« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

神長官守矢家の資料館

Photo_20191126203002

 神長官は「じんちょうかん」と読む。守矢(もりや)家は、古事記や日本書紀のころから諏訪上社の神事を取り仕切ってきた家柄だ。この守矢家に伝わる古文書や道具などの文化遺産を収蔵する博物館が、『茅野市立神長官守矢家資料館』です。1991年に開館したとパンフレットにある。建築史家の藤森照信さんの建築家デビュー作。自宅の『タンポポ・ハウス』より前だったのだ。

Photo_20191126203001

 建築的な面白さは、まず屋根を葺いている鉄平石。上諏訪産で石質は安山岩。外壁は黄土色の土壁と「サワラ」の割り板。今は亡き茅野市最後の板割り職人の手によるという。このあたりの素材の魅力は、最近の作品である多治見タイルミュージアムやラコリーナにもつながっている。正面玄関の屋根を突き抜けた四本の柱は「イチイ」。御柱に因んだ四本です。

   Photo_20191126205501

 諏訪大社は日本最古の神社の一つで、いまも民俗学と歴史学の研究の宝庫だ。縄文時代に端を発するとも言われる習俗や行事が残されているという。鹿や猪の首や兎の串刺しなど、おどろおどろしい供物も展示。これらはきっと農耕が始まる前の狩猟採集生活の名残を今に伝える宗教儀式の一部なのでしょう。藤森建築+展示物の迫力で、ここは永遠の生命を獲得しています。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

フジモリ建築を体験する

3_20191126151001

 写真のセンターが『空飛ぶ泥舟』、左の奥が『高過庵』、その下に『低過庵』。逆光で日陰に入っているので少し見えにくいですが。これらは建築史家・建築家の藤森照信さんが作った茶室です。畑の中に建つ唯一無二の建築は、普段は公開されていない。どうやって入るのだろう?と不思議に思う三つの内部を見学できるという、貴重な貴重な「フジモリ建築見学会」に行ってきました。

Photo_20191126152902

 ジブリ映画に出てきそうなワイヤーで吊られた『空飛ぶ泥舟』。立てかけられた梯子から恐る恐る中ににじり入ると、たしかに天井が舟底のように見える。天地が逆さまの舟。茶室なので当然のことのように炉が付いている。可愛い煙突もある。地元の人々は外観から『パーマンの家』とも呼んでいるそうな。遊び心だけでできたような建築で、じつに素晴らしい。

Photo_20191126152901

 6mの木の上に作られた『高過庵』は、タカスギアンと読む。なんでこんな見上げる高さに、なんて考える人のために名付けられた? 面白さの追求は茶の道の大切な要素です。二段にかけられた梯子を登るとこれも揺れている。ワイヤーで吊られた泥舟とはまた異質な揺れ。揺れもまた楽し。屋根の上に突き出た天窓部分は金箔張りで、白い漆喰の壁に柔らかい光が漏れてくる。

Photo_20191126172201

 縄文時代の竪穴住居のような『低過庵』は、半分地下に埋もれたヒクスギる空間。地面から階段を降りてさらに身をかがめて滑り込む。暗い室内では外の話し声や鳥の鳴き声が別世界からの音のように響いてくる。あの世に行ったらこんな感覚だろうか。そしてこの低過庵は屋根がスライドして開くのです。ここには電気が通っていないので、室内はロウソクの灯り。屋根も先生がロープを引っ張って開けてくださる。パッと光がさして、この世へ無事に帰還。

Photo_20191126172202

 この見学会は茅野市美術館が主催したイベントで、藤森先生が現地で自らの作品を解説してくださるという夢のような企画。でも残念ながら開催は不定期で、2~3年に一度あるかないかのようです。常識にとらわれない、しかし古くからの文化や素材を研究しつくされた建築。古代のような、未来のような。アフリカのような、日本のような。時間と空間を超越したフジモリ建築を堪能した一日。たっぷりと脳の栄養をいただきました。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

