« 10歳が見つめた偏見 | トップページ | キャッツを実写で作る時代 »

2020年1月27日 (月)

日本が誇る竹工芸アート

Photo_20200124224502

 竹を素材とする工芸と言えば、カゴやザルを思い浮かべますね。建築資材としてもよく利用されていました。どこにでもあって手に入れやすい材料。しかも軽い、曲げやすい、しなやかな強さがある、といった特徴が生かされ技術もデザインも高度に発展。ところがプラスチックが世に現れると、あっという間に使われなくなり、身近な生活から姿を消していく。その結果、竹林は荒れ放題。山の環境も破壊されるようになってきた。役立つ資源が、厄介者に。

Photo_20200124224501

 東洋陶磁美術館で開かれている「竹工芸名品展」が素晴らしい。アビー・コレクションからセレクトされた近現代の名品75点。2017年から18年にかけてメトロポリタン美術館で開催された『 Japanese Bamboo Art : The Abbey Collection 』をもとに再構成した展覧会だそうだ。竹の文化が根付いた大阪の地で、ダイアン&アーサー・アビー夫妻が収集した世界屈指のコレクションが鑑賞できるとは。日本人作家の技量、美意識、革新性に誇りを感じます。

Photo_20200124225801

 ちょっと残念なのは、その魅力の発見者は海外の人だったということ。いつものことながら逆輸入というカタチでしかその良さがわからない、気付かない私たち。もう少し見る目を養い、素直に良いものは良いと評価できるようになりたいものです。今回の展覧会を観て心強く感じたのは、いまも伝統の技術を継承し進化させている作家さんがいるということ。まだまだ希望があります。私たちも竹製品を暮らしに取り入れる美学を持ちましょう。

   Photo_20200124224601

 プラスチックなどの工業製品に比べて高価すぎる竹。だからといって消えてしまうには惜しい魅力と技術です。その意味で近年アートの素材として竹が見直されてきたのは、とても良いことだ。竹ならではの軽やかな造形表現が、金属や石や木とは違う新たな味と魅力を生み出す。極めて細かい精緻な細工から巨大なインスタレーションまで。柔軟な竹を活かす文化は、漆と並んで日本の誇り。いつまでも続くことを願います。

Photo_20200124224503

竹工芸名品展
ニューヨークのアビー・コレクション
メトロポリタン美術館 所蔵
2019年12月21日(土)~2020年4月12日(日)
大阪市立東洋陶器美術館

|

« 10歳が見つめた偏見 | トップページ | キャッツを実写で作る時代 »

展覧会情報[2020]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10歳が見つめた偏見 | トップページ | キャッツを実写で作る時代 »