« 海上につくった小さな国 | トップページ | 2020年はサイテーだった »

2021年1月13日 (水)

YESが幸運を運んでくる?

   Photo_20210112104401

 何事にも後ろ向き、「NO」が口ぐせの冴えない男はショボい人生を送っている。そんな時、何に対しても「YES」と答えよう!という変なセミナーに参加するハメになった、会場はまるで新興宗教の趣き。熱気に圧されて「YES」教の宣誓を立てさせられてしまう。ペイトン・リード監督のコメディ『イエスマン YESは人生のパスワード』。

Photo_20210112104402

 あらゆる物事にYESと答えるようになったら、事態はあれよあれよと好転していく。友人の信頼を獲得し、仕事で昇進し、恋人までできてしまうからアラ不思議。人間万事塞翁が馬。YES教の霊験あらたか。ドタバタ騒動を繰り広げながらも、人生は絶好調! 主演のジム・キャリーが得意の顔芸でもいっぱい笑わせてくれる。
 Photo_20210112104502

 この映画には、たかがコメディ、と笑ってすまされない教えがある。どんな難題でも、無理な要求でも、YESという言葉と行動。そこには気持ちをポジティブに変える働きがある。新たなことにチャレンジし前向きに生きようというメッセージがある。一歩を踏み出す勇気。2008年、まだアメリカに希望があった時代の作品です。

Photo_20210112104503

 もう一つの教訓がある。何でもかんでもYESと言えばいいのではなく、自分で判断して自らの意志で「YES!」と言えるようになること。当たり前だけど、これが一番大切。自己啓発という名の洗脳で、自らを見失ってはいけない。ポジティブシンキングのクセをつけ、そして自分を変革しようとする教え。アラま、新興宗教になったかな。

|

« 海上につくった小さな国 | トップページ | 2020年はサイテーだった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海上につくった小さな国 | トップページ | 2020年はサイテーだった »