« フィンランドの陶芸って? | トップページ | サンセベリアの花 »

2019年7月29日 (月)

マリメッコ流、日本の美

   Photo_20190726162201    
 FINLAND MEETS JAPAN「マリメッコ・スピリッツ」という展覧会が東洋陶磁美術館で開催されている。先日ご紹介した「フィンランド陶芸」展と同時開催です。北欧文化と日本文化の親和性、あるいは日本人の北欧デザイン好きにうまくフィットした企画だと思う。よく開催される人気のマリメッコ展のなかでも、今回が視点のユニークさと企画力で群を抜いている。

Photo_20190726164901

 1951年に創業したマリメッコは鮮やかな色彩と思い切ったデザインのテキスタイルで世界を席巻した。創業者のアルミ・ラティアが有能なデザイナーを見つけだす目と、彼女たちの才能をさらに伸ばすプロデュース力を持っていたことで発展する。自然豊かな環境でアーティストが自由に気持ちよく力を発揮できる仕事場は、ライフスタイルを提案する会社にはなくてはならないものだったでしょう。

   Photo_20190726170701    
 現在マリメッコで活躍中の3人のデザイナーが、この展覧会のためにJAPANをテーマ発表した新作が素晴らしい。そして使用した画材やイメージスケッチなど、アイデアの段階から完成形に至る制作過程がよくわかる資料も併せて展示されていて、とても興味深い。アニメなど日本のポップカルチャーにインスパイアされたもの、自然のなかでワビサビを感じたもの、小紋など伝統的な文様から発想したパターンなど三人三様。

   New

 そしてマリメッコが茶室をデザイン監修するとこうなるという、ユニークで楽し気な八角形の茶室が会場に設営されている。草庵の様式を踏襲しながら、「ウニッコ」や「湿原」などのファブリックを壁紙に使って北欧デザインが考える茶室建築を目指している。古い文化に新しいさわやかな風を送り込む、面白い試みだと思いました。マリメッコ、やるねぇ!

マリメッコ・スピリッツ
FINLAND MEETS JAPAN
2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
東洋陶磁美術館

|

« フィンランドの陶芸って? | トップページ | サンセベリアの花 »

展覧会情報[2019]」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィンランドの陶芸って? | トップページ | サンセベリアの花 »