2019年2月15日 (金)

日本の森と素木の家具

Soma
 このステキなポスター、北欧家具のブランドを北欧デザインで作成したようでしょ。「SOMA」は岐阜県美濃加茂市にアトリエを構える木工作家・川合優さんが率いるライフスタイルブランドの名称だ。山で働き山に生きる杣人の『杣(そま)』からとったという。いま竹中大工道具館で「SOMA 日本の森と素木の家具」展が開催されている。

Photo
 ふんだんに木が生かされた美しい会場に、シンプルで美しい家具や小物作品が並ぶ。木の美しさや温かさを伝えるために、装飾を廃しデザインは極力シンプルに作り上げる作品は、北欧の名品に通じる。北欧のオークやバーチに対して、日本のヒノキやスギ、ミズナラなどの木目の美しさを強調している。

Photo_2  
 日本では戦後間もないころに植林された木々が有効に使われず、山林の荒廃や生態系の崩壊を招いている。一方安価な木材を大量に輸入し、それは熱帯雨林をはじめ海外の環境破壊にも手を貸している。こんな日本の森の危機、地球規模の環境の危機に対して、木工作家ができることは?と考えた川合。

Photo_3
 そんな状況を解消する一助としてSOMAを起ち上げ、木や森に寄り添って暮らす日本古来の生活を現代に取り入れる方法を展開している。それは家具の製造販売にとどまらず、森を生かすための活動、ワークショップやフィールドワークなどさまざまなコラボレーションに発展しているそうだ。もっともっと共感する人が増えて、豊かな森が後世に引き継がれることを祈っています。

SOMA 日本の森と素木の家具
2019年2月9日(土)~3月17日(日)
竹中大工道具館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

石川直樹の THE HIMALAYAS

Photo
 写真家・石川直樹さんがこれまで撮影してきたヒマラヤをテーマにした写真展が神戸元町で開かれている。越後妻有や瀬戸内国際アートトリエンナーレで彼のヒマラヤ作品群を観てきました。素晴らしかったけれど確かにそれらはまだ途中経過だったのかもしれない。さあ、神々が住む高みへ至った人だけが観ることを許された景色へ。

Photo
 地球の偉大さを求めて、石川さんはエベレストをはじめいくつもの8,000m峰を登っている。そしてただ美しい山岳写真を撮るだけではなく、ヒマラヤの過密問題や環境問題にも目を配る。チベットやネパールの人々の村や暮らしを民俗学的な視点でも記録する。自然と人間との関係。人間がいてこその自然。厳しく、美しく、気高い。

Photo_2
 この展覧会のタイトルになり、ヒマラヤ遠征の総集編となる『THE HIMALAYAS』(TOO MUCH MAGAZINE)、そして連続刊行中のヒマラヤシリーズ最新作『Ama Dablam』(SLANT)と、『この星の光の地図を写す』(リトルモア)の三冊の新刊が発売された。それらを記念した展覧会は、小規模だけど見る価値は高いと思います。

THE HIMALAYAS
Naoki Ishikawa
2019年2月2日(土)~2月14日(火)
strage books
神戸市中央区三宮町3-1-16 三星ビル3F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

横尾忠則の公開制作とは

Photo
 いま横尾忠則現代美術館で開催中の展覧会。タイトルは『横尾忠則 大公開制作劇場』です。「本日、美術館で事件を起こす」というサブタイトルがついている。長年にわたりさまざまな場所で行ってきた公開制作。この『公開制作』という言葉は横尾さんの表現方法にとって、とても大きな意味を持っている。だから会場の数か所で上映される各地での制作風景の記録映像は重要なのだ。

Photo_2
 そのベースには、絵画を描く、という行為そのものを芸術にしてしまおうという考えがあるに違いない。いわば横尾絵画は観客と共に作り上げるパフォーミングアート。「人に見られることでかえって余計な自我やこだわりが消え、無心状態で制作することができる」という。もともとはアトリエのなかった横尾さんが制作場所を求めてやむなくとった手段だそうだ。しかしその効用に気づいてからはより積極的に取り入れ、独自の手法になっていく。

