« 宮廷を舞台にした歴史劇 | トップページ | 千住博、40年余の歩み »

2019年9月19日 (木)

千住博の高野山奉納襖絵

   2

 高野山が開創1200年を迎えた2015年から約3年をかけて制作された2点の襖絵および障壁画。総延長17メートルの『断崖図』と25メートルの『瀧図』が、2020年に高野山金剛峯寺に奉納されることになりました。この展覧会は、奉納前のお披露目。金剛峯寺には狩野探幽などの襖絵もあり、これで千住博さんも歴史の一部になるのでしょう。下の写真は部屋の四方を囲む絵を一面に並べた形。
Photo_20190918233501

 作家自身が画業40余年の集大成として位置付ける渾身の大作は、見応え十分です。『断崖図 Cliff』は大主殿の「茶の間」に襖18面。胡粉で下塗りした和紙をクシャクシャにシワをつけ、天然岩絵の具とプラチナ泥で描いたそうだ。襖絵なので平面作品なんだけど、凹凸があり、割れ目がある。まさに岩石の表面のような質感は立体だからこそ生みだせたのだ。

Photo_20190918233402

 『瀧図 Waterfall』は大主殿の「囲炉裏の間」に。襖、床の間の壁画で合計24面。焼き群青で描いた限りなく黒に近いブルーグレーの下地に、胡粉を流し、その上から水を流し、さらにエアブラシで飛沫を吹き付ける。ほんとうに流れる水で表現した瀧。計算できない偶然性が液体としての水をよりリアルに見せる。写実ではないけれど、瀧の本質、霊性を写実以上に感じさせる表現力は素晴らしい。

Photo_20190919004301

 これら奉納襖絵をニューヨークのスタジオで制作する様子を記録したVTRがとても面白い。千住さん自身が解説する独自の技法や創作の秘密が、「ここまで語ってもいいの、盗まれるんじゃないの」と心配するぐらい丁寧で分かりやすい。まぁ、いくら説明を聞いても同じようには出来ないと自信があるからでしょう。このVTRは10分ほど。展覧会場の外ですが、ぜひ忘れず見てくださいね。


高野山金剛峯寺 襖絵完成記念
千住博 展
2019年9月14(土)~11月4日(月)
神戸ゆかりの美術館
神戸ファッション美術館

|

« 宮廷を舞台にした歴史劇 | トップページ | 千住博、40年余の歩み »

展覧会情報[2019]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮廷を舞台にした歴史劇 | トップページ | 千住博、40年余の歩み »