« オリンピックの夢の跡 | トップページ | 三宮という地名は? »

2020年9月29日 (火)

トットちゃんの電車の教室

Photo_20200928135502

 信州松川村にある安曇野ちひろ美術館を中心とした広い公園。ここに黒柳徹子さんの自伝的エッセー『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)の世界を再現した、トットちゃん広場ができていた。1981年に出版された大ベストセラーの表紙と挿絵を担当したのが、いわさきちひろ。その縁で2016年に整備されたそうだ。ちなみに黒柳さんは「ちひろ美術館・東京」と「安曇野ちひろ美術館」の館長です。

   Photo_20200928135404

 幼少時代をつづった物語の舞台は、ひとりひとりの子どもの個性を大切にする教育を推進したトモエ学園。空襲で焼けるまで自由が丘にあったという伝説的な学校です。問題児のトットちゃんが転校してきて初めて見た電車の教室。この教室なら毎日休まず通おうと決意した、というエピソードが印象的。その教室を大正15年と昭和2年に製造された車両で忠実に再現しているのです。

Photo_20200928135401

 小さいころ「ショーセン電車」と呼んでいたチョコレート色の電車。意味も分からず使っていたこの「ショーセン」という名が、第二次大戦後に国鉄になる以前の鉄道省に由来する「省線」電車だと知ったのは、ずいぶん後のこと。車体の継ぎ目は溶接ではなく、リベット打ちだったんですね。貴重な文化遺産。これらは長野鉄道が保存していたものを譲り受け、改装して使用しているとのこと。

   Photo_20200928135602 

 運転席も残され、木の床や天井の照明器具も昔のまま。壁は淡いミントグリーンで明るい雰囲気に。座席は取り外されて小さな机といすが並んでいる。机の上には教科書のほかにソロバン、顕微鏡、試験管など思い思いの教材が。当時としては珍しい自由な教育ぶりがうかがえます。網棚はランドセルや下足袋を置くのに使われていたそうだ。きっと子どもたちの夢が膨らんだことでしょう。

Photo_20200928135601

 敷地内には農業体験や郷土食づくりができる体験交流館もある。横に回り込むと、おじいさんとおばあさんが米俵を背に縁側で日向ぼっこ?と思ったらカカシでした。身に着けている服や長靴はすべて本物。周りには置いてある稲やカボチャ、各種道具類もついさっきまで使っていたような生々しさで、本当に良くできている。農園や雑木林ゾーンもあるのどかな安曇野ちひろ公園でした。

|

« オリンピックの夢の跡 | トップページ | 三宮という地名は? »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピックの夢の跡 | トップページ | 三宮という地名は? »