« 2021年3月 | トップページ

2021年4月

2021年4月19日 (月)

総理大臣になれない?

   Photo_20210418195301

 2003年から2020年まで、17年間にわたり無名の野党議員を追いかけたドキュメンタリー映画がおもしろい。大島新監督による『なぜ君は総理大臣になれないのか』。香川県選出、5期目の衆議院議員を務める小川淳也、50歳。誠心誠意、奮闘を続ける姿を、撮る側も誠心誠意、ありのままをカメラでとらえて爽やかだ。

Photo_20210418195302

 32歳で総務官僚をやめ、2003年の総選挙に民主党から出馬するも落選。そのあと2005年に初当選。以後、苦戦しながらも5回の当選を重ねる。しかし所属政党は民主党、民進党、希望の党、無所属、立憲民主党とコロコロ変わる。この10数年の野党のふがいなさをそのまま背負って活動を続けているのだ。

Photo_20210418195402

 政治の世界は、小川が信じる「誠意」「意欲」「一貫性」より、「したたかさ」が求められるのか。悩みは深い。家族からも「政治家には向いていない。大学教授のほうがいいんじゃない」と言われる始末。そんな彼にとって選挙は毎回苦労の連続だ。家族全員で戦う手作り選挙。小さかった娘たちも今では応援してくれる。  

Photo_20210418195303

 最近、政治家の言葉が軽く、雑で、汚くなった。SNSの普及もあって世界共通の現象かもしれない。そんななかでも熱量を持って一生懸命に語る小川。迷いや葛藤も隠さず、本心をさらけ出す。カッコ悪いかもしれないけれど、この誠実さを笑うことはできない。むしろ、なぜ彼が総理大臣になれないのか、を考えるべきだ。

Photo_20210418195304

 大島監督は小川の魅力をこう語っている。「一言でいうと正直者。最初に会ったときに、こんなに心の底から社会をよくしたいと、テライもなく言える人っているんだなと思った。本気度に頭が下がりました。もちろん人間なので弱いところもあるし、間違いをしないということはないですが、誠実であることは今後も変わらないと思う」

Photo_20210418195403

 衆議院議員を5期務めてもエラそうにしない。質素な生活を変えない。理想の追求をあきらめない。政治不信、政治家不信の現代に、こんな人がいるなんて。日本の未来に希望を感じる。逆に彼が陽の目を見ない日本の政治状況に、怒りを覚える。だが待てよ、それってわれわれ選挙民の意識も問われているんだよね。

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

すべてを超えた鉛筆画

   Photo_20210415114101

 1950年に山口県に生まれ、そのほとんどを山口県で活動し、2013年に死亡した吉村芳生。いま神戸ファッション美術館で『吉村芳生 ー超絶技巧を超えてー』が開催中です。1970年代後半から2013年までの代表作62点を展示した驚きと感動の展覧会。こんな現代アーティストがいたなんて。恥ずかしながら知らなかった。

Photo_20210415233501

 サブタイトルに「超絶技巧を超えて」とあり、鉛筆や色鉛筆で超リアルに描くアーティストという説明を読む。ふんふんと勝手に分かったつもりになって観に行くと、これがとてつもない展覧会でした。ただ描くだけのハイパーリアリズムじゃない。その手法が独創的なのだ。解説を読めば、なるほど現代アートだと合点がいく。

Photo_20210415232001

 例えば97.0cm×1686.7cmの壁一面に続く「ドローイング 金網」。紙の上に金網を置いてプレス機にかけ、その筆圧の部分を鉛筆でなぞって約17mもの長さの作品にした。無為な営み? いや決して徒労ではない。歩きながら観ていくと不思議な感動が湧き上がってくるのだ。人間の意志の力、画家の執念を感じる。

   Photo_20210415114201

 新聞紙に描いた自画像。ん!サイズがデカい? はい、3倍近い大きさなのです。じつは拡大コピーを見ながら、記事も広告も文字や写真をすべて忠実に描いたもの。そこに自画像を描いていく。描かれた記事の内容に自画像の表情がシンクロしておもしろい。新聞紙面に直接描いた作品もある。自画像の合計は1.000点あまり。

   Photo_20210415232601

 2000年以降に描かれたカラフルな花のシリーズ。ポピーは葉や茎のウブ毛まで克明に表現されている。これが色鉛筆ですよ。ポスターにも採用された「無数の輝く生命に捧ぐ」は、東日本大震災の被災者の魂をあらわす1万数千のフジの花が描かれた202×714cmの大作。そこに費やされた膨大な時間と集中力はいかばかりか。

Photo_20210415114204

 吉村芳生の作品は、精緻だけれど写生ではない。写真を撮ってプリントし、そこから足したり引いたり加工したりして、自分の内なるイメージを結晶させる。そのとき鉛筆や色鉛筆で描く線に神が宿るのだ。人間離れしたスゴミ。うまい下手のレベルを超越したスゴミに、観る者は圧倒され感動を与えられる。

吉村芳生
ー超絶技法を超えてー
2021年4月10日(土)~6月13日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

