« 資金力 vs. データ | トップページ | 高原はいま収穫の秋 »

2020年9月16日 (水)

ジャズの帝王がよみがえる

   Photo_20200911141301

 「クールの誕生」(1949-50)、「カインド・オブ・ブルー」(1959)、「ビッチェズ・ブリュー」(1969)と、10年おきにジャズのサウンドを革新する歴史的名盤を生み出したマイルス・デイヴィス。65年の生涯は、ジャズの進化の歴史です。光もあり闇もある、ジャズの帝王の知られざる素顔に迫るスタンリー・ネルソン監督のドキュメンタリー、『マイルス・デイヴィス クールの誕生』が素晴らしい。

Photo_20200911141402

 ビバップ、クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、フュージョン。彼の開拓した斬新な音楽は、ジャズにとどまらずロックやヒップホップに至るまで幅広いアーティストに影響を与えた。ミュートを使用しヴィブラートをあまりかけない彼の演奏は、静かで理知的。でも燃えたぎる情熱を内に秘めた、中音域の伸びやかな音は力強い。1音聞いただけでそれとわかるアーティストはちょっといない。

Photo_20200911141401

 ハービー・ハンコック、ウエイン・ショーター、ロン・カーターなどマイルスのバンドに在籍したジャズメンをはじめ、クインシー・ジョーンズ、カルロス・サンタナ、ジュリエット・グレコなどさまざまなジャンルの大御所が、マイルスの魅力や隠されたエピソードを語っている。恋人、結婚、DV、人種差別、クスリ中毒、フェラーリの大事故・・・さまざまな苦難と絶頂。ジェットコースターのような波乱の人生だ。

   Photo_20200911141302

 どん底まで落ちても、その都度不死鳥のように復活。しかも自分が作ったスタイルを自ら打ち破って、まったく違う次元に至る。その変貌の激しさに賛否両論はあったが、あくなき挑戦を続けるマイルス。成功に安住することなく、愛するフェラーリのように猛スピードで駆け抜けた天才。しかし好き嫌いの激しさ、自分に正直に生きる信念が、家族や仲間へ与えた負の側面も大きかったのだ。

|

« 資金力 vs. データ | トップページ | 高原はいま収穫の秋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 資金力 vs. データ | トップページ | 高原はいま収穫の秋 »