« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月29日 (木)

権威に逆らうプロジェクト

Photo_20201023223401

 声高に平和を訴えるのではない。戦争のバカバカしさをユーモアで包み、観客に武力の無力を思い至らせる。そしてあぶりだされるのは政治や宗教の権威主義に隠された不都合な真実。それがバンクシーの流儀。爆弾を抱く少女も、ピンクのリボンをつけた戦闘ヘリも、強くアピールするのは可愛さと不気味さが同居しているから。

   Photo_20201023223301

 パレスチナのベツレヘムはヨルダン川西岸にあり、キリストの生誕地でもある。いまは町の周りを壁が囲っている。イスラエル人の入植地とパレスチナ人の居住地域を分断する壁。2017年3月20日、この壁の真ん前にザ・ウォールド・オフ・ホテルが開業した。2005年ごろからこの前の遮断壁に風刺画を描いていたバンクシーも出資、協力する、泊まれるアートプロジェクト。

Photo_20201024102101

 客室からは遮断壁しか見えないので、「世界でいちばん眺めが悪いホテル」。内部には彼の作品がたくさん飾られている。あるベッドルームの壁面には、羽毛を飛ばしながら枕を武器に戦うイスラエル兵とパレスチナゲリラ。この部屋と電飾看板が、展示会場に再現されている。パレスチナの歴史や地元アーティストの作品が見られるギャラリー&ミュージアムもホテルに併設されているそうだ。

Photo_20201024102201

 ストリートアートや版画から発展し、映像作品やインスタレーションやイベントまで活動の幅を広げるバンクシー。しかも世界各地の街角に神出鬼没に表れてその作品を残す。そんな多面的な彼の足跡、多才な痕跡をマルチスクリーンで見せてくれる映像展示も面白い。アートの最前線を走って美術家だ、と再認識しました。

バンクシー展 天才か反逆者か
2020年10月9日(金)~2021年1月17日(日)
大阪南港ATC Gallery(ITM棟2F)

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

作者非公認の展覧会?

Photo_20201020222301

 アーティスト本人は非公認? 無許可の展示イベント? しかしほとんどの作品は本物! なんとも奇妙な展覧会が世界で話題になっている。大阪南港ATCギャラリーで開催中の『バンクシー展 天才か反逆者か』。バンクシーは英国を拠点に街角のビルや壁に社会風刺や政治的メッセージを描く、正体不明のストリート・アーティスト。いま世界で最も注目されている美術家です。

Photo_20201023203002

 街中で人に見つからずに描くストリートアート、いわば落書き。すぐに当局に洗い流されたり、塗りつぶされたりするから、後に残らない。彼自身も犯罪行為だと思っているからか、決して名乗り出ない。なぜこの展覧会が作者非公認なのか、の理由のひとつがこれ。でも著作権や金銭的な問題はどうなるのだろう?

Photo_20201023095101

 ところが有名になるにつれ壁を剥ぎ取って残す人や、オリジナルの版画を買う人があらわれる。こんなコレクターが持つ作品を約70点、世界中から集めてきて開催にこぎつけた展覧会が、このバンクシー展。モスクワ、サンクトペテルブルク、マドリード、リスボン、香港、横浜と巡回して、今月いよいよ大阪へやってきました。

Photo_20201023203001

 反戦。反ファシズム。反帝国主義。反権威主義。反消費社会。反資本主義。反原理主義。彼は社会のいろんな場面で人間を圧しつけるパワーに反発し自由を求める。警察、エスタブリッシュメント、監視社会などを風刺したユーモラスでブラックな表現を見ると反逆者。いま世にある問題の本質を伝える能力を考えると天才。バンクシーはアートの力で権威に反逆する天才なのです。

バンクシー展  天才か反逆者か
2020年10月9日(金)~2021年1月17日(日)
大阪南港ATC Gallery(ITM棟2F)

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

40歳のラッパーって変ですか

   40

 黒人で、女性で、40歳を間近にひかえた脚本家。まだいろんな差別がはびこっている演劇や映画の世界で、なんとか活躍したいともがく彼女の日々を描いた『40歳の解釈:ラダの場合』がおもしろい。監督、脚本、製作、主演を務めたのがラダ・ブランク。自身の実体験をベースにした痛々しいストーリーをコミカルに語りかける。

