« 2020年1月 | トップページ

2020年2月

2020年2月15日 (土)

アジアへの第一歩だ

Photo_20200214231601

 元旦に天皇賞を初制覇したヴィッセル神戸。2月12日、晴れてACLアジア・チャンピオンズリーグの本戦からスタートしました。第一戦は地元ノエビアスタジアムでマレーシアリーグ6連覇中のジョホール・ダルル・タクジムと。アジアの舞台は初めてながら、5対1で快勝。予想以上にいいスタートがきれました。

Photo_20200214231602

 小川慶治朗がハットトリック。古橋とドウグラスが1点ずつ。イニエスタがさすがの2アシスト。酒井高徳やフェルマーレンが格の違いを見せて圧倒しました。入場数が8,000人に満たないのは少し寂しい気もしましたが、駆け付けたファンは大満足。ビールもおいしい。この強さが普通になるよう、しっかりやってほしいですね。

Photo_20200214231603

 一次リーグは各組2位までが決勝トーナメントに進む。幸先の良い出足だ。経営母体の楽天はアジアにも進出し、ビジネスの基盤を確立したいと考えているはずだから、ヴィッセルが先兵となってRakutenの知名度が高まるのは狙い通りか。最近は送料の無料化問題で公取から目をつけられていた三木谷さんも、ちょっとうれしい日だったに違いない。さぁ、めざせ!アジアの頂上。

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

日本の美学で演出、蝶々夫人

Photo_20200209132301

 今回のMETライブビューイングは、2019年11月9日に上演されたプッチーニの『蝶々夫人』。ミラノのスカラ座で1904年に初演された異国情緒にあふれたこのオペラ、一途な愛に生きる凛とした日本人女性と気ままで軽薄なアメリカ人男性にまつわる悲劇です。この設定は原作小説のものですが、当時の欧米社会の東洋趣味とアジア蔑視の感情が下敷きにあるは確か。でもそれはプッチーニのせいではなく、物語が作られた時代の反映でしょう。

Photo_20200209132401

 演出は映画『イングリッシュ・ペイシェント』を監督した故アンソニー・ミンゲラ。2006年の初演からMETで何度も上演されている名舞台です。障子やふすま、提灯などを使って「省略」を極めたシンプルな舞台美術。音楽のない出だしや効果的な照明。幻想と現実が入り混じった見事な演出で、歌舞伎より能に近い世界を生み出している。ミニマルでいて多くを語る。豊かなイメージが膨らむ。侘茶や禅に通じる日本文化をよく研究していると感心しました。

Photo_20200209132402

 生身の子役よりピュアな存在感を醸し出す文楽風の人形や黒衣の活躍も印象的。エンディングには筆で書いた「蝶々夫人」のタイトルが舞台の背景に大きく映し出される。予定されていたキャスティングからピンカートン役と領事役が交代となったけれど、どの出演者も熱演でした。なかでも素晴らしかったのが「スズキ」を演じたエリザベス・ドゥショング。難しい役どころを微妙な心理まで繊細に演じ分けていた。このオペラはコスチュームが多少ヘンでも、余りあるおもしろさ。期待を大きく上回る公演でした。

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

ゴッホ、修行と先取りと

Photo_20200203152201

 わずか10年の活動で、約850点もの油彩画を描いたゴッホ。短い時間での多作ぶりもスゴイが、短い期間での作風の変貌ぶりもスゴイ。初期はハーグ派の影響を受けて、茶色やグレーを基調にした地味な色合いで田園風景や貧しい農民の生活を描いている。バルビゾン派のジャン=フランソワ・ミレーに触発された作品も多い。今回25点見られる修行時代の作品は、ちっともゴッホらしくないけれど、世界の見方を形作る背骨になっているのでしょう。

  Photo_20200203152202

 一方、死の前年に描いたこの松の絵はセザンヌを思わせる。20世紀絵画を先取りした作品だ。構図はゴッホが愛した浮世絵の影響でしょう。ゴッホ以前とゴッホ以後に続く道。誰もが見知っている「これぞゴッホ」のアルル時代、それらの作品以外、いわば「らしくないゴッホ」が充実しているのが、この展覧会の特徴。このところ毎年のように開催されっるゴッホ展とは違いがそこにある。

