2019年8月13日 (火)

山村コレクションの先見性

   Photo_20190810180601
 山村硝子株式会社の元社長、山村徳太郎さんが収集した68作家、167点の作品が、1987年に兵庫県立美術館に収蔵されました。それらは20世紀後半の日本美術を代表する作品群。いま世界的に価値を高めている『具体 GUTAI』を中心に『ネオ・ダダ』のアーティストたち、それに80年代のニューウェイヴ。戦後美術史を語るうえで欠かせない重要作品がたくさん含まれている。ちょっと言葉は古臭いけれど、前衛美術の一大コレクションなのです。(前衛という言葉はいまや死語ですね)

Photo_20190811173601

 「アブストラクト(=抽象)と人間くさい前衛のはざま」という独自の方針で、まだ評価が定まらない新しい表現をコレクションした山村徳太郎。これらがいずれは公共の財産になる、という前提で集めたというからすごい。アート作品は誰のモノ? という問いに、作家のモノでもなく、所有者のモノでもなく、その後の時代その後の社会全体の文化遺産だという答えを持っていたのでしょう。その考え方こそが先見の明だと思う。
   Photo_20190811113101

 アートは未来の文化遺産として子孫たちへ残す公共材。そう考えた西宮在住の山村にとって「戦後の関西」はとても幸運だった。「人の真似をするな。今までにないものをつくれ」と吉原治良が主導した具体美術協会の活動が阪神間で盛り上がっていたから。いまでは世界の美術史に名を残すアートムーブメントの面々と、同時代を過ごし同じ空気を吸って交流したからこそ集められたコレクション。もちろん彼の眼の確かさがあってのこと。

Photo_20190811112701

 時代の先をいく人物と、先駆的アートムーブメントの出会い。そこで収集された作品群は、いま見てもワクワクする面白さと美意識を揺さぶられる刺激にあふれています。個人コレクターが集めた同時代のアート作品群を、後の時代に公共の美術館で楽しむ。世界ではフツーにありますが、日本ではまだ珍しい、そんな考え方を具現化した山村コレクション。日本の美術が最も輝いた時代をたっぷり楽しめます。

集めた!日本の前衛 山村徳太郎の眼
山村コレクション展
2019年8月3日(土)~9月29日(日)
兵庫県立美術館
 

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

マリメッコ流、日本の美

   Photo_20190726162201    
 FINLAND MEETS JAPAN「マリメッコ・スピリッツ」という展覧会が東洋陶磁美術館で開催されている。先日ご紹介した「フィンランド陶芸」展と同時開催です。北欧文化と日本文化の親和性、あるいは日本人の北欧デザイン好きにうまくフィットした企画だと思う。よく開催される人気のマリメッコ展のなかでも、今回が視点のユニークさと企画力で群を抜いている。

Photo_20190726164901

 1951年に創業したマリメッコは鮮やかな色彩と思い切ったデザインのテキスタイルで世界を席巻した。創業者のアルミ・ラティアが有能なデザイナーを見つけだす目と、彼女たちの才能をさらに伸ばすプロデュース力を持っていたことで発展する。自然豊かな環境でアーティストが自由に気持ちよく力を発揮できる仕事場は、ライフスタイルを提案する会社にはなくてはならないものだったでしょう。

   Photo_20190726170701    
 現在マリメッコで活躍中の3人のデザイナーが、この展覧会のためにJAPANをテーマ発表した新作が素晴らしい。そして使用した画材やイメージスケッチなど、アイデアの段階から完成形に至る制作過程がよくわかる資料も併せて展示されていて、とても興味深い。アニメなど日本のポップカルチャーにインスパイアされたもの、自然のなかでワビサビを感じたもの、小紋など伝統的な文様から発想したパターンなど三人三様。

   New

 そしてマリメッコが茶室をデザイン監修するとこうなるという、ユニークで楽し気な八角形の茶室が会場に設営されている。草庵の様式を踏襲しながら、「ウニッコ」や「湿原」などのファブリックを壁紙に使って北欧デザインが考える茶室建築を目指している。古い文化に新しいさわやかな風を送り込む、面白い試みだと思いました。マリメッコ、やるねぇ!

