« ミニ菜園は花盛り | トップページ | 大林監督、3時間の遺言 »

2020年8月14日 (金)

いま山で観られる花たち

Photo_20200812213301

 薄紫色の可憐な花が群生するオオバギボウシ。もう一ヵ月以上咲いています。漢字で書くと大葉擬宝珠。橋の欄干についている擬宝珠にカタチが似ているから。背の高さは1mぐらいで下から上へと開花していく。春の若葉はウリッパと呼ばれ、味噌汁に入れたりお浸しにして食べる。地元ではタラの芽やコシアブラより好きだという人もいますが、個人的には山菜はクセがあるほうが好きです。

   Photo_20200812213801

 オオウバユリを初めて見たときは、その異様な姿に驚いた。ヒマワリぐらいある太い茎の上に、大きな花が四方八方に向かって開いている。だけど葉は一枚もないのだ。大きい花だけれど色は淡い緑で、周りのグリーンに溶け込んで目立たない。漢字で大姥百合。姥とは乳母のこと。乳を与えて育てた子が成人(花が咲く)する頃には、歯(葉)がなくなってしまうから、という説はナルホドと思う。

Photo_20200812213303

 紹介しているのはすべて敷地内に咲く山野草ですが、いちばんの自慢はタマアジサイ。つぼみが白い球形だからこう名付けられました。周りではまったく見かけません。よほど生育条件にマッチしたのでしょう。ほかのアジサイより遅く、8月になってから開花が始まる。白い球が裂けて、淡紫色の小さな花が煙るように現れる。そのまわりを白い装飾化が少し。実に地味な、野生種らしい佇まいです。

Photo_20200812213401

 今年は長雨で、日照時間が短かった。そのせいかどうか、梅雨明けしたときにはもう秋が始まったかのよう。黄葉したサワグルミや紅葉したヤマザクラの葉がハラハラと散っている。そんな中、日当たりのいい一画で真夏の花、シモツケが満開だ。バラ科の落葉低木。下野国(しもつけのくに)、現在の栃木県で発見されたことに由来するという。つかの間の夏、植物にとって貴重な時間です。

|

« ミニ菜園は花盛り | トップページ | 大林監督、3時間の遺言 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニ菜園は花盛り | トップページ | 大林監督、3時間の遺言 »