« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月29日 (木)

やっぱり日本人はドラえもん(3)

Photo_20190826155701

 現代の日本では、鉄腕アトムに始まり、仮面ライダー、ウルトラマン、キャプテン翼、ガンダムなど、たくさんのヒーローがあらわれた。でもこれらのヒーローは男の子たちのものでしょうか。女の子ならリボンの騎士や、ひみつのアッコちゃん(スミマセン、あまり知らないので・・・) いや、女子はあまり強いヒーローは求めないのかもしれません。いずれにしろ昭和・平成の少年少女はこんなヒーローやヒロインに憧れ、教えられて育ったのは間違いありません。

   Photo_20190826155401

 でも、ドラえもんはこんなヒーローたちとちょっと違う。男女の差なく、年齢も関係なくみんなに愛される国民的キャラクター。設定そのものは未来からやって来た宇宙ネコというSFだけど、どこかとぼけた身近な存在だ。登場するキャラクターたちもみんな個性的で、サザエさんやちびまる子の世界に近い。だから誰もが自分なりの思い入れで物語に入っていける。ひいきのキャラもさまざま。感じ方もみんな違う。それが許される包容力こそが人気のヒミツかもしれない。

Photo_20190826155403

 コラボしたアーティストも自由に「ドラえもんの世界」を作品にして楽しんでいる。しずかちゃんを描いたり、ドラえもんを楽しむ行為を表現したり、ひみつ道具図鑑を作ったり。28組のアーティストが制作した作品は、それこそ百花繚乱という感じ。アプローチの方法、表現する手法・・・この多様性を観るだけでも、ドラえもんが現代日本人のアイデンティティ形成にいかに広く深く影響を与えたか見て取れる。社会学の重要な研究テーマになってもおかしくないぐらいです。

   Photo_20190826155402

 ドラえもんのひみつ道具は、どこでもドアとか、なんでもポケットとか、タケコプターとか、アナログなところがいい。しかもタイムマシンなども普通に出てくるからスゴイ。100年後のサイエンスでも実現できるかどうか、という超先端テクノロジーが違和感なくストーリーに現れる。この友情や希望を描くお話の、根底にあるメッセージは社会や人間に対するオプティミズム。時代がどんなに変わっても日本人の精神的バックボーンであり続けてほしいと思います。

THE ドラえもん 展  OSAKA 2019
2019年7月12日(金)~9月23日(月・祝)
大阪文化館・天保山

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

やっぱり日本人はドラえもん(2)

   Photo_20190823135501

 ドラえもんがいてくれたらと、今日も思う。ポスターにも、会場内のパネルにもこの言葉が書いてある。それがみんなの夢。のび太はすぐにドラえもんに頼ってしまうダメな奴だけれど、気持ちはわかる。ガキ大将でもない、優等生でもない。のび太はその他大勢のボクたち日本人の代表だ。だからこそドラえもんというキャラクターが際立つとも言える。この国民的キャラクターと最先端の現代アートとのコラボ。新たな魅力満載です。

   Matida

 27組のアーティストの肩書も多彩でおもしろい。アーティスト 美術家。画家。写真家。漆造形家。写真家・映画監督。ペーパーアーティスト。漫画家・アーティスト。水墨画家。彫刻家。美術家・彫刻家。メディアアーティスト。書家。肩書というのは作家が「自分は何者か」を宣言することだからとても大切です。そしてこんなに多彩だということは、日本の現代アートが豊かに成長している証でほんとうに喜ばしい。

Photo_20190823140401

 それぞれが独自の発想、独自のテクニックで思いを込める。ユーモアあり、驚きあり、問題提起あり。予想をはるかに超えた作品群は、アートの持つ底力を観客にしっかり伝えてくる。なかでも、しりあがり寿の『万事解決!劣化防止スプレーの巻』は秀逸なアニメ作品です。いま世界中にはびこる社会の劣化、人間の劣化を一瞬で解決するスプレーで、ドラえもんが世界を救う物語。
   Photo_20190823142801
 夏休みに向けたこの展覧会、たしかに子ども連れのファミリーもたくさん来ていますが、大人もしっかり楽しめる。生き方や時間の概念など奥深い哲学的な命題も含まれていて、考えさせられることが多い企画です。中国をはじめ欧米からの観客もすごく多い。そしてみんなが楽しんでいる。もうドラえもんは日本人だけのモノじゃない。世界の文化なのだと感じて、ちょっと誇らしい気がしました。

