« ソフトクリームとアンブレラ | トップページ | ゴッホが信じた崇高な美 »

2019年11月12日 (火)

ヤンチョビ博士に会いました

Photo_20191107211001

 やさしい色合い。フワンとしたカタチ。半透明でマットな素材。六甲枝垂れの前に設置された岩城典子さんの『ヤンチョビ博士』が素晴らしい。「ヤンチョビ」って何だろう? 意味はわからなくても、どこかヤンチョビな感じ。石垣に腰かけて、物思いにふけっているのか、大阪湾を眺めているのか。物語を感じる背中です。

    Photo_20191107211101

 シュールだけれど、ほのぼのしてる。ベルギーのジャン=ミシェル・フォロンを彷彿とさせる世界。ヤンチョビの住人たちはみんな頭にプロペラを載せているらしい。空を飛ぶのだろうか。犬までプロペラをつけている。ということは空が住処かも。雲の中に住まいがあって、学校もあって、街が広がっていて。妄想も広がっていく。

Photo_20191107211102     
 そして心臓(?)がボーっと光る。明るくなったり、暗くなったり。オブジェのふりをしているけれど、生きているに違いない。人々が寝静まったらもぞもぞ動き出すのかも。はるか遠くの宇宙人のような、すぐ近くの住人のような不思議なキャラクター。きっと穏やかな思索の人=ヤンチョビ。お友達になってもいいと思いました。

   Photo_20191107215901

 もう一点ご紹介しましょう。子どもたちがガラス箱の中を覗き込んでいます。何だと思いますか。これは前田真治さんが作った新しい概念の立体アート作品。競馬や競艇の外れ券を大量に集めて積み上げたもの。しかも展示した場所の土地の価値と同額の外れ券だという。なるほど!と合点しました。しかし、これがアートと言えるのかと思われる方もいるかもしれません。

Photo_20191107220001  
 ここに表現されているのは、人間の情熱、欲望、時間、労力、希望、失望、喜び、悲しみ、怒り、後悔などなど。ありとあらゆる感情とたくさんの夢と挫折。あるいは血と汗と涙の人生。アーティストは「思い通りにいかないのが人生、だからおもしろいんだよ」と言っているのかもしれない。ま、鑑賞者にこんな想像を起こさせることこそアートの力。作品名が『cashless』というのも意味深です。

六甲ミーツ・アート
芸術散歩 2019
2019年9月13日(金)~11月24日(日)

 

|

« ソフトクリームとアンブレラ | トップページ | ゴッホが信じた崇高な美 »

六甲ミーツアート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソフトクリームとアンブレラ | トップページ | ゴッホが信じた崇高な美 »