聴く映画館、というイベント

   Photo_20191122170401

 先日『聴く映画館 Touch that Sound! in KOBE』という名のユニークなイベントに行ってきた。説明によると、ソニーが開発した波面合成技術によって、音に包まれる感覚を生み出す独自の空間音響技術=SSVR(Sonic Surf VR)を使ったサウンドインスタレーション。立体音響のスゴイやつと言えばいいのでしょうか。たしかに右から左へ、手前から奥へ。音が自在に動き回っている。

Photo_20191122170402

 中野雅之「untitled #01」、Cornelius「あなたがいるなら」、evala「See/Sea/She」、Hello,Wendy!+zAk「Katyusha」、清水靖晃「コントラプンクトゥス(J.S.バッハ『フーガの技法』より)」の5曲。すべてSSVRmixです。約30分でひと通り演奏が終わると、アナウンスが流れる。「もう一度同じ演奏を繰り返します。ご自由に席を移動して違う場所で聴こえかたを比べてください」。

Photo_20191122170403

 ステージで演奏するバンドのメンバーの間をうろうろ歩きながら聴いているような。シンセサイザーなどの楽器の内部に入り込んだような。不思議な聴こえかた。素晴らしい技術の進歩だとは思いますが、あくまで新技術のデモンストレーションという感じ。大切なのはこの空間音響技術をどう生かすか。今まで不可能だった音の表現を新たに生み出せるのかどうか。これからの課題です。

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

プッチーニ最後のオペラ

Photo_20191116164601

 オペラシーズンが始まりました。METのライブビューイング、2019ー20シーズンのスタートはプッチーニ最後のオペラ『トゥーランドット』です。上演された10月12日はルチアーノ・パヴァロッティの誕生日だそうだ。カラフ王子役のユシフ・エイヴァゾフが幕間インタビューで話していた。アゼルバイジャンで育った少年時代のアイドルがパヴァロッティ、それを思いながら「誰も寝てはならぬ」を歌います、と。2006年トリノ冬季オリンピックの開会式でパヴァロッティが歌ったことでも有名です。荒川静香さんの金メダルも。

Photo_20191116164702

 プッチーニの東洋趣味が生み出した、古代中国を舞台にした冷酷な美貌の姫君と流浪の王子の物語。演出は巨匠フランコ・ゼフィレッリ。METでは1987年の初演以来、再演が繰り返される伝説のプロダクションで、この公演は今年6月に亡くなった彼に捧げられている。綿密に資料を研究した美術とコスチューム。舞台上で群衆を操るスペクタクルな要素。正統的で華やかな演出は『トゥーランドット』のスタンダードになっている。

Photo_20191116164703

 指揮はMET音楽監督のヤニック・ネゼ=セガン。そしてトゥーランドット姫をクリスティーン・ガーキー。カラフ王子をユシフ・エイヴァゾフ。召使いリューをエレオノーラ・ブラット。カラフ王子の父ティムールをジェイムズ・モリスが演じる豪華なキャスト。大衆迎合的過ぎると批判されることもあるプッチーニを、有無を言わせぬ圧倒的なパッションと絢爛さで堪能させてくれます。さすがMET!

 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

ゴッホの眼が見た世界

Photo_20191116123901

 『バスキア』や『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督が作った『永遠の門 ゴッホの見た未来』。この映画の革新性をひと言でいえば、ゴッホ自身が見た世界の映像化。そんなアホな、と突っ込みたくなるとんでもないアイデアながら、観ているうちにいつしか自分がゴッホになってしまっているかのように感じる。無謀とも思える企画が見事に成功しているのだ。これはスゴイ。

Photo_20191116124001

 このユニークかつ画期的な試み。どんな手法なのか? それはほとんどを主観映像で構成していること。手持ちカメラを多用し、画面はブレ、ゆがみ、斜めになり、どんどん動く。頭がくらくらして、めまいを起こしそう。そして足元や人の顔の過度なアップ。遠近両用メガネのひずみのような効果をねらった、画面の上と下で被写界深度の違うレンズの使用。撮影監督のブノワ・ドゥロームの手腕とアイデアは特筆ものだと思います。