デスゾーンの冒険ツアー

   3d

 強風と極寒と薄い空気で、人間を寄せ付けない世界最高峰のエベレスト。しかし1953年にエドマンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイが初登頂に成功して以来、わずか40年あまりでエベレスト登山のパッケージツアー?まで行われるようになっていた。そんな商業主義が批判されるようになったころ、大きな遭難事故が起こる。

Photo_20210412011201

 バルタザール・コルマウクル監督の『エベレスト』は、1996年5月10日に起こったこの大遭難を描いた、いわば再現ドラマ。主人公はニュージーランドの登山ガイド会社の代表です。ガイド付きツアーと言えばお手軽そうだけど、誰もができることではない。強靭な体力と厳冬期登山の経験と700万円(当時)もの費用が掛かるのだから。

Photo_20210412011003

 当然お客さんは世界各国の登山家だ。そんな彼らでも天候や体調などすべての条件に恵まれないと登頂できない。それだけ厳しいデスゾーンでの登山。「三度目のチャレンジで今回が最後のチャンス」「7大陸最高峰の最後に残されたのがエベレスト」など理由は様々だけど、みんな人生をかけて、命をかけて参加しているのだ。

Photo_20210412011002

 ツアー会社は万全の体制で客を受け入れる。ベースキャンプに専任のマネージャーを常駐させ、登山のプロ、安全のプロ、医療のプロがあらゆるリスクを想定し準備する。高度順応も40日かけて念入りに。それでも天候の急変や予期せぬハプニングで、計画は見直しを迫られ対応に追われる。それも極限状況の中で。

Photo_20210412011101

 雪崩、突然の嵐、固定ロープの設置不備、山頂直下の渋滞、補給地点の酸素ボンベが空っぽ。いろんな悪条件が重なって過酷なサバイバルに。そして主人公も含めて8人の登山家が死亡。主人公は遅れてきたメンバーの懇願に負け、彼をサポートしながら再び頂上へ。そこで時間をくい、体力を消耗し、嵐の直撃を受ける。

Photo_20210412010901

 プロ中のプロが、なぜ命を落とす危険を承知で情に流されたのか。優しさか、弱さなのか。人間らしくて好きですが・・・。エベレストには120体もの遺体が収容されず、いまも放置されているという。回収するには莫大な費用がかかるからだ。商業登山やゴミ問題とともに、なんとか解決してもらいたい事柄の一つです。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

文化を食べる、歴史を食べる

   Photo_20210409172701

 アブラハム、アビー、イブラヒム、エイブ・・・。みんなからいろんな呼び方をされる12歳の少年。イスラエル出身の母とパレスチナ出身の父。それぞれのお祖父ちゃんとお祖母ちゃんがいて。宗教、文化、歴史。そりゃあ何かと衝突するわ、という難しい家族関係。エイブは小さいうちから両家からいろいろ言われて心を痛めている。

Photo_20210409172901

 ユダヤとムスリム。もともとは同じ祖先から始まって同じ神をいただいているのに、激しく敵対している。儀式が違う、食べ物のタブーが違う。そんな家族が集まると、楽しいはずの食事も、かわいい孫の誕生パーティも、対立が必然。そんなブルックリンでの日常生活で、エイブは料理を作ることを心の拠りどころにしていた。

Photo_20210409172702

 ある日、世界各地の味を掛け合わせたフュージョン料理を作るブラジル人シェフに出会う。これだ!と思ったエイブは、自分にしか作れないフュージョン料理で家族を一つにしようと決意。押しかけで弟子入りして料理修行をスタートする。夏休みのサマースクールに行くとウソをついて。一生懸命に努力する健気な姿に感動します。

Photo_20210409172801

 フェルナンド・グロスタイン・アンドラーデ監督、主演ノア・シュナップの『エイブのキッチンストーリー』(原題 Abe)。料理マニアの子どものお話、ぐらいの軽い気持ちで見始めましたが、これがなかなか深い問題を提起している。文化でありアイデンティティでもある食。たんに好き嫌いの問題ではない。不寛容のシンボルなのだ。

Photo_20210409172803

 その逆にと言うべきか、だからこそと言うべきか、多様性を尊重する世界へ向かう突破口としての食の可能性を考えさせられました。おいしく食べて、幸せになり、結果として平和が訪れるなら、こんな素晴らしいことはない。甘いと言われるかもしれませんが、小さなことの積み重ねで歴史の岩盤に穴をあけてほしいものですね。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

少女の夢は歌手になること

   Photo_20210407095001    

 ポーランドからの移民として母子家庭で育つ内気な少女ヴァイオレットは、田舎町でひっそりと生きている。現実から自分を解放してくれる音楽を心のよりどころにして。舞台となるのは美しい自然に恵まれたイングランドのワイト島。マックス・ミンゲラ監督・脚本の『ティーンスピリット』は、歌手になる夢を追いかける少女の物語。

Photo_20210407095002

 ある日ヴァイオレットは有名なオーディションTV番組「ティーンスピリット」の予選が地元で開催されることを知る。退屈で不自由な田舎町を抜け出してスターになるチャンスをつかむため、このオーディションに挑む決意をする。母親にウソをつき、アルバイト先に叱られながら、なんとか会場へ駆けつける彼女。