マリメッコ・スピリッツ
FINLAND MEETS JAPAN
2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
東洋陶磁美術館

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

フィンランドの陶芸って?

   Photo_20190726000101

 フィンランド陶芸と聞いても、さっぱりイメージがわかない。それが大多数の人たちの共通認識でしょう。いま中之島の東洋陶磁美術館で開催されている「フィンランド陶芸」展の情報を知ったとき、正直なところ「?」が第一印象。でも観に行ったらクオリティの高さに驚きました。この展覧会は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して企画されたそうです。

Photo_20190726000102

 19世紀末からの英国ウイリアム・モリスが主導したアーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受けて、フィンランドで工芸教育の基礎が築かれたという。そして1932年に設立されたアラビア製陶所が、その発展に大きな役割を果たしました。アラビア社では設備の整った環境で作家が自由に創作活動に励むことが認められ、数々の傑作が生まれる土壌となった。いやぁスゴイというか羨ましいというか、日本では考えられないことです。

Photo_20190726000103

 自然の色やカタチにインスピレーションを受けて制作したり、優れたデザインの伝統を持っていたり、アジアの日本人と北欧のフィンランド人は似た文化的素養があるようです。表現にどこか親近感を感じる。陶器で作った彫刻『陶彫』で有名なミハエル・シルキンや、色彩豊かで造形的な作品で人気を博したビルゲル・カイピアイネン、物語性がある陶板で知られるルート・ブリュックなど、才能あふれる多くのアーティストが、芸術作品作りと実用的な商品づくりに活躍した。

   Photo_20190726015601

 ここで観られる約130点の作品は、フィンランド陶芸が決してヨーロッパ辺境のローカル美術じゃおさまらない豊かな表現力を持つことを雄弁に示している。森と湖とムーミンの国。だけではない魅力を示してくれた展覧会です。またこの展覧会と並行して同じフィンランドのマリメッコの展覧会も開催されている。そのレポートはまた後日に開示しますので、ヨロシクお願いいたします。

フィンランド陶芸
芸術家たちのユートピア
2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
大阪市立東洋陶磁美術館

 

| | コメント (2)

2019年7月18日 (木)

これ、なににみえる?

   Photo_20190717200801

 いま芦屋市立美術博物館で開催されているコレクション展がおもしろい。ここの美術館は『具体』のメンバーや、その流れをくむ作家の作品が充実しているので有名だ。その豊富なコレクションを、1章 なにで(素材)、2章 どうやって(技法)、3章 どんなふうに(表現)という 3つのくくりで 74点を展示している。これら近現代の作品は、何を伝えようとしているのか理解できないものが多い。いやむしろ作家が観客に伝えることを積極的に放棄して、観客が何を感じ取るかにすべてをゆだねる。そんなアート観や制作哲学をベースにしているから、意味を考えると「現代アートはわからない」、「難しいから苦手だ」となってしまう。

Photo_20190717200802

 今回の展覧会のタイトル『こどもとおとな』は、とてもよくできている。子どもは大人よりはるかに素直だから、理屈抜きで勝手におもしろがる。きれい、すき、きらい、でこぼこ、ぐちゃぐちゃ、おかしい・・・。3つの章の立て方では、意味ではなく素材や技法を説明しているので、かなりアートに親しみやすいと思う。アートに触れるキッカケさえあれば、あとは勝手に楽しめるのだから。子どもたちも興味を持って観て、なにがしか感化されて帰るのではないでしょうか。それがアートを楽しむ醍醐味。