THE ドラえもん 展 OSAKA 2019
2019年7月12(金)~9月23日(月・祝)
大阪文化館・天保山

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

やっぱり日本人はドラえもん(1)

Photo_20190822220801

 ドラえもんが1970年に誕生して50年。だから60歳以下の日本人はドラえもんで育った、と言っても過言ではありません。われわれ団塊の世代も、子どもを通じて親しんできた。まぁ現在生きている人の多くが、ドラえもんから人生や友達や生き方や正義や愛や夢を学んだということだ。そんな国民的アイドルでヒーローのドラえもんをテーマに、国内外で活躍する28組のアーティストが制作した作品を展示する『 THE ドラえもん展』が大阪文化館・天保山で開催されている。

Photo_20190822225301

 「あなたのドラえもんをつくってください」という依頼に応えたのは、日本現代美術界の巨匠の村上隆『あんなこといいな 出来たらいいな』や、奈良美智『ジャイアンにリボンをとられたドラミちゃん』をはじめ、森村泰昌や蜷川実花、会田誠など多士済々のアーティスト。彼らが私的なドラえもん体験をもとに思いを込めて作った作品なので、とても見ごたえがある。

   Photo_20190822225201

 ドラえもんは、きっと思いや願いを反映させやすいサイコーの素材なのだ。アーティストたちはじつにさまざまな切り口で、リスペクトを込めて、楽しみながら、自分自身のドラえもんを制作したことが見て取れる。生活スタイルや人間関係、社会規範や価値観が激変した時代に、わたしたち日本人を優しく支え、バックボーンを形作ってくれたのがドラえもんではないか。この展覧会を見てそう感じました。

THE ドラえもん 展  OSAKA 2019
2019年7月12日(金)~9月23日(月・祝)
大阪文化館・天保山

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

ブルーベリー狩りは楽し

Photo_20190816210401

 こんなおいしいブルーベリーがあるなんて! 奈川の富田ブルーベリー農園で初めてのブルーベリー狩りは感動の体験でした。ここは標高1000m以上、昼と夜の寒暖差が大きい気候と有機栽培によってとても甘いのが特徴だ。バスケットを持って広い果樹園に。すでに多くの人が摘んでいるので、まだ他の人が入っていない上の畑に向かう。いっぱいいっぱい熟した実。ブルーベリーってこんな出来かたをするのか、と予想をはるかに超えてたわわに実っている。

   Photo_20190816215101

 「樹によって甘かったり酸味が強かったりそれぞれ味が違うから、食べて気に入った樹から摘みなさい」とアドバイスを受けていたので、次から次へと試食。そしてコレは!という樹のモノを重点的にバスケットに入れる。畑では食べ放題、摘んでバスケットに入れて持って帰るぶんは量り売りでお金を払う、というのがここのシステムです。はい、約3Kgをお持ち帰り。感動の安さ!  
   Photo_20190818113901

 ブルーベリーは北アメリカ原産の落葉低木。日本では主にハイブッシュ系とラビットアイ系が計100種ほど栽培されているという。長野県は高冷地で酸性土壌が栽培に適していて収穫量も多い。この富田ファームでは4種類が植えられているそうだ。畑の列ごとに違う品種が植えてあるのかと思ったけれど、バラバラだそうだ。苗木のときはわからないのか、混ぜたほうが実がよくつくのか。それは聞き忘れました。

Photo_20190816210602

 今年は雨が多く日照時間が少なかったので生育が悪く、例年に比べてブルーベリー狩りのオープン日がずいぶん遅れたそうだ。おかげで今回の滞在にタイミングがピッタリ合ってラッキーだ。粒も大きく甘さも素晴らしい。なかなか貴重な体験でした。もともと背の低いツツジ科のうえに、樹勢を保つための剪定で小さな子どもでも手が届く高さに実がなっている。親子三代で来てみんな一緒に楽しんでいるグループも多い。

