。地球温暖化の影響か、年々雪が少なるなっているような気がします。暮らすぶんにはいいけれど、関係者はきっとやきもきしていることでしょう。今年はなんとか早くたっぷり降りますように。以前のようなホワイトクリスマスを期待しています。

|

« イニエスタの焼ヴィーフン | トップページ | ピアノ調律の深淵 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イニエスタの焼ヴィーフン | トップページ | ピアノ調律の深淵 »