Photo_20201021225802

 かつて「30歳未満の30人」に選ばれ、脚本賞のトロフィをもらったこともある。それがキャリアのピークで、後はぱっとしない。ワークショップで若者に教えているが、先生は10年前の作品が最後ねとバカにされる始末。大物プロデューサーに妥協しまくってやっと舞台が実現するが、自己嫌悪に陥ってしまう。そろそろ限界か。

Photo_20201022000701

 人種やジェンダーの壁。年齢的にも曲がり角。仕事も思い通りにならない。そんな絶望的な状態のときに、ラップに出会って真の自己表現に目覚めていく。40歳の視点で自分に正直な言葉をラップのビートにのせて。ダイエットドリンク片手に社会の無理解に挑む姿は、マイノリティにとって希望の星か。NETFLIXの作品です。 

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

コロナと生きる世界

   Photo_20201016094401   
 コロナと共に生きるって、どういうこと? 世界はどんな風に変わるの? まずはマスクをつける。ソーシャルディスタンスを保つ。そして非接触のために仕事も暮らしもデジタル化を進める。そんなところでしょうか。『横尾忠則の緊急事態宣言』展で興味深かったのが、パロディとして笑い飛ばしたインスタレーション。

   Photo_20201015222001

 「WITH CORONA」と題され、SNSで発信され続けているシリーズ。いろんなビジュアルに象徴的にマスクをつけたもので、コロナと生きるこれからの社会をあらわしているのでしょう。素材は過去の自分自身の作品や、資料として保管している写真、新聞の切り抜きなど。次々と発信する行為そのものがアートでもある。

   Photo_20201015222101

 登場するのはビートルズや毛沢東やアインシュタインほか、さまざまな人たち。しかもマスクには、横尾さんの典型的なシンボルである歯を見せて笑う口と赤い舌が描かれている。世間の常識に挑戦するふてぶてしいシンボル。A4パネルに貼った作品が、展示作品の周りを太陽をめぐる惑星のように掲出されている。おもしろいのでじっくり見ていく。結構時間がかかる。けれど楽しい。

Photo_20201015222103

 マスクをつけさせられたのは人間とは限らない。信号機やソフトドリンク、トイレットペーパーや川にかかる太鼓橋まで白い歯を見せて笑っている。権力や権威がまじめくさって指導する姿の、どことなく胡散臭い上から目線をうまく茶化してしまうアートのパワー。同調化圧力に対する自由の叫びを、やんわり笑いで表現。

   Photo_20201015222102 

 一点だけなら単なる悪ふざけになるところを、次から次へとアイデアを繰り出すと、立派なアートとなり、確かな批評となる。SNSや新しい技術をおもしろがって貪欲に取り込み、日々発信を続ける横尾忠則。84歳、老け込むどころかますます精力的に創作を続ける、現役の、しかも最先端のアーティストだ。

横尾忠則の緊急事態宣言
2020年9月19日(土)~12月20日(日)
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

横尾さんの緊急事態

   Photo_20201012111701

 いま横尾忠則現代美術館で開催中の『横尾忠則の緊急事態宣言』展は、膨大に存在する彼の作品を「緊急事態」というくくりで集め、編集したもの。前回、2月1日から開催されていた展覧会のタイトルが『兵庫県立救急病院』。ちょうどコロナ禍が始まった時期のスタートで、とてもタイムリーな企画でした。それはたまたまだったらしいけれど、超能力的予見に驚かされたものです。

Photo_20201015160201

 もともと横尾さんは殺人事件や決闘、空襲や火災など緊迫した情景をよく描いてきた。危機的状況がもたらすパニック。現実と悪夢の境界があいまいになる感覚。これら禍々しい血や死のイメージが交錯することによって、観る者の魂を強く揺さぶり、どこか別の次元に連れていく。そこが地獄か天国かはわからないけれど。

