« 「パワー」の力とリスク | トップページ | 神戸市庁舎の壁画アート »

2020年8月29日 (土)

チャーチルの4週間

   Photo_20200827115601

 1940年、英国は真っ暗闇の時を迎えていた。危機的状況でリーダーに就いた男は、ナチス・ドイツに呑み込まれようとしていたヨーロッパを救えるか。ジョー・ライト監督の『DARKEST HOUR ウインストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』は、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの、密度の濃い4週間を描く。

Photo_20200827115602

 頑固で怒りっぽく、意見の異なる相手に罵声を浴びせる型破りの政治家は、同僚の国会議員や国王からも嫌われている。破滅の危機に瀕した英国は、ヒトラーと和平交渉をするか徹底抗戦を選ぶか、国論は二分。周りの反対を押し切って作戦を進め、いかに「嫌われ者」が「伝説のリーダー」になっていくか。歴史の裏側に迫る。

Photo_20200827120101

 追い詰められたダンケルクの戦いは、民間の漁船、ヨット、はしけまで、ありとあらゆる船舶を寄せ集めて、40万人の将兵を救出し英国へ運ぶというきわめてハイリスクな作戦。常識的に考える人が反対するのも当然だ。しかし国民の声に耳を傾けたチャーチルは、ヒトラーと対決する道を決断。議会で歴史的な演説を行うに至った。

Photo_20200827115801

 チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞。オールドマンの特殊メイクを担当した日本人メイクアップアーティストの辻一弘さんたちが、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞している。まったく似ていないオールドマンをチャーチルに仕立てたメイクアップ術。存在感を際立たせた演技力。ともに素晴らしい。

Photo_20200827115703
 
 朝食にスコッチ、昼食にシャンペン、夕食にワイン、そして夜はブランデーやポートワインを、飲む、飲む、飲む。そしていつも葉巻を手放さない。不健康極まりない生活だ。家庭では奥さんの尻に敷かれている恐妻家。奥さん役は『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・スコット・トーマス。苦しい時も英国人らしいユーモアを忘れない人間味豊かなチャーチルを、しっかり支えていました。

|

« 「パワー」の力とリスク | トップページ | 神戸市庁舎の壁画アート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パワー」の力とリスク | トップページ | 神戸市庁舎の壁画アート »