« 埼玉のライバルは千葉 | トップページ | ブルースの母、怒れる若者 »

2021年3月29日 (月)

もしもあの時に戻れたら

    Photo_20210328194601
 あの日、こう言えばよかった。あの時、聞いとけばよかった。勇気がなかったばっかりに、素直じゃなかったばっかりに、思いが至らなかったばっかりに。大事な人を相手に、しくじってしまった過去の思い出。いつまでも消えない後悔と自責の念は、誰にでもあることですね。もしもあの時に戻ってやり直すことができるなら・・・。

Photo_20210328194801

 塚原あゆ子監督の『コーヒーが冷めないうちに』は、こんな悩める人を過去にタイムトリップさせてくれる、世にも不思議な喫茶店にまつわるファンタジー。こんな魔法は今どきのカフェでは起こらない。ちょっとレトロで訳あり風の、町の喫茶店じゃなくっちゃ。原作は本屋大賞2017にノミネートされた川口俊和のベストセラー小説です。

Photo_20210328194702

 店に集う人たちはそれぞれ人に言えない秘密を抱えていそう。そんなヘンな面々が織りなす4つのエピソードは、おもしろくてホロっとさせられる。スタートは特別な一杯のコーヒー。演じるのは有村架純、伊藤健太郎、波瑠、林遣都、薬師丸ひろ子、松重豊、吉田羊、松本若菜、石田ゆり子、深水元基などなど。

Photo_20210328194703

 ただしあの日に戻ってやり直せたとしても過去は一切変わらない、というのがルール。でも自分自身の気持ちは変わる。だからその後の行動が変わる。吹っ切れて、決意を固め、積極的に前向きに生きていけるようになる。これこそが幸せへの道。この喫茶店の名は「フニクリフニクラ」。あなたの町でも探してみませんか。

|

« 埼玉のライバルは千葉 | トップページ | ブルースの母、怒れる若者 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉のライバルは千葉 | トップページ | ブルースの母、怒れる若者 »