Photo_20201015160202

 怪人20面相、ヤマトタケル、三島由紀夫、ターザン、ジェーン・フォンダなど繰り返し登場する人物。ライオンやワニやジョーズなどの凶暴な動物。それぞれのキャラクターが持つ固有のイメージと、それらが組み合わされることによって生じる化学反応。ギャップや違和感が生み出す負の感情さえも、表現のたいせつな要素だ。

Photo_20201015160203

 コロナ緊急事態で私たちが経験したのは、生命にかかわる恐れと生活の不安。正体が見えない焦りと見通せない将来。物理的にも精神的にも、わからないことことだらけ。引きこもりの日常とは、まさに集団で対人恐怖症や閉所恐怖症にかかった世界。横尾さんはとっくの昔から毒を含んだユーモアで、こんな姿を描いていたのだ。

横尾忠則の緊急事態宣言
Y+T MOCA
横尾忠則現代美術館
2020年9月19日(土)~12月20日(日)

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

土が地球を救う

   Photo_20201010113801

 地球温暖化で引き起こされる気候変動や砂漠化。それによる自然災害の巨大化や深刻な食糧不足。このままでは人類滅亡の危機だ。『キス・ザ・グラウンド:大地が救う地球の未来』は、その流れを止める唯一の方法が「不耕起農業」だ、と実例を挙げながら科学的に解き明かす2020年ジョッシュ・ティッケル監督の作品です。

Photo_20201010113902

 地球温暖化防止と聞いて思い浮かぶのは、二酸化炭素を排出する火力発電から太陽光や風力発電など自然エネルギーへの転換。そしてクリーンな電気自動車への移行。しかし排出する炭素をゼロに減らしたとしても、大気中に大量の炭素が残っている限り温暖化は進む。なるほど、目からウロコの指摘です。

Photo_20201010113901

 「不耕地農業」とは文字通り土地を耕さない農業。畑を耕すと表土は風で飛ばされ、雨に流され、大地は水と炭素を蓄えることができなくなる。その結果として砂漠化が進む。メソポタミヤもインダスも黄河も、古代文明が滅亡した理由はこれだ。人類が田畑を耕すスキを発明したときから、自然破壊が始まったのだ。

Photo_20201010132201

 微生物やバクテリアがたくさん棲む土壌は、水と炭素を多量に蓄える。それは植物を育てる栄養となり、それを食べる動物を増やす。このように生態系と気象に安定をもたらすのが、水と炭素の好循環。大規模な耕作はこの循環を崩してしまう。大気中の温暖化ガスを減らすには植物の光合成に頼るしかないのだから、「土」を信じ自然と共に生きる農業や牧畜が必須なのだ。

Photo_20201010113903

 トラクター、化学肥料、農薬を使い、単一の作物を大量に生産する工業的農業が進んだいまこそ、科学者、環境活動家、農業従事者、政治家たちが団結して「不耕起農業」にカジを切るべきだと訴える。これはエコロジストの夢物語ではない。意外だけれど、災害に強く、経済性に優れた「儲かる」農業だという。説得力大でした!

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

大統領選とEU離脱のコワイ話

   Photo_20201009124601

 「SNSを使っている時、誰かに監視されていると感じたことがある人は?」という教授からの質問に、ほとんどの学生が手を挙げると笑いが起こる。和やかな風景から始まるけれど、じつはSNSで個人データが丸見えになっている怖い現実を警告する映画なのだ。こちらの頭の中を見透かしたようにタイミングよく送られてくる広告や記事。あなたも不思議に思ったことはありませんか?