Photo_20191116123902

 ときどき画面はフェイドアウトして暗転する。それは彼が発作を起こし不本意な出来事を起こすとき。次の画面は「意識がない、記憶がない」という言葉から始まる。精神を病んでいたのも、いろんな事件を起こしたのも記録に残る事実だ。けれどもそれを第三者の視点で客観的に描写するのではなく、この映画はあくまでゴッホの主観で構成する。ゴッホの視点だけではなく、ゴッホの意識でも映画を作るという試みがおもしろい。

Photo_20191116123903

 ここまで「ゴッホが見た世界」と述べてきましたが、正確にはシュナーベル監督が「ゴッホはこう見ただろう」と考える世界。彼によるゴッホの解釈だ。「ゴッホは自分が新しい視点で世界を見ていることに気づいていて、それを人々に伝えたかったのだと思う」というシュナーベル。ゴッホは度重なる発作の合間には、極めて冷静に作品を制作している。「彼は絵を描くとき完全に正気だったと思う。彼の芸術は決して『狂気』の所産ではないのだ」と。

Photo_20191116124002

 タチアナ・リソフスカヤの音楽もとてもいい。ピアノ主体の画期的な現代音楽。ゴッホの不安や苦悩を表現する不安定な和音や、世間や時代の無理解にとまどう姿に寄り添う旋律。この世の美しさに目ざめ、創作する喜びに感動するゴッホの魂の叫びが聞こえて来そう。長く記憶に残る映画音楽の誕生です。

 盟友でもあったポール・ゴーギャンが残した言葉。
      彼は黄色が好きだった。勇敢なフィンセント。
      霧を嫌う彼の魂を ー 太陽の光が復活させる。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

ゴッホが信じた崇高な美

   Photo_20191114194201

 ジュリアン・シュナーベル監督の意欲的なゴッホ映画が誕生した。世間の無理解と戦う狂気の天才。謎の死を遂げた悲劇的な人生。生前にたった一枚しか売れなかったにもかかわらず、オークションでとてつもなく高額で取引される・・・。狂気と創造。先見性と時代の衝突。フィンセント・ファン・ゴッホは作品そのものより、エキセントリックな生きざまがワイドショー的切り口で書籍や映画になることが今までは多かった。

Photo_20191114194301

 この映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』では、有名な画家でもあるシュナーベル監督がゴッホという芸術家の創作の核心に迫ろうとしている。オリジナルタイトルは『At Eternity's Gate』 彼が亡くなる1890年の春、サン=レミの精神病院で描いた作品名からきている。日本語名では『悲しむ老人』。この作品について弟テオに送った書簡には、神と永遠との存在の証と思えるもの、崇高で偉大なものを作品の中に盛り込むのは画家の義務だと述べている。

Photo_20191114194402

 「画家とは実物そっくりに見せかける正確さではなく、もっと自由な自発的デッサンによって田舎の自然の純粋な姿を表出しようとする仕事だ」とも言う。自然と一体化すると、目の前に永遠が広がる。(神が作り給うた)彼だけに見えた「この世の美しさ」を、時代を超えて広く人々に伝えたいという情熱。何の変哲もないヒマワリや麦畑や星空が、彼の手にかかれば生き生きと輝きだす。それはなぜか。シュナーベルが伝えるゴッホ芸術のキモではないでしょうか。

Photo_20191114194302

「未来の人々のために、神は私を画家にされた」と精神病院で神父に語るゴッホ。「キリストも磔刑にされたとき、全く無名だった」とも。牧師を目指したこともあるゴッホは、自身を芸術における予言者か殉教者のように感じていたのでしょうか。死ぬ直前の、自分で撃ったのか?の問いに「誰も責めないでくれ」と答えた彼。この時には、実生活における不遇と孤独を克服し、実り豊かな芸術的境地に達していたに違いない。新しいゴッホ像の誕生です。
 

