« あらためて、最強のふたり | トップページ | タイトルは「接触感染」 »

2020年3月29日 (日)

ローマ教皇も人間なんだ

   Photo_20200328223901

 こんな面白い映画なら、昨年末に公開されたときすぐに見ておけば良かった。フェルナンド・メイレレス監督の『2人のローマ教皇』、最近多くなったNETFLIXオリジナルです。ベネディクト16世が退位する前年にアルゼンチンからベルゴリオ枢機卿をローマに呼んで、二人で数日にわたり対話をする。これがストーリーの核。カトリックの総本山ヴァチカンの舞台裏に迫る人間ドラマです。

Photo_20200328223902

 教皇庁No.2の官房長官のような役職を長年務めたドイツ人の教皇。厳しい保守派の代表で、演じるのはアンソニー・ホプキンス。片やジョナサン・プライス演じる慣習にとらわれないアルゼンチン人の枢機卿は、ピッツァとサッカーを愛する庶民的な改革派。考え方も経歴も正反対の二人がお互いの違いを踏まえながら理解を深めていく。その後ベネディクト16世の退位により、ベルゴリオがフランシスコ教皇となる。実話を基にしているだけにリアルだ。

Photo_20200328224001

 宗教界のトップに上り詰めても「人間だから完璧じゃない。罪も犯す」と言えるスゴさ。いろんなスキャンダルで揺れるカトリックの起死回生PR映画、かと思いきやとても見ごたえがある感動作です。二人の運命が交わる2005年ヨハネ・パウロ二世の死によるコンクラーヴェ、2013年ベネディクト16世の引退によるコンクラーヴェ。同時代の歴史を作ったローマ郊外の夏の離宮やシスティーナ礼拝堂のロケが印象的です。そして2018年ブラジルW杯決勝(ドイツ vs アルゼンチン)をTV観戦する二人が人間らしくて好感が持てました。

|

« あらためて、最強のふたり | トップページ | タイトルは「接触感染」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あらためて、最強のふたり | トップページ | タイトルは「接触感染」 »