« ヤンチョビ博士に会いました | トップページ | ゴッホの眼が見た世界 »

2019年11月15日 (金)

ゴッホが信じた崇高な美

   Photo_20191114194201

 ジュリアン・シュナーベル監督の意欲的なゴッホ映画が誕生した。世間の無理解と戦う狂気の天才。謎の死を遂げた悲劇的な人生。生前にたった一枚しか売れなかったにもかかわらず、オークションでとてつもなく高額で取引される・・・。狂気と創造。先見性と時代の衝突。フィンセント・ファン・ゴッホは作品そのものより、エキセントリックな生きざまがワイドショー的切り口で書籍や映画になることが今までは多かった。

Photo_20191114194301

 この映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』では、有名な画家でもあるシュナーベル監督がゴッホという芸術家の創作の核心に迫ろうとしている。オリジナルタイトルは『At Eternity's Gate』 彼が亡くなる1890年の春、サン=レミの精神病院で描いた作品名からきている。日本語名では『悲しむ老人』。この作品について弟テオに送った書簡には、神と永遠との存在の証と思えるもの、崇高で偉大なものを作品の中に盛り込むのは画家の義務だと述べている。

Photo_20191114194402

 「画家とは実物そっくりに見せかける正確さではなく、もっと自由な自発的デッサンによって田舎の自然の純粋な姿を表出しようとする仕事だ」とも言う。自然と一体化すると、目の前に永遠が広がる。(神が作り給うた)彼だけに見えた「この世の美しさ」を、時代を超えて広く人々に伝えたいという情熱。何の変哲もないヒマワリや麦畑や星空が、彼の手にかかれば生き生きと輝きだす。それはなぜか。シュナーベルが伝えるゴッホ芸術のキモではないでしょうか。

Photo_20191114194302

「未来の人々のために、神は私を画家にされた」と精神病院で神父に語るゴッホ。「キリストも磔刑にされたとき、全く無名だった」とも。牧師を目指したこともあるゴッホは、自身を芸術における予言者か殉教者のように感じていたのでしょうか。死ぬ直前の、自分で撃ったのか?の問いに「誰も責めないでくれ」と答えた彼。この時には、実生活における不遇と孤独を克服し、実り豊かな芸術的境地に達していたに違いない。新しいゴッホ像の誕生です。
 

|

« ヤンチョビ博士に会いました | トップページ | ゴッホの眼が見た世界 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤンチョビ博士に会いました | トップページ | ゴッホの眼が見た世界 »