Photo_20190816210501

 収穫した採れたてをそのまま食べるのは最高です。でも新鮮なおいしさをいろいろな食べ方で楽しみたいから。贅沢に使ってでリゾットを作りました。材料はつぶしたブルーベリーと飾りのブルーベリー。そして刻んだタマネギとパルミジャーノ・レッジャーノ。作り方は基本的なリゾットと同じです。そしてソテーした豚ヘレ肉に使うソースも。結論、おいしい素材はどんな調理法でもおいしい。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

エコなジェラート屋さん

Photo_20190814225601

 先月、乗鞍高原の観光センターにお洒落なジェラート屋さんが誕生した。Gift NORIKURA Gelato & Cafe というお店です。「乗鞍の恵み・乗鞍からの贈り物」と名乗っているように、ここのジェラートは地元産の自然素材にこだわっている。奈川の富田ファームのブルーベリー、乗鞍高原ばんどころメリーランドのヤギのミルク、信州蜂蜜本舗のハチミツ、塩尻のヒュッテほし★が自家農園で育てたリンゴ、などなど。ここならではの美味しさが楽しめる。

Photo_20190814225701

 この店のこだわりのもうひとつはエコ。プラスチックはおろか紙製の容器も使っていない。ジェラートのカップもスプーンも木製で食べた後は返却するシステムだ。ゴミゼロ&パッケージフリーショップを目指しています、という通り包装紙や袋も提供していない。そして売り上げの3%は乗鞍高原の環境整備に活用するそうだ。この地域が一体となってもっともっとエココンシャスな方向で発展したらいいなと思う。

Zero_20190816104301

 乗鞍高原の目新しい変化は自転車の人たちの増加。冬場はもちろんスキー客だけど、夏の今ごろは登山の人かバスで山上へ行く観光客がほとんどだった。有名なヒルクライムレースも行われる聖地なので、ペダルをこいで千数百メートルの標高差を登るライダーはいましたが、あくまで少数派。それが今デッキでジェラートを食べていると、次から次へと自転車が行き来する。サイクリングもずいぶん一般的になったものだ。自転車もエコな乗り物だからいいことですね。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

山村コレクションの先見性

   Photo_20190810180601
 山村硝子株式会社の元社長、山村徳太郎さんが収集した68作家、167点の作品が、1987年に兵庫県立美術館に収蔵されました。それらは20世紀後半の日本美術を代表する作品群。いま世界的に価値を高めている『具体 GUTAI』を中心に『ネオ・ダダ』のアーティストたち、それに80年代のニューウェイヴ。戦後美術史を語るうえで欠かせない重要作品がたくさん含まれている。ちょっと言葉は古臭いけれど、前衛美術の一大コレクションなのです。(前衛という言葉はいまや死語ですね)

Photo_20190811173601

 「アブストラクト(=抽象)と人間くさい前衛のはざま」という独自の方針で、まだ評価が定まらない新しい表現をコレクションした山村徳太郎。これらがいずれは公共の財産になる、という前提で集めたというからすごい。アート作品は誰のモノ? という問いに、作家のモノでもなく、所有者のモノでもなく、その後の時代その後の社会全体の文化遺産だという答えを持っていたのでしょう。その考え方こそが先見の明だと思う。
   Photo_20190811113101

 アートは未来の文化遺産として子孫たちへ残す公共材。そう考えた西宮在住の山村にとって「戦後の関西」はとても幸運だった。「人の真似をするな。今までにないものをつくれ」と吉原治良が主導した具体美術協会の活動が阪神間で盛り上がっていたから。いまでは世界の美術史に名を残すアートムーブメントの面々と、同時代を過ごし同じ空気を吸って交流したからこそ集められたコレクション。もちろん彼の眼の確かさがあってのこと。