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

ヤンチョビ博士に会いました

Photo_20191107211001

 やさしい色合い。フワンとしたカタチ。半透明でマットな素材。六甲枝垂れの前に設置された岩城典子さんの『ヤンチョビ博士』が素晴らしい。「ヤンチョビ」って何だろう? 意味はわからなくても、どこかヤンチョビな感じ。石垣に腰かけて、物思いにふけっているのか、大阪湾を眺めているのか。物語を感じる背中です。

    Photo_20191107211101

 シュールだけれど、ほのぼのしてる。ベルギーのジャン=ミシェル・フォロンを彷彿とさせる世界。ヤンチョビの住人たちはみんな頭にプロペラを載せているらしい。空を飛ぶのだろうか。犬までプロペラをつけている。ということは空が住処かも。雲の中に住まいがあって、学校もあって、街が広がっていて。妄想も広がっていく。

Photo_20191107211102     
 そして心臓(?)がボーっと光る。明るくなったり、暗くなったり。オブジェのふりをしているけれど、生きているに違いない。人々が寝静まったらもぞもぞ動き出すのかも。はるか遠くの宇宙人のような、すぐ近くの住人のような不思議なキャラクター。きっと穏やかな思索の人=ヤンチョビ。お友達になってもいいと思いました。

   Photo_20191107215901

 もう一点ご紹介しましょう。子どもたちがガラス箱の中を覗き込んでいます。何だと思いますか。これは前田真治さんが作った新しい概念の立体アート作品。競馬や競艇の外れ券を大量に集めて積み上げたもの。しかも展示した場所の土地の価値と同額の外れ券だという。なるほど!と合点しました。しかし、これがアートと言えるのかと思われる方もいるかもしれません。

Photo_20191107220001  
 ここに表現されているのは、人間の情熱、欲望、時間、労力、希望、失望、喜び、悲しみ、怒り、後悔などなど。ありとあらゆる感情とたくさんの夢と挫折。あるいは血と汗と涙の人生。アーティストは「思い通りにいかないのが人生、だからおもしろいんだよ」と言っているのかもしれない。ま、鑑賞者にこんな想像を起こさせることこそアートの力。作品名が『cashless』というのも意味深です。

六甲ミーツ・アート
芸術散歩 2019
2019年9月13日(金)~11月24日(日)

 

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

ソフトクリームとアンブレラ

Photo_20191107124201

 いつも単純だけどパワフルなアイデアで楽しませてくれる松蔭女子中学校と高等学校の美術部が、今年も出展しています。六甲山カンツリーハウスの池の畔に展示されている『ハッピー・ソフトクリーム!』。地面に落ちてコーンから溶け出したソフトクリームは、シズル感たっぷり。ファミリーが楽しむ遊園地の、ある、ある、で笑える作品。子どもたちにも人気です。

Photo_20191107125401  
 まわりに立ち入り禁止的に張り巡らされたバーを支えるパイロンも、ソフトクリーム用のコーンになっている。芸が細かい。道路工事現場で使うパイロンもコーンとか三角コーンと呼ぶからね。あ、池に浮かんだ脚漕ぎボートの屋根にもコーンが! これで本体からまわりの囲いへ、そしてボートが行き来する池の水面へと視線が広がり、作品のスケールがグンと大きくなりました。

Photo_20191107124302

 キャンプ場のテント? 大きな傘の骨組み? 大芝生の斜面に金沢の雪吊りのようにロープを張った作品が並んでいる。ロープだけで壁はないけれど、中に入って座っている人などは自分の部屋にいるかのようにくつろいでいる。リラックスして瞑想にふけっているのでしょうか。こんな建築の原点とも思える不思議な立体作品は、藤江竜太郎さんの『ソライロアンブレラ』です。

Photo_20191107152001

 中央の支柱から登山用のザイルを何本か地面に張っただけ。日差しも入る。雨も降る。風も吹き抜けるし、夜は星も見える。文字通り自然と一体のこの作品、屋根や壁はなくても外界から切り離された特別な空間になっている。神社で聖域と俗世界を隔てるのが、縄一本だけというのに似ている。抽象化された境界にもかかわらず、人はその意味を解し、心地良さを感じることができる。

六甲ミーツ・アート
芸術散歩 2019
2019年9月13日(金)~11月24日(日)

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

これは犬島の番犬?