4_20190717200801

 いままでになかった表現、誰もやらなかった技法をめざせ。まさに『独創的』に至上の価値を置いたアーティストたちの情熱、時代を超えて輝く作品から受けるエネルギー。これらの作家たちが生みだした芸術は、日本を飛び出ていまや世界中でその評価が高まっています。1950年代から数十年、日本それも関西で、こんな世界的なアートムーブメント『具体』が起こったことを誇りに思います。いまそれを担ったアーティストもどんどん亡くなって、歴史上の出来事になりつつある。これからは、これら先輩たちを超える新たな独創アートが生まれることを期待しましょう。

コレクション展
こどもとおとな
ーこれ、なににみえる?
2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)
芦屋市立美術博物館

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

日本を継ぐ現代アート

   Photo_20190704001701

 『数寄景/NEW VIEW』、サブタイトルに「日本を継ぐ、現代アートのいま」と題された展覧会が、阪急うめだ本店で開催されている。日本文化のキーワードから選んだ「あやし」「見立て」「うつろい」「なぞらえ」「かさね」「ゆらぎ」「今様」「奇想」、これら8つの切り口で17人の現代アーティストとその作品を紹介する企画。日本の伝統を引き継ぐという意味ですが・・・。

Photo_20190704181301

 たしかにこのような切り口で2組のアーティストを対比させて展示するのも、ランダムに並べるより観やすいかもしれない。でもあくまでキュレーターの見方なので、なるほどと思うのもあればウーンとなるのもある。それぞれのアーティストにとっても大きなお世話かもしれない。観る側はその企画に乗るもよし、無視して自分なりの見方で楽しむもよし、ということだと思います。

Photo_20190704181501

 現在もっとも注目を集めるアーティストから新世代のスターまで、今回の17名のアーティストはかなりクオリティが高い。なかでもその創造性と洗練度で日本のアート界をリードしているのが、宮永愛子、池田学、teamLab、淀川テクニック、岩崎貴宏、宮本佳美などなど。それぞれ独自の表現で現代アートの先頭を走る「数寄者」たちの、いまが概観できる。

Photo_20190704181401

 揮発して消えていくナフタリンを素材に使ったり、文明批評的な都市郊外の風景をシンボリックに表したり、ゴミや漂流物でエコロジカルな視点を提示したり・・・。数十色の絵具を混ぜ合わせた黒で描くモノクロームの絵画、最先端のテクノロジーとアートの融合・・・。日本にとどまらず、広く世界へ向けた作品の数々。アートの可能性は無限だと感じさせてくれる展覧会です。

数寄景/NEW VIEW
日本を継ぐ、現代アートのいま
2019年6月26日(水)~7月8日(月)
阪急うめだギャラリー

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

山沢栄子、こんな写真家がいた

   Photo_20190630111201

 1899年に大阪で生まれ、アメリカで学び、アメリカと日本で半世紀以上にわたり活躍した写真家・山沢栄子。その生誕120年を記念した展覧会が、西宮の大谷美術館で開催されている。帰国後の1931年に大阪に写真スタジオを開き、1968年には神戸にスタジオを移して、ポートレート写真や広告写真の分野で活躍。1970年代から80年代には『私の現代』と題した個展を多数開催した、と紹介されている。

   Photo_20190630111301

 こんな経歴のアーティストだから知っていて当然なはずなのに、まったく知らなかった。自分の不勉強を恥じ入るばかりです。この展覧会では「What I am doing 」と題して発表された、色鮮やかな抽象絵画のようなカラー写真シリーズを中心に、約140点が展示されている。絵筆ではなくカメラを道具に、どうやって新しい表現をするか。撮る対象の質感も生々しいこれらの作品は、もっと評価をされてもいいのではないでしょうか。

   No7

 そもそも写真で抽象とは、自己矛盾があるのではないかと思う。写真というのは、具体的に存在する何かを光で記録したもの。山沢さんは1950年代から写真による写真でしかできない造形の実験を重ね、こういう独自の表現を生み出した。日本で主流の木村伊兵衛や土門拳とはまったく違う写真の道筋。時代を超えた創造性に対する無理解が、『抽象』という言葉でしかあらわすことができなかった一因でしょう。期待以上のおもしろさでした。

