« エコなジェラート屋さん | トップページ | やっぱり日本人はドラえもん(1) »

2019年8月19日 (月)

ブルーベリー狩りは楽し

Photo_20190816210401

 こんなおいしいブルーベリーがあるなんて! 奈川の富田ブルーベリー農園で初めてのブルーベリー狩りは感動の体験でした。ここは標高1000m以上、昼と夜の寒暖差が大きい気候と有機栽培によってとても甘いのが特徴だ。バスケットを持って広い果樹園に。すでに多くの人が摘んでいるので、まだ他の人が入っていない上の畑に向かう。いっぱいいっぱい熟した実。ブルーベリーってこんな出来かたをするのか、と予想をはるかに超えてたわわに実っている。

   Photo_20190816215101

 「樹によって甘かったり酸味が強かったりそれぞれ味が違うから、食べて気に入った樹から摘みなさい」とアドバイスを受けていたので、次から次へと試食。そしてコレは!という樹のモノを重点的にバスケットに入れる。畑では食べ放題、摘んでバスケットに入れて持って帰るぶんは量り売りでお金を払う、というのがここのシステムです。はい、約3Kgをお持ち帰り。感動の安さ!  
   Photo_20190818113901

 ブルーベリーは北アメリカ原産の落葉低木。日本では主にハイブッシュ系とラビットアイ系が計100種ほど栽培されているという。長野県は高冷地で酸性土壌が栽培に適していて収穫量も多い。この富田ファームでは4種類が植えられているそうだ。畑の列ごとに違う品種が植えてあるのかと思ったけれど、バラバラだそうだ。苗木のときはわからないのか、混ぜたほうが実がよくつくのか。それは聞き忘れました。

Photo_20190816210602

 今年は雨が多く日照時間が少なかったので生育が悪く、例年に比べてブルーベリー狩りのオープン日がずいぶん遅れたそうだ。おかげで今回の滞在にタイミングがピッタリ合ってラッキーだ。粒も大きく甘さも素晴らしい。なかなか貴重な体験でした。もともと背の低いツツジ科のうえに、樹勢を保つための剪定で小さな子どもでも手が届く高さに実がなっている。親子三代で来てみんな一緒に楽しんでいるグループも多い。

Photo_20190816210501

 収穫した採れたてをそのまま食べるのは最高です。でも新鮮なおいしさをいろいろな食べ方で楽しみたいから。贅沢に使ってでリゾットを作りました。材料はつぶしたブルーベリーと飾りのブルーベリー。そして刻んだタマネギとパルミジャーノ・レッジャーノ。作り方は基本的なリゾットと同じです。そしてソテーした豚ヘレ肉に使うソースも。結論、おいしい素材はどんな調理法でもおいしい。

|

« エコなジェラート屋さん | トップページ | やっぱり日本人はドラえもん(1) »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エコなジェラート屋さん | トップページ | やっぱり日本人はドラえもん(1) »