« 138億光年をめざす旅 | トップページ | 知的探求から実利の開発へ »

2020年1月18日 (土)

あの日から25年

117

 阪神・淡路大震災から25年が経ちました。人それぞれの思いが詰まった四半世紀。つい昨日のことのように鮮明に残る記憶と、少しずつ少しずつ薄れていく危機意識。神戸では震災を知らない若い人たちが2割を超えたそうだ。三宮の東遊園地で今年も追悼行事が行われました。竹灯籠を約5,000本灯して「きざむ  1.17」の文字を浮かび上がらせた。

Photo_20200118000401

    死者            6,434人
    行方不明者         3人
    重軽傷者          43,792人

    家屋全壊        104,906棟
    家屋半壊        144,274棟
    一部損壊        390,506棟

Photo_20200117230802

 「慰霊と復興のモニュメント」地下の壁面に並ぶ亡き人たちの名前と千羽鶴。鮮やかな黄色の「シンサイミライノハナ」に書かれた無数のメッセージ。激しい揺れで倒れた「マリーナ像」が抱いていた時計は、永遠にその時を示す。そして「1.17 希望の灯り」に刻まれた言葉が、いつまでも心に残るよう祈ります。

   Photo_20200117230804

         1.17 希望の灯り

         1995年1月17日午前5時46分
         阪神淡路大震災

    震災が奪ったもの
    命 仕事 団欒 街並み 思い出
 
     ・・・たった1秒先が予知出来ない人間の限界・・・

    震災が残してくれたもの
    やさしさ 思いやり 絆 仲間

    この灯りは
    奪われた
    すべてのいのちと
    生き残った
    わたしたちの想いを
    むすぶつなぐ

|

« 138億光年をめざす旅 | トップページ | 知的探求から実利の開発へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 138億光年をめざす旅 | トップページ | 知的探求から実利の開発へ »