Photo_20201009124702

 NETFLIXオリジナルの『グレート・ハック:SNS史上最悪のスキャンダル』という、タイトルもスキャンダラスなドキュメンタリーが衝撃だ。2019年、カリム・アーメル監督の作品。2016年に世界を驚かせた二大事件、英国のBREXIT(EU離脱)国民投票とアメリカ大統領選挙の裏で、その結果を左右したかもしれない会社とその手法を暴く。

Photo_20201009125201

 繰り広げられたキャンペーン=プロパガンダを請け負ったのが、政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)。個人情報を分析して、どちらに投票するか決めていない人に対して、投票行動を変えるよう誘導する記事や広告やフェイクニュースをピンポイントで流すマイクロマーケティングという手法。

Photo_20201009124701

 例えばアメリカ大統領選挙の場合、いくつかの接戦州の、わずかな投票未定者の行動を変えるだけで結果はガラッと変わる仕組みだ。ターゲットの選定やその個人の好みなどを知るのにフェイスブックの個人データが悪用されたのだ。そのころヒラリー候補を中傷するヘンな記事が流れてくるようになったのに符合するという。 

Photo_20201009124802

 SNSが洗脳の道具に使われたこれらの事件。ふとした疑問から行動を起こした人がいて、勇気ある内部告発者があらわれ、事実は明るみに出る。なおCA社はいまは倒産して存在しない。黒子が表で有名になってしまったら存在価値がないからか。日本ではあまり大きく報道されなかったが、フェイスブックのザッカーバーグCEOが公聴会で証言させられたのはこの時のこと。

Photo_20201009124801

 人を結びつけるためのプラットフォームがプロパガンダのためにハックされ、人々の嫌悪や恐怖を助長するために使われた。その結果として社会の分断が進んだとしたら、とても悲しい。この映画はSNSとの付き合い方で、2つの教訓を教えてくれる。①情報は誰かに見られていると理解すること。②正誤さまざまな情報の受け取り方を学ぶこと。ネット時代を生きていく上で必要な新常識です。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

マグダラのマリア、名誉回復

   Photo_20201007024503

 西暦591年、教皇グレゴリウ1世が「マグダラのマリアは娼婦であった」と主張。その誤解は今日まで続く。しかし2016年、「マグダラのマリアは娼婦ではなく使徒に等しい存在で、イエスの復活を最初に見た証人である」とヴァチカンが正式に認めた。エンディングでこう記す映画『マグダラのマリア』は、1425年ぶりの名誉回復なのだ。

Photo_20201007024601

 イエスから大切な言葉を授けられ、イエスの意を一番理解したマグダラのマリア。ペテロをはじめ最初期からの弟子たちは、マリアに嫉妬し反発する。後から加わったのに、しかも女なのに。カトリック教会の始祖ペテロをいただくヴァチカンは男中心社会。マリアを貶めるのも、教理を広め組織を固めるために必要だったのかも。

Photo_20201007024501

 ユダもイエスを裏切った悪者ではなく、純粋過ぎる若者だったが故の行為だという解釈で描かれる。聖書の読み方は自由であっていい。中世ならローマ教会以外の解釈は異端尋問に欠けられて火あぶりの刑だろうけれど。この映画は聖書に書かれている事象は正確に、行間に隠れた意味は大胆に解釈して再構築している。

Photo_20201007024701

 映像も美しい。やせた岩だらけの荒々しい土地、何もない枯れ果てた原野。2000年前のラザレやエルサレムは、きっと救世主を待ちわびていただろうと思わせる厳しい風景です。豊かさと対極にあるミニマルな美しさからは、新しい希望が生まれる予感。監督は『ライオン 25年目のただいま』のガース・デイビス。見事です。

Photo_20201007024502

 新約聖書のエピソードを知らない人には、何が何だかという映画ですが。ホアキン・フェニックスのイエスと、ルーニー・マーラが演じるマグダラのマリア。先ごろ二人の間に男児が生まれたそうです。イエスとマグダラのマリアの子ども。ちょっと『ダヴィンチ・コード』を思わせる展開ですね。ちなみにこの子の名前はリヴァー。そう、ホアキンの兄 リヴァー・フェニックスから名付けられているのだ。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

北欧の幸せなデザイン

Photo_20201003193401

 北欧デザイン、なかでもデンマークのデザインには日本人が大好きなプロダクツが多い。家具で言えばハンス・ウェグナーやボーエ・モーゲンセン、アルネ・ヤコブセンやフィン・ユールなど、巨匠の名品チェアを使っている人がとても多いはず。シンプルで機能的なモダンデザインだけれど、使い手に緊張感を強いる尖ったところはなく、むしろ優しく包まれるような感覚が心地よい。

