« 山村コレクションの先見性 | トップページ | ブルーベリー狩りは楽し »

2019年8月16日 (金)

エコなジェラート屋さん

Photo_20190814225601

 先月、乗鞍高原の観光センターにお洒落なジェラート屋さんが誕生した。Gift NORIKURA Gelato & Cafe というお店です。「乗鞍の恵み・乗鞍からの贈り物」と名乗っているように、ここのジェラートは地元産の自然素材にこだわっている。奈川の富田ファームのブルーベリー、乗鞍高原ばんどころメリーランドのヤギのミルク、信州蜂蜜本舗のハチミツ、塩尻のヒュッテほし★が自家農園で育てたリンゴ、などなど。ここならではの美味しさが楽しめる。

Photo_20190814225701

 この店のこだわりのもうひとつはエコ。プラスチックはおろか紙製の容器も使っていない。ジェラートのカップもスプーンも木製で食べた後は返却するシステムだ。ゴミゼロ&パッケージフリーショップを目指しています、という通り包装紙や袋も提供していない。そして売り上げの3%は乗鞍高原の環境整備に活用するそうだ。この地域が一体となってもっともっとエココンシャスな方向で発展したらいいなと思う。

Zero_20190816104301

 乗鞍高原の目新しい変化は自転車の人たちの増加。冬場はもちろんスキー客だけど、夏の今ごろは登山の人かバスで山上へ行く観光客がほとんどだった。有名なヒルクライムレースも行われる聖地なので、ペダルをこいで千数百メートルの標高差を登るライダーはいましたが、あくまで少数派。それが今デッキでジェラートを食べていると、次から次へと自転車が行き来する。サイクリングもずいぶん一般的になったものだ。自転車もエコな乗り物だからいいことですね。

|

« 山村コレクションの先見性 | トップページ | ブルーベリー狩りは楽し »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山村コレクションの先見性 | トップページ | ブルーベリー狩りは楽し »