« 知的探求から実利の開発へ | トップページ | 日本が誇る竹工芸アート »

2020年1月24日 (金)

10歳が見つめた偏見

   Photo_20200120235301

 第二次世界大戦下のドイツが舞台。という前触れで見に行ったら、いきなりビートルズの『抱きしめたい』(ドイツ語バージョン)が鳴り響いて驚いた。タイカ・ワイティティ監督は天才だ。この一発で観客の心を鷲づかみにするのだから。主人公は10歳の少年、いやまだ少年にもなっていないガキンチョだ。未熟で無知で弱虫で、そのくせ勇敢な兵士になりたいと夢想する。感じやすい、感化されやすい子供にとって疑う余地はない。ま、そんな時代だったのですね。

Photo_20200120235302

 きっとわが日本にもこんな純粋無垢な軍国少年がたくさんいたのだと思います。この10歳が見た戦時下の生活を、映画『ジョジョ・ラビット』は描く。子どもから見ると優しく勇敢な母親も、少年少女にナチス的教育を指揮するヒトラーユーゲントの隊長も、わからないことだらけだ。彼に寄り添い親身になってアドバイスをくれる(空想の中の)友人は、なんとアドルフ・ヒトラー。笑えるでしょ! 演じているのは監督のタイカ・ワイティティ。才人です。

Photo_20200120235401

 困ったことに、時代にマインドコントロールされた彼が、ふとしたことでユダヤ人の少女に出会ってしまう。得体のしれない最悪の敵? はてさて、彼はどう折り合いをつけるのか。自分の眼で認め、自身の頭で考え、少しずつユダヤ人に対する偏見から解放されていくジョジョ。しかし社会の同一性から逸脱する危険も同時に知っていく。成長と勇気。愛と哀しみ。これらの微妙な感情をみずみずしく演じたローマン・グリフィン・デイビスが素晴らしい。未熟で無知なガキンチョ、などと失礼いたしました。

Photo_20200120235402

 1975年ニュージーランド生まれの監督は重くなりがちなテーマを明るくコミカルに描いている。見事なヒューマンエンターテインメント。ナチスや、戦争や、人種差別を、シリアスに描くだけではうまく伝わらないと考えたのではないでしょうか。時代の熱狂。集団的な狂気。「偏見は作られたもの。憎しみより、愛を」。 世界で再び人種差別やヘイトスピーチを叫ぶ勢力が増えつつある現代だからこそ生まれた映画であり、深く伝わるメッセージだと思います。 

|

« 知的探求から実利の開発へ | トップページ | 日本が誇る竹工芸アート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知的探求から実利の開発へ | トップページ | 日本が誇る竹工芸アート »