山沢栄子|私の現代
WHAT I AM DOING
2019年5月25日(土)~7月28日(日)
西宮市大谷記念美術館


| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

安藤忠雄の常設ギャラリー

Photo_316

 兵庫県立美術館の展示棟とギャラリー棟との間、2Fと3F部分に5月23日オープンした第2展示棟「 Ando Gallery」。安藤忠雄さんのたくさんの傑作建築やプロジェクトが、模型や写真パネルやドローイングなどたくさんの資料で展示されている。企画展ではなく常設の展示ギャラリーです。この写真の真ん中の部分、ガラス張りの吹き抜け空間と2フロアの展示スペース。天井が高く明るくのびのびした空間です。ここ兵庫県立美術館とその周辺の緑地も安藤さんの設計だから、内も外も安藤作品というわけです。

Photo_317

 出世作の住吉の長屋から光の教会、直島のベネッセハウスミュージアムや地中美術館、そして六甲の集合住宅ⅠⅡⅢⅣなど、代表的な作品が並ぶ。打ちっぱなしコンクリートの素材感と思いがけない発想がぶつかりあって、光の変化と美しい陰影を生み出す、どれも唯一無二の存在だ。そしてこの展示場所も、今回初めて気づいたのですが、いつも歩いている正面入り口に向かう通路の上。迷路のような楽しさがあるこの美術館の、建築としての新しい発見でした。

Photo_318

 海外の仕事が多い最近の安藤さんの作品で、これは行ってみなきゃ!と思ったのが、ヴェネツィアのプンタ・デッラ・ドガーナ。サンマルコ広場からサルーテ教会を見た手前、その突端に見えている三角の建物が海運国ヴェネツィアのかつての税関。その17世紀の建物を外を補修し内部をリノベーションして現代美術館にしたもの。パリ南西部、セーヌ川のスガン島で実現しなかったピノー財団との作業。パリの仇はヴェネツィアで、というところ。2009年のオープンなのに、まだ行ってなかったのはうかつでした。

Photo_319

 3Fの海側デッキには高さ約2.5mのFRP製「青リンゴ」のオブジェが。これも安藤さんのデザイン。米国の詩人サムエル・ウルマンの「青春」をモチーフにしたそうだ。ウルマンは「青春とは人生のある期間ではない。心のありようなのだ」と書く。安藤さんもこの青春のシンボルに「目指すは甘く実った赤りんごではない。未熟で酸っぱくとも明日への希望に満ち溢れた青りんごの精神」という言葉を寄せている。老いることを知らない安藤さんからの、いまの日本に対するメッセージなのでしょう。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

印象派からその先へ 展

   Photo_312

 吉野石膏という会社をご存知ですか。名前の通り石膏ボードを作る建材メーカーです。防火壁のTV-CMをご覧になったことがあるかもしれません。その吉野石膏が1970年代から収集を始めたコレクションの展覧会です。意外と新しいコレクションですが、いまや日本有数の規模にまで成長。そのうち19世紀後半から20世紀にかけて描かれたフランス近代絵画を中心にした、28作家72作品の展覧会です。3つの章に分けて、西洋近代美術史がわかりやすく展示されている。

1906

 第1章は「印象派、誕生 ~革新へと向かう絵画~」 ここではコロー、ミレー、クールベ、マネ、モネ、シスレー、ルノワール、ドガ、ピサロなどの作品が展示されている。ゴッホのオランダ時代の絵も2点ありましたが、観る目がないのかヘタだなぁという印象。(失礼しました)
 第2章は「フォーヴから抽象へ ~モダン・アートの諸相~」 ルオー、ボナール、マティス、ヴラマンク、アンリ・ルソー、ピカソ、ブラック、ミロ、カンディンスキーなど。現代の私たちから見れば、フツーに素晴らしい作品ばかりですが、100年前の人たちはほんとうに驚いたに違いない。ヒトラーから見れば、すべて退廃芸術。

