« 90歳の運び屋がいた? | トップページ | 見る恐怖、見えない恐怖 »

2020年8月 2日 (日)

ダー子が食われた?

   Photo_20200731185601

 映画の二作目は『コンフィデンスマンJP.プリンセス編』。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の三人組が絶好調です。コロナで気分が晴れないときは、騙し合いゲーム! えっ何が本当で、どれが嘘? 形成は二転三転、四転五転、七転八倒のおもしろさで、日本中が梅雨明けダー!

Photo_20200731192401

 シンガポールの大富豪が残した資産10兆円をターゲットに、欲望と悪知恵が絡み合う。北大路欣也、ビビアン・スー、竹内結子、広末涼子、濱田岳、滝藤賢一などなど、豪華なキャストがずらーり。デヴィ夫人まで出てきたのには笑えます。マレーシアのランカウイ島、トロピカルリゾートでのセレブなパーティにはピッタリでした。

Photo_20200731192402

 ヤクザのボス赤星(江口洋介)や天才恋愛詐欺師のジェシー(三浦春馬)。おなじみ敵役の主要メンバーもサイコーです。でも、もうこれでジェシーが見られなくなると思うと、とても悲しい。替えの利かない三浦さんだから。執事の柴田恭兵も感情をいっさい表に出さず、心温まる解決策に導く。これはトクな役どころですね。

Photo_20200731185701

 プリンセスに仕立て上げられたコックリ役の関水渚が、ピュアで素直ですごく良かった。ダー子が食われるほどの存在感。しかし予想外の結末まで貫く「本物も偽物もない。信じればそれが真実」というダー子の言葉は深い。やはりこれはコメディエンヌ長澤まさみの魅力全開映画です。笑いたっぷり、感動じわっと。エンディングに流れるOfficial髭男dismの「Laughter」も素晴らしい。

|

« 90歳の運び屋がいた? | トップページ | 見る恐怖、見えない恐怖 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 90歳の運び屋がいた? | トップページ | 見る恐怖、見えない恐怖 »