Photo_20190811112701

 時代の先をいく人物と、先駆的アートムーブメントの出会い。そこで収集された作品群は、いま見てもワクワクする面白さと美意識を揺さぶられる刺激にあふれています。個人コレクターが集めた同時代のアート作品群を、後の時代に公共の美術館で楽しむ。世界ではフツーにありますが、日本ではまだ珍しい、そんな考え方を具現化した山村コレクション。日本の美術が最も輝いた時代をたっぷり楽しめます。

集めた!日本の前衛 山村徳太郎の眼
山村コレクション展
2019年8月3日(土)~9月29日(日)
兵庫県立美術館
 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

アフリカの希望の風

   Photo_20190809182001

 キウェテル・イジョフォー監督の「風をつかまえた少年」The Boy Who Harnessed the Wind という映画が素晴らしい。2010年に出版された同名のノンフィクション(ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー著 文藝春秋刊)が原作です。貧困のために学費を払えず中学校を退学になったウィリアム。その14歳の少年が独学で風力発電の風車をつくり、乾燥した畑に水を引いて村を飢饉から救った奇跡の実話の映画化。

Photo_20190809205701

 森林破壊や地球温暖化による異常気象でアフリカの最貧国のひとつマラウイで大干ばつが起こる。そして数千人規模の餓死者を出した。そんなころ学校の図書館に潜り込み出会った一冊の本をきっかけに、少年は電気を起こす風車を作ろうと思いつく。ユーカリの木、自転車の部品、廃品のプラスチックパイプなど、身近で入手した部材で風力発電装置を製作。その電力でポンプを動かし、井戸から水を引く。

Photo_20190809205702

 いまだに祈祷師の祈りで雨を降らせようとするような部族社会。村の大人たちは家族でさえも少年の夢物語に耳を貸すはずはない。でも彼のまっすぐな想いとひたむきな努力が、次第に周りを動かし始める。学ぶことの大切さを、こんなにストレートに、しかも説教臭くなく表すお話は初めてだ。少しアンバー調の美しい映像と、アフリカの大地を思わせる力強いリズムの音楽が、希望の物語を盛り上げる。

Photo_20190809205802

 21世紀はアフリカの時代と言われ、このところアフリカ関連の書籍もたくさん見かけるようになりました。特に2050年以降は世界の中でアフリカ諸国が占める位置は大きく重要になるという。人口の増加、経済成長、国家や社会の発展、民主主義の成熟。それぞれの国や地域で解決しなければならない課題はいっぱいある。でも着実に良い方向へ変わっていくのでしょう。そう望みたい。

14

 この数百年、世界を支配した西洋近代主義や科学技術や進歩の思想。いろいろ弊害もあらわれているけれど、飢餓や疫病から人々を守るためにはアフリカではまだまだ『近代化』が必要なのだ。負の側面を強調せず、プラス思考で未来を見つめるこの映画。アフリカを応援したくなるとともに、私たちまでとても前向きな気持ちにしてくれる。ウイリアム少年に勇気をたっぷりいただきました。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

サボテンのトゲの不思議

Photo_20190731233901

 なぜサボテンにはトゲがあるのだろう? 自分の身を守る? 敵を攻撃する? 結論から言えば、それらいろんな意味があるようです。刺さると抜けにくいトゲ。そもそも刺さりにくいトゲ。深く刺さって引き抜くと本体とは別の場所に落ち生息範囲を広げるトゲ。そのうちトゲは霧に含まれる水分を集めたり、温度を調節したりという環境に適応するための切り札になったという。おもしろい! 動物も植物もそれぞれの環境に順応しながら生き延びるのですね。

Photo_20190731233902

 最近、六甲の我が家にご縁があってキンシャチという種類のサボテンがやってきました。30歳ぐらいで直径40cm、高さ50cm、硬い硬いトゲを持っている。これは長野県産。知らなかったけれど長野県は日本有数のサボテンの産地らしい。昼と夜の寒暖差が栽培に適しているという。もっと暑いところが生育適地か、と思っていたけれど意外でした。そしてサボテンは幾何学的な美しさと変わった生態で、熱狂的な愛好家がいることでも有名ですが、身近で観てみるとナットクです。