Photo_20210407104101

 いろんな逆境を乗り越えて予選を突破しロンドンでの決勝大会へ。ロンドンでも、保守的な大人の社会やTV局の商業主義、音楽ビジネス界の思惑などが、まだ右も左もわからない少女を翻弄する。彼女をサポートするのが後見役を務めることになったヴラッド。元は有名オペラ歌手だったらしいが今は酒浸りのダメ老人だ。

Photo_20210407095201

 主演のエル・ファニングが世間知らずのみずみずしい高校生を見事に演じている。歌唱力も素晴らしい。そしてワイト島の自然美や、華やかなTVショーの表と裏を表現した映像が美しい。そして、それぞれの事情を秘めた人生を送る登場人物たちの名演で、たんなる青春ドラマを越えた奥行きのある感動作に仕上がっています。

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

最高の人生の・・・

   Photo_20210403101201

 ロブ・ライナー監督、モーガン・フリーマン主演の2012年作品『最高の人生のはじめ方』。たしかに人生を再スタートさせる話だけれど、タイトルがイージー過ぎないか。オリジナルは The MAGIC of BELLE ISLE (意味は、ベルアイルの魔法、美しい島の魔法)。まぁこれではインパクトがないから、ということでしょうか。

Photo_20210403113301

 同じロブ・ライナー監督とモーガン・フリーマンそしてジャック・ニコルソン主演で『最高の人生の見つけ方』(The Bucket List)が、2008年に大ヒットしたから2匹目のドジョウ狙い。同監督でマイケル・ダグラスとダイアン・キートン主演の2014年『最高の人生の作り方』(and So It Goes)と、三匹目のドジョウまで。笑ってしまいます。

Photo_20210403113302

 日本の配給会社もちょっと工夫しないと。『スタンド・バイ・ミー』をはじめ数々の名作を作ってきた監督に失礼ではないでしょうか。残念です。前置きが長すぎてスミマセン。もちろん、この映画自体は観終わったあと優しい気持ちが湧き上がる見事な作品です。登場人物みんなを素直に応援したくなるヒューマンドラマの王道。

Photo_20210403113303

 ストーリーは、創作意欲を失い酒浸りの日々を送る有名作家が、夏の避暑地で出会った隣家のシングルマザーと3人の娘との交流を通して徐々に再生していく物語。素晴らしいのは、自身の再生につれてまわりの人たちも幸せにしていくところ。名優モーガン・フリーマンがさすがの演技。次女役エマ・ファーマンも名演でした。

2_20210403230101

 主人公は有名作家だけに、言葉の力がすごい。創作の秘訣を教えるときには「そこに無いものを見ろ、そこに無いものを探し続けろ」。人生の奥義を語ると「ドアが閉まれば次のドアが開く」。こんなのもありました。「想像力を使うんだ。人類が持つ最も強い力をね」。これからは、最高のタイトルのつけ方にも想像力を、ね。 

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

ブルースの母、怒れる若者

   Photo_20210331164001

 昨年8月、ガンのため43歳で亡くなったチャドウィック・ボーズマン。遺作になった『マ・レイニーのブラックボトム』のエンディングでは、彼への追悼の言葉が捧げられている。オーガスト・ウィルソン(黒人の作家です)の戯曲を原作に、ジョージ・C・ウルフ監督が映画化。あらためてBLMを考えさせられる、いい映画でした。

Photo_20210331164002

 1927年シカゴ。黒人というだけで、不信の眼でジロジロ見られたり、嫌がらせを受けたり。いまよりもっと露骨で厳しい差別。そんな状況下、ブルースの母と称される人気絶頂の歌手 マ・レイニーのレコーディングが始まろうとしていた。彼女とバックバンドが不協和音を奏でながらも、スタジオ録音を終えるまでを描く。

Photo_20210331164101

 白人のレコード会社員やマネージャーに傲慢な態度でわがままを通すマ・レイニー。それは決してスター気取りの思い上がりから来るのではない。自分の流儀で差別と戦っているのだ。「彼らは金になるなら黒人を利用するが、それ以外は野良犬以下の扱いしかしないんだ」と告げる彼女。ヴィオラ・デイヴィスが迫力の演技です。

Photo_20210331175101

 チャドウィック・ボーズマン演じる野心家の若きトランぺッター。軽そうな若者に見える彼も、子どものころに差別で負った心身の傷が深く刻まれている。緊張感のある会話。怒り! 泣き!喚く! 祈っても助けてくれなかった理不尽な神に対する感情の爆発。あふれる才能と狂気、それらの激しい心の動きを表現して見事です。

Photo_20210331164102

 あらゆるカタチの黒人差別と、白人至上主義が常態の社会。それに反発したり、従順なふりをしたり。白人との接し方も人それぞれに違う。絶望と諦め。しかしプライドは失わず。そんな黒人の魂が宿っているのがブルース。100年経っても本質は変わっていないのか。製作陣の一人にデンゼル・ワシントンも参加しています。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