« 世界の終末に備えろ | トップページ | 小さな夜が愛おしい »

2021年7月27日 (火)

高原の家庭菜園だより

Photo_20210726215202

 信州の高原でイタリア野菜を中心に育てる家庭菜園が楽しい。花園芸家のご厚意で畑の一部を、種類によってはビニールハウスの一角も使わせていただいている。もちろん自分たちが食べるためだけなので、一株とか二株とか少量しか植えていない。

   Photo_20210726215302 

 昨年に始めて二年目。春先から何を植えるか検討するときがまず楽しい。これは種から、これは苗から、昨年の反省も踏まえてながら、ホームセンターや種苗センターをまわる。店によって置いている品種も違い、さまざまな発見があっておもしろい。

   Photo_20210726215601

 セルバティコはルッコラの野生種だと思っている人は多い。苦味があってゴマのような味がするという特徴は似ている。でも同じアブラナ科だけど違う種類。ルッコラは一年草で白い花。セルバティコは多年草で葉のギザギザは深く切れ込み、黄色い花が咲く。

   Photo_20210726215301

 カーボロネロ(トスカーナの黒キャベツ)、ケール、フェンネル、イタリアンパセリ、バジル、バイオレットバジル。すでにサラダや炒め物、煮物に役立っている。収穫まで2年かかるカルチョフィ(アーティチョーク)も植えました。さて、どうなることやら。

Photo_20210726215204

 トマトはホールトマト缶に使われている長いカタチのサンマルツァーノやイエローアイコ、イチゴ型のトマトベリー、メチャ甘い極甘(ごくあま)を一本ずつ植えている。どれも接木苗です。トマトは前年に落ちた種から芽吹くのもあります。ただし味は落ちる。

   Photo_20210726215101

 よほど生育条件があっているのかセージは驚くほどよく育つ。六甲では難しいのに。ニョッキのセージバターやフリットで楽しんでいる。ラベンダーやミントも元気に育っています。ハーブ類はちょっと取っ付きにくいものもありますが、慣れると病みつきになりますね。

|

« 世界の終末に備えろ | トップページ | 小さな夜が愛おしい »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の終末に備えろ | トップページ | 小さな夜が愛おしい »