Photo_4
 また横尾さんは公開制作を演劇にたとえている。舞台の上で起こる事件=創造の現場を固唾をのんで見つめる観客と、その熱気やエネルギーを創造=事件に利用する作家。そこに生まれる即興的でスリリングな瞬間瞬間。作家と観客は共犯となって事件を起こし、共同制作者として作品を創造する。この展覧会は、それらの事件の現場検証ということなのでしょう。

Photo_3
 公開制作をもっと演劇的にしたPCPPP(Public Costume Play Performance Painting)もおもしろい発想だ。横尾さん自身が工事の現場監督や大工の棟梁のようなコスチュームで登場して絵を描く。決してホワイトカラーではないです。なぜなら横尾さんにとって「描く」ということは、まさに肉体的行為なのだから。横尾忠則という巨大な才能の、創造の一端に触れられた気がします。
 
横尾忠則 大公開制作劇場
2019年1月26日(土)~5月6日(月・休)
横尾忠則現代美術館 Y+T MOCA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

昭和な、平成な、アート大集合

Photo_3
 平成最後の年だからでしょう、こんな企画があらわれました。兵庫県立美術館の「Oh!マツリ★ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」展です。英語表記は、Heroes and People in the Japanese Contemporary Art 月光仮面やウルトラマンに関する展示もありますが、それがメインではありません。軍国少年の英雄から紙芝居の怪人、そして太陽の塔もあります。ヒーローたちのアート性。アートとヒーローたちとの関係性。

Photo_5
 昭和、平成、振り返れば激動の時代でした。戦争から平和、成長から停滞へと、社会が変化するからニューヒーローが現れるのか。新しいヒーローに感化されて大衆は変わるのか。いずれにしても特別な存在=ヒーローは、私たち一般大衆=ピーポーが直面する困難や願望を映し出す鏡としての役割を担ってきた。それは文化を担ってきた作家たちが、時代の空気をどう消化してきたか、ということでもある。

Photo_4
 昭和なヒーローたちが社会に与えた影響を踏まえた現代芸術家の作品もおもしろい。会田誠の巨大立体作品「MONUMENT FOR NOTHING V~にほんのまつり~」が表現する、地の底からよみがえる軍国主義の亡霊。しりあがり寿のインスタレーション「ヒーローの皮」は本体と制服・コスチュームの意味を考えさせる。アートがどう社会問題に向き合ってきたのかを検証する、おもしろい視点の展覧会です。

Oh!マツリ★ゴト
昭和・平成の
ヒーロー&ピーポー

2019年1月12日(土)~3月17日(日)
兵庫県立美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

切り絵でここまでできるのか

Poster
 11人のカミワザ、超絶技巧の切り絵ワールドへようこそ! こんなキャッチフレーズで、「切り絵アート展」が開催されている。アーティストは蒼山日菜、井出文蔵、酒井敦美、関口コオ、辰巳雅章、筑紫ゆうな、倪瑞良、林敬三、百鬼丸、福井利佐、柳沢京子の11人。それぞれが追求している独創的な世界が楽しめます。

Photo
 切り絵といえば、一枚の紙から切り出した白と黒のシャープな世界、と思っていましたが、そんな既成概念は見事に覆されました。何枚もの紙を重ねて切り抜き、そのあと再構成する。切った紙と描いた絵画を組み合わせて作品にする。など、手法もさまざま。道具もカッターだけでなく、切り絵専用のハサミなど、いろいろ。

Photo_2
 反射光(順光)と透過光(逆光)で違う絵に見える作品もある。これはLED照明を組み込んだ特製の額入り。そして啓蒙主義者ヴォルテールの文章の書き文字を作品にしたものも。こんな発想、信じられませんでした。もう『切り絵』という言葉でひとくくりなどできないほど、『切り絵』の世界は進化しています。

息を呑む繊細美
切り絵アート展
2019年1月12日(土)~3月24日(日)
神戸ファッション美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)