Photo_20190731233903

 サボテンって南北アメリカの砂漠のような乾燥地帯に生えながら、かなり長生きするようです。温帯の日本に住んでいる者の常識とはかけ離れていますよね。植物ってたっぷりの水と光を浴びてで生きていると信じていたのに! サボテンの故郷、アリゾナやニューメキシコは光はたっぷりあるでしょうが、ほんの少ししか雨が降らない乾燥気候。そんな土地だから成長が遅く、ゆっくりゆっくり人生(?)を歩むから逆に長生きするのかもしれません。

Photo_20190807094301

 またトゲの話に戻りますが、硬いトゲは葉っぱにあたる。そして球形の部分が幹。やはりユニークな植物です。さらに驚くのは、サボテンのトゲがレコードプレーヤーの針にも使われているというじゃないですか。鉄の針ほどレコードをいためず、竹の針よりすり減りにくい。で、一部のマニアから高く評価されているそうな。サボテンもサボテンだけど、こんな変わった活用法を考える人間も、ヘンな度合いでは負けてまへんなぁ。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

水を極めた「天気の子」

    Photo_20190803171601    

 エンドロールの途中で席を立つ人はゼロ! こんな映画はいつ以来だろう。新海誠監督の『天気の子』。観客はみんな深い感動で息を止めたように、すぐには立ち上がれない様子。この映画は上映の1ヶ月近く前からサントリーやソフトバンク、日清食品などのコラボCMで盛り上がっていましたね。『君の名は。』(2016年)の大ヒットに続け!という期待の表れだったのでしょうが、予想以上の面白さ。完全にKOされてしまいました。

Photo_20190803171701

 激しい雨、水滴、雨粒の跳ね返り、水たまりの映り込み。これら水の表現の素晴らしさは「雨」が3人目の登場人物と言われた『言の葉の庭』(2013年)ゆずり。きっと美術監督・滝口比呂志さんの力量によるのでしょう。音楽は『君の名は。』に続いてRADWIMPSの野田洋次郎。ストーリー展開と一体になった音楽は、100のセリフ以上に主人公の心情を雄弁に語る。まぁそれもこれもすべてひっくるめて原作・脚本・監督の新海誠の才能だ。

Photo_20190803235401

 天気の調和が狂っていく時代。連日雨が降り続く東京を舞台に、少年と少女は自らの運命を勇気をもって選択する。描かれた世界のスケールの大きさと、取るに足りないちっぽけな人間との対比。人類の愚かさと、人間への希望。あーあ、ネタバレにならないように書くのは本当に難しい。ディテールまで細かく作りこまれているので、見れば見るほど新しい発見がある、とだけ言っておきます。この作品もきっとメガヒットになること間違いなしでしょう。

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

サンセベリアの花

Photo_20190731222402

 なんでも空気清浄効果があるということで話題になった観葉植物が、サンセベリア、あるいはサンスベリア。学名がSansevieria trifasciataですから、どちらの呼び名も正しい。ちょっとした発音の違い。通称トラノオとも呼ばれるこの植物、明治の中ほどから末に日本に持ち込まれたそうだ。たしかに葉っぱに黒いヨコシマが入ってトラの尾っぽのようです。色はちょっと違うけど。

   Photo_20190731222401

 アフリカ原産のこの多年草は暑さや乾燥に強く、都市生活者のグリーンとしては手間はいらないし、涼しげな風情があるしで、10数年前に大ブレークしました。我が家にやって来たのもそのころ。多肉植物なので、水やりも週に一度で十分。さらに冬場は水を与えない方がいい、と手がかからないのが取り柄です。

   10    
 それがこの朝気付いたんだけれど、花が咲いているのです。目立たないちっちゃなうす緑か白かという淡い色の花。まだこれからもっと開くのかもしれませんが、10数年で初めてのこと。あわてて写真を撮ってブログにアップしたという次第。これはリュウゼツラン科ともスズラン亜科とも分類されているようだ。植物の分類は難しく、どの植物も20年前とはずいぶん違う振り分けになっていたりする。これもつねに研究が進んでいる証でしょう。

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »