« 丸山太郎を知っていますか? | トップページ | タイヘン、だけど、ホノボノ »

2021年5月12日 (水)

小さな一歩、偉大な跳躍

   Photo_20210511012801

 That's one small step for (a) man, one giant leap for mankind. 「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な跳躍である」。 アポロ11号で月へ向かい、1969年7月20日、月面に最初の一歩をしるしたニール・アームストロングの言葉です。あれから半世紀、歴史的偉業の裏に隠された苦悩と葛藤とは?

Photo_20210511012901

 デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング主演。あの『ラ・ラ・ランド』を成功させたコンビによる『ファースト・マン』。静かな中にも緊迫感があふれるいい映画です。1961年、ロケット噴射の実験機 X-15で姿勢制御装置のテスト飛行をするニールの顔アップから始まります。超高速、超高度、凄まじいGに顔をゆがめ失神寸前。

Photo_20210511013001

 宇宙開発競争で旧ソ連に先を越されたアメリカ。当時のケネディ大統領は国の威信をかけて10年以内での有人月面着陸をぶち上げる。それからジョンソン、ニクソンと大統領が変われども進められる計画。しかし技術の停滞や死亡事故。議会からも国民からも、税金のムダ遣いだと責められる日々。ソ連や中国とは違うのだ。
 
Photo_20210511013002

 ちゃっちい感じの操縦席や宇宙服やNASAの管制室が、ジェミニ、アポロと進んでいくにしたがってどんどん進化していく様子が上手く表現されている。マニュアルからオート、さらにコンピューター化へ。デザインもレトロから近未来へ。それにつれて技術の信頼性もアップしていく。とは言え人類初のミッションなので死は覚悟の上。

Photo_20210511013101

 この映画が素晴らしいのは、ニール・アームストロングの英雄伝ではなく、彼の深い悲しみの物語として描いているところ。幼い娘の死。小さな棺。同僚たちの相次ぐ死。寡黙なニールだからこそ、抱え込む心の痛みはより深く沈潜する。静かなクライマックスは生命の気配がない月世界でよみがえる亡き者たちのイメージ。

Photo_20210511101001

 チャゼル監督との名コンビ、ジャスティン・ハーウィッツの音楽がまたまた素晴らしい。宇宙開発モノでは「勝利と栄光」がお決まり路線ですが、この作品では「喪失と孤独」。この難しいテーマを音楽面で見事に支えている。冒頭で流れるピーター、ポール&マリーの 500マイルで一気に引き込まれ、最後まで堪能できました。

|

« 丸山太郎を知っていますか? | トップページ | タイヘン、だけど、ホノボノ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸山太郎を知っていますか? | トップページ | タイヘン、だけど、ホノボノ »