« オルゴールと宇野亜喜良 | トップページ | 魔法の森やガラスの庭 »

2019年10月22日 (火)

金の鶏、ランタン、風の力

Photo_20191017215301

 六甲ミーツ・アート2019の作品を、これから何回かに分けて順次ご紹介していきたいとます。
 オルゴールミュージアムのそばに池がある。この池の中に浮かぶ小さな島は、アーティストに作品の制作と展示について強いインスピレーションを与えるようだ。毎年かなりの力作に出会えます。今年は若田勇輔の「The Cock」。六甲山には神功皇后が金の鶏を埋めたという伝説が伝えられていて、その話を基にプラスティック製の金色の花びらを集積して作ったそうだ。

Photo_20191018103801

 オルゴール館から高山植物園に向かう木道沿いには、数百本の黒いオブジェがススキのように風に揺れている。中森大樹の「Texture of Energy」だ。風を受けて揺れ動くことによって発電して光る、という作品。細い棒の先につけられた発電素材とLEDを使って、風の強さや吹く方向で明るさや動きが変わるそうだ。目に見えない風のエネルギーを可視化するのがアーティストの狙い。昼間もいいけれど、もう一度暗くなってから見に来なくっちゃ、と思いました。

  Photo_20191017215303

 高山植物園内にある映像館。その廊下を使った栗真由美の「builds crowd AMAGASAKI」がおもしろい。軒お先から吊り下げられたたくさんのランタン。光る雲のような上部と可愛い家形が集まった下部。家々の明かりはぬくもりや郷愁をかきたてます。母に抱かれて夕方の買い物に出かけた幼いころの記憶。ほのかな匂いまでよみがえってきそうです。

Photo_20191017215401

 近づいて見ると、ランタンになっているのはすべて実在の商店や建物。尼崎の商店街を取材して写真を撮り、ランプシェードのように天井から吊り下げた。焼き肉屋にカラオケ屋、居酒屋にバイクショップ。ビリケンさんのお堂まである。とても緻密な作業がリアリティを与えているんだ。雑多なお店が好き勝手にデザインした看板を並べた商店街。そのカオス的状況が生み出す人間的な温かさと居心地の良さ。うまく表現しています。

六甲ミーツ・アート
芸術散歩 2019
2019年9月13日(金)~11月24日(日)

|

« オルゴールと宇野亜喜良 | トップページ | 魔法の森やガラスの庭 »

六甲ミーツアート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オルゴールと宇野亜喜良 | トップページ | 魔法の森やガラスの庭 »