   Photo_20200203205401

 ゴッホの40数点に、彼に影響を与えたハーグ派や印象派の画家の作品を合わせて80数点。クレラー=ミュラー美術館やハーグ美術館のほかにモナコ王宮コレクションやP.&N.デ・ブール財団、イスラエル博物館やワシントン・ナショナル・ギャラリーなどが所蔵する、目にすることが少ない作品が集められている。この展覧会を見た感想は「らしくない」作品も含めてゴッホの真実の姿だということ。変貌を恐れず進化し続ける精神こそがゴッホなのだ。

ゴッホ展
2020年1月25日(土)~3月29日(日)
兵庫県立美術館

 

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

ゴッホの成り立ち

   Photo_20200130212801

 1853年、オランダ南部の牧師の家に生まれたフィンセント・ファン・ゴッホ。1880年、27歳にして画家を志す。1882年ハーグ → 1886年パリ → 1888年アルル →1889年 サン=レミ。そして1890年、37歳にして死去。こう書くと、このわずかな間に数々の傑作を残したのだとあらためて驚きます。しかも我々がよく知っている作品のほとんどは、アルル以降の3年足らずで描いたもの。

Photo_20200201142101

 オランダ時代はハーグ派の影響を受け、身近な風景や貧しい農民の姿を描いた暗い色調の絵を描く。印象派の洗礼を受け、鮮やかな色遣いを学んだパリ時代には、浮世絵の収集と模写に励む。このころまでは、まだゴッホ以前の時代。そしてゴッホが真にゴッホになるのは、アルルの明るい太陽に出会ってから。イエスがキリストになるごとく、南仏の自然に啓示を受けたのだ。

Photo_20200201142102

 この展覧会は、初期のハーグ時代と最後のサン=レミ時代の作品が充実している。それが特徴。ゴッホは特に日本人の好きな画家なので展覧会は数多く開催される。そんななか、ちょっと目新しい視点でまとめたこの『ゴッホ展』。話題になりそうな目玉は何?という展覧会が多いなかで、真面目に画家フィンセント・ファン・ゴッホの成り立ちに取り組んだ姿勢に好感が持てました。

ゴッホ展
2020年1月25日(土)~3月29日(日)
兵庫県立美術館

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

ING展?兵庫県の美術作家

Photo_20200131221301

 兵庫県立美術館の王子分館、原田の森ギャラリーで意欲的なグループ展が開かれている。『ING 兵庫県美術作家 2020 展』。たまたま入ったのだけれど、素晴らしいじゃないですか。INGが何を意味するのか、知らないし、説明もない。わかるのは兵庫県に在住するアーティストだということぐらい。

Photo_20200131221102

 基本は平面の作家の集まりのようだ。パンフレットを見ると、皆さんいろんな会派に属している。この展覧会も従来の会派による企画ではなく、もっと自由意思で集まった有志のグループ展。だから展示されている作品からも、創造に懸ける情熱と新しい表現を目指すエネルギーが強く感じられる。とてもいいです。

Photo_20200131221201

 平面のアートと言っても、厳密な意味ではない。立体的な素材で表現した作品もたくさんあるけれど、壁面に展示するということだけがルール? それでも彫刻作品とは明らかに違うからおもしろい。土や木や石などの自然素材を使って物質感を大事にした作品作りをするアーティストが多いのも現代的だ。

Photo_20200131221302

 油彩、日本画、ミクストメディア、コラージュ、針金画、などなど。それぞれのジャンルで伝統的だった画材にとどまらず、あらゆる材質の可能性にチャレンジ。より自由な発想で、誰もやったことがないことを。映像や立体ではできない表現を。中堅の美術家たちがまじめに全力で取り組んだ成果が凝縮されています。

Photo_20200131221101

 山口敏行、おまつ・T、北山義明、初田隆、椿野浩二、宋貴美子、井澤幸三、久米伴香など、32名のアーティストの作品約180点を展示。兵庫にこんなにたくさん有能な作家さんがいらっしゃったとは!うれしい驚きです。もっともっと見る機会が増えたらいいのに。と言いながら、もう終了間近。紹介が遅くてスミマセン。

ING 兵庫県 美術作家 2020 展
2020年1月29日(水)~2月2日(日)
兵庫県立美術館 王子分館
原田の森ギャラリー

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