« 旧・南蛮美術館の逸品 | トップページ | 25年目のルミナリエ »

2019年12月10日 (火)

忠臣蔵は、お金次第?

   Photo_20191209213701    
 12月14日の討ち入りを前に、恒例の忠臣蔵。でも今回はちょっとユニークな視点からの映画です。中村義洋監督の『決算!忠臣蔵』。浅野内匠頭の刃傷沙汰から吉良邸への討ち入り。泰平の世に主君の仇討ちを果たした武士の鑑として、もてはやされた47士。しかしその実態はソロバン勘定に明け暮れた日々⁈ 殿が切腹、藩がお取り潰し。ま、現代に置き換えると会社が倒産したようなもの。全員リストラにあった浪人なのですから。

Photo_20191209213702

 何をやるにしてもお金は必要。それは今も昔も変わりません。このお話が上手いのは、そば一杯の値段を基準に換算し、すべての経費を現代の価値に置き換えているところ。赤穂から江戸への出張費が36万円。弓×4が42万円。たいまつ10本で10万円。鎖帷子、手甲、脛あてなどの武具が人数分で960万円。討ち入りにはお金がかかるのだ。失業してからの生活費に食費に家賃と、どんどんがかさんだ出費に加えて討ち入り費。予算がピンチ。

Photo_20191209213802

 主演の堤真一と岡村隆史の演技が素晴らしい。すぐかっとする家老の大石内蔵助。淡々と仕事をこなす勘定方の矢頭長助。登場人物がみんな関西弁でしゃべるのもすごくいい。なんでやねん!と思われますか? 彼らは赤穂の人だから関西弁が自然ですし、世知辛いお金の話をするのにもよく合っている。吉本興業が制作に協力しているから、というのもあるでしょうね。

Photo_20191209213803

 ウイークデーの昼間にもかかわらず、劇場はかなり混みあっていました。史実に基づいた忠臣蔵の裏話。なにかとお金かかるんだよなぁ、節約しても。観客の多くは年金生活とおぼしき皆さん。さぞ身につまされたことでしょう。歴史学者、経済学者が書いたおもしろい原作が増えたせいか、参勤交代や藩の引っ越しなどをテーマにしたユニークな時代劇が近ごろ多くなりました。その流れも汲んで新たな傑作コメディ忠臣蔵の誕生です。

|

« 旧・南蛮美術館の逸品 | トップページ | 25年目のルミナリエ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧・南蛮美術館の逸品 | トップページ | 25年目のルミナリエ »