Photo_315

 第3章は「エコール・ド・パリ ~前衛と伝統のはざまで~」 たしかに美術史の上では進歩の流れの方向性からは、すこし外れる。でも進歩が必ずしも善とは限らない。というか、美術史というのは簡単に理論化できるものではないと思う。ユトリロやローランサンなどがこの章の展示作家ですが、ひときわ輝いているのがシャガールです。1910年頃から1979年の作品まで、なかなか充実しています。これら珠玉のコレクションを、一企業の努力で、しかも半世紀足らずで作り上げたた吉野石膏に感謝の気持ちいっぱいです。

世界に誇る 吉野石膏コレクション
印象派から その先へ
2019年6月1日(土)~7月21日(日)
兵庫県立美術館

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

伝説のファッションデザイナー?

    1_4

 ダイアナ妃やサッチャー首相、スウェーデンのシルビア王妃などのためにイブニングドレスを作ってきた鳥丸軍雪 GNYUKI TORIMARU。英国オートクチュール界に大きなインパクトを与えてきたトップデザイナーです。1937年、宮崎県生まれ。59年に日本を出て、ロンドンカレッジ・オブ・ファッションで学ぶ。ピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務めたあと独立。シンプルで洗練された独自のスタイルで作品を発表し、国際的な評価を獲得したスゴイ人なのです。

    Photo_299
    
 軍雪(ぐんゆき)という珍しい名前からとった、YUKIというブランド名でセレブを魅了。類まれな感性と高度なテクニックで誰もマネできない世界まで到達した鳥丸。やわらかい布を垂らせて流れるような優美なひだを生むドレープの手法で、「ドレープの魔術師」とか「絹の彫刻家」と呼ばれてきた。今回はドレープやプリーツを駆使した代表作を中心に、デザイン画なども含め約80点を展示している。


    Photo_298

 独創的な布のカット、動きに連れて繊細に揺れる美。予想以上のすばらしさです。要素をできるだけ減らしたシンプルなデザインながら、優美さと気品を兼ね備えた完璧なアートです。ただし芸術作品のような服って着る人も選ぶでしょうね。でもオートクチュールだから、着る人それぞれに合わせてデザインも考えてもらえるでしょうから大丈夫か。とかなんとか、何が大丈夫なんだか⁉

伝説のファッションデザイナー
鳥丸軍雪 展
2019年4月13日(土)~6月23日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

スーパー狂言って?

   Photo_263
   
 横尾忠則現代美術館で開催中の「笑う横尾忠則」展で、とても興味深かったのは『スーパー狂言』関連の展示。2002年から2003年に上演されたそうですが、当時はまったく知らなかった。お恥ずかしい限りですが、伝統芸能にまったく関心がなかったので。さて国立能楽堂委嘱作品『スーパー狂言』三部作は、原作:梅原 猛 演出:茂山千之丞 美術:横尾忠則 で創作された新作狂言なのです。

   Photo_264

 『ムツゴロウ』では自然破壊。『クローン人間ナマシマ』では科学技術。完結編の『王様と恐竜』では核戦争をテーマに、笑いを通して人間の愚かさをえぐり出した三部作。展覧会場では公演ポスターをはじめ、装束や小道具などさまざまなアイテムが展示されている。上演のDVDも流されています。21世紀のテーマと現代専門用語、それらに伝統的な狂言の所作やせりふ回しが妙にマッチ。おもしろい間を作っている。

   Photo_270    
 シャガールやホックニーもオペラや芝居の舞台美術を手掛けているように、アーティストにとって舞台美術やコスチュームのデザインはものすごくやりがいのある仕事に違いない。自分のイメージが動き、演技し、ときに予想以上の効果を上げる。横尾さん自身の頭や手で完結しない世界。新しい発見や幸福な刺激に満ちあふれた、それこそ笑いが止まらない経験だったのではないでしょうか。

人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展
2019年5月25日(土)~8月25日(日)
横尾忠則現代美術館

| | コメント (0)