« タイトルは「接触感染」 | トップページ | 階級社会と近代サッカー »

2020年4月 6日 (月)

メスキータ 没後75年

   Photo_20200404182201

 19世紀末から20世紀初頭に活躍したオランダの画家で版画家でデザイナーのサミュエル・イェスルン・メスキータ。彼は美術学校で多くの学生を指導。だまし絵で有名なM.C.エッシャーも教え子の一人だった。そしてメスキータから大きな影響を受け生涯の師として敬愛したという。白と黒の対比が鮮やかな作品群を見ると、たしかにその画風がエッシャーに受け継がれているのがわかる。

Photo_20200404182202

 エッチング、ドローイング、水彩画などいろんな技法を使ったメスキータですが、彼の特徴は木版画に最もあらわれていると思う。木版ならではのシャープな線。効果的な明暗のコントラスト。計算されたモダンな構図。身近な人々を描いた肖像画も、自然界の動物や植物を表現した作品も、いまなお力強いインパクトを与える。自由なモノの見方や時代を超えた造形力は、とても現代的。

2_20200404182201

 ユダヤ人のメスキータはすでに70歳を超えていたが、1944年ゲシュタボに逮捕されアウシュビッツで亡くなる。逮捕のあとアトリエに残された膨大な作品の一部は、エッシャーや友人たちが決死の思いで救い出し、命がけで守り抜いたそうだ。そして彼らは戦後に展覧会を開催し顕彰に努める。そのおかげでメスキータの名前と作品が今日まで残ったのです。これは幸いでした。

   Photo_20200404182203

 悲劇的な最期から75周年を記念して、昨年東京ステーションギャラリーで開催された日本初の回顧展。新型コロナ騒ぎのさなか、西宮に巡回してきました。マスク着用の義務や入口に手指の消毒液が置かれているのはもちろんですが、混雑防止のため2時間の時間指定が書かれたチケットを渡される。そして他の観覧者とは2m離れるように、とのこと。いまは展覧会などイベントの開催には細心の準備と覚悟が必要なのだ。ご苦労さまです。

メスキータ展 Mesquita
2020年4月4日(土)~6月14日(日)
西宮市立大谷記念美術館
 

|

« タイトルは「接触感染」 | トップページ | 階級社会と近代サッカー »

展覧会情報[2020]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイトルは「接触感染」 | トップページ | 階級社会と近代サッカー »