   Photo_20201003193402

 伝統の手仕事をリスペクトする姿勢。木をうまく使った温かみのあるデザイン。その哲学は日本のものづくりに通じるところがあります。ムダを省いた簡素なしつらえ。それでいて素材そのものが持つ質感はリッチです。神戸ファッション美術館の展示を見ていると、世界の国々のどこよりも美意識の共通性を感じる。

Photo_20201003193502

 ジョージ・ジャンセン。ダンスク。ロイヤル・コペンハーゲン。ボダム。カトラリーや食器、鍋やポットなども愛用しているモノ、憧れているモノがたくさんあります。日本ではたかだか50~60年ほどのことだと思うのだけれど、北欧デンマーク・デザインの品々がほんとに身近になりました。どれも人間へのやさしさが魅力です。


   Photo_20201003193501

 居心地の良い空間で、家族や友人と過ごす幸せな時間を大切にするヒュッゲ(HYGGE)。デンマークの人たちが最も重視する生活哲学です。そんな文化から灯りの名品が誕生するのは必然だ。ポウル・ヘニングセンのPH-5やアーティチョークをはじめとして、キャンドルスタンドにも素晴らしい作品が多い。これらは冬場の寒くて長い夜を快適に過ごす必需品。幸せの国の秘密兵器です。
Photo_20201003193503
 すこし違うジャンルで世界を席巻したのは、バング&オルフセンのオーディオ機器。これは憧れのブランド。そして、おもちゃのレゴ。最近ではアルミニウムを使ったバイオメガの自転車がカッコいい。実はデンマークは自転車大国だそうだ。エネルギーをたくさん消費する交通手段より、エコでヘルシーな自転車を選ぶ人が多いという。ますますデンマーク・デザインが好きになりそうです。

デンマーク・デザイン
DENMARK:DESIGN
神戸ファッション美術館
2020年9月19日(土)~11月8日(日)

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

三宮という地名は?

Photo_20201001220101

 三宮センター街、三宮本通り、阪神と阪急の神戸三宮駅、JRは三ノ宮駅、ポートライナーの三宮駅。フツーに「サンノミヤ」と呼んでいる繁華街の中には、雑多な「サンノミヤ」の表記が混在していておもしろい。この地名は幕末に外国人の居住を許した旧居留地の一角、大丸の斜め向かいの三宮神社に由来する。ご存知ですよね。

   Photo_20201001220102

 三宮神社の前をかつて西国街道が通っていて、慶応4年におこった神戸事件の舞台。備前藩の隊列をフランス水兵が横切ったことが発端となり、アメリカ海兵隊、イギリス警備隊、フランス水兵を相手にした銃撃戦になった。お互い大きな被害はなかったが、在留外国人の安全を保証し、日本側の責任者を厳重処罰(切腹)して解決。明治新政府にとって最初の外交案件だったそうです。

Photo_20201001220202

 神戸市の中央区から兵庫区にかけて一宮から二宮、三宮、四宮、五宮、六宮、七宮、八宮と、生田神社を取り囲むように点在する八柱神社の三番目が三宮神社。建築様式も建てた時代もバラバラのビル群に囲まれた繁華街にある小さな神社です。掲載した地図は商工印刷株式会社さんのHPから使わせていただきました。

Photo_20201001220203

 節分の日に一、二、三・・・と順番に巡り、最後に生田神社に詣でると、厄除けのご利益があるそうですよ。おおむね東から西へと番号は増えていきます。掲出しているは横長一枚の案内図を西と東に2分割しているため、先に大きい数字の、後から若い数字の神社が出てきて、ちょっと見づらいかもしれません。スミマセン。

   Photo_20201001220201

 ちなみに一宮神社は北野地区、中央区山本通1丁目にあります。ここも見逃してしまいそうな街中の小さな神社。でもオシャレな雑貨屋さんやおいしいカフェやレストランがたくさんあるエリアなので、散歩がてら出かけても楽しいですよ。来年の節分にはコロナ退散を願って、一宮から巡ってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