Photo_20191103000801

 なんだ!なんだ! 家からヌッと上半身をあらわした犬。これは瀬戸内国際芸術祭の作品ではないようですが、犬島でえらい目立つアートなので、番外としてぜひ紹介したいと思います。この二階建ての白い建物、おかやま山陽高校の海の家。それを犬小屋に見立てたこの立体作品は、長さ5.1m×幅2.4m×高さ3mという巨大さ。『犬島の島犬』という作品名もおもしろい。

Photo_20191103000702

 アーティストの川埜龍三さんが「犬島ハウスプロジェクト」として2年の歳月をかけて制作した巨大パブリックアート。特殊セメントで犬の身体を造形し、体表に2万枚もの陶板タイルやアンティーク陶器やガラスモザイクを貼り付けた。ガウディを思わせる破砕タイル技法です。1500人もの人がさまざまな願いや思いを込めて作った陶板タイル、各地のワークショップで作られたそうだ。


Photo_20191103000701

 かつて採石や銅の精練で栄えた犬島も、いまは人口50人を切るまでに過疎化が進む。この島の番犬か守り神のように沖を見つめている犬。島の将来を考えているのでしょうか。設置されたときには「オープンドッグハウス」という内部の見学会も。参加者は体内に入り、覗き窓になっている眼のところから外の景色を眺めたという。機会があれば中へ入ってみたいものですね。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

精練所と家プロジェクト

Photo_20191101150801

 犬島は江戸城、大坂城、岡山城などの石垣に使う花崗岩の切り出し地。石の産地です。明治時代には銅の精錬所が開設される。その遺構を再生したのが『犬島精練所美術館』。三分一博志の建築と柳幸典の作品で構成される。銅を精錬した残りかすを利用した黒褐色のカラミレンガでできた重厚な空間の中で、三島由紀夫の世界観を味わえるアート作品の展示。近代化産業遺産の廃墟としての美しさは三島の滅びの美学に通じるのでしょうか。

Photo_20191101150302

 最盛期には6,000人もの人々が暮らしていた犬島も、社会や経済状況の変化と高齢化により現在は50人を切っているという。そんな島をアートの桃源郷にしようとする建築家の妹島和世さんとディレクターの長谷川祐子さんが手がける家プロジェクトが見ものです。島内に点在するかつての家の跡地に『F邸』『A邸』『I邸』『S邸』『C邸』の5つのギャラリーと『石職人の家跡』に作品を展示。

Photo_20191101150402

 作品を展示しているのは、名和晃平、荒神明香、ベアトリス・ミリャーゼス、半田真規、オラファー・エリアソン、浅井裕介など素晴らしいアーティストたち。この島の歴史や身近な自然が感じられる。かつての家の古材や屋根瓦を使ったり、まわりの風景が見える透明アクリル、映り込みの面白さを狙った反射板、発砲させたウレタンフォームなど使用されている素材もおもしろい。

Photo_20191101150401

 小さい島なので集落を歩いて作品を観て回れる。ちょっと休憩したくなったら妹島和世さんの作品『中の谷東屋』が。アルミの鏡面仕上げの屋根は周囲の風景を映し出し、風が通り抜ける空間は周囲と一体となる。中にはSANAAデザインのラビットチェアも用意されていますよ。キノコの傘の下にもぐったようなこのスペース。あれ、話し声や音がエコーになってる。異次元に入った感覚です。

瀬戸内国際芸術祭 2019
ひろがる秋
2019年9月28日(土)~11月4日(月)

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »