« ヤングコーンで知ったこと | トップページ | これ、なににみえる? »

2019年7月15日 (月)

グッバイ、Mr.レッドフォード

   Photo_20190713103301

 スポーツ選手は肉体的衰えや精神的疲労から思うようなプレイができなくなったら、現役を引退せざるを得なくなる。でも俳優が引退宣言するって、珍しいのではないでしょうか。病気とかでなければね。ロバート・レッドフォード、82歳。年齢を重ねても、「まだまだ」というか、「ますます」というか、カッコよくて仕事の質も上がっているのに。いい年の取り方のお手本でした。俳優業は引退しても、監督業やプロデューサー業は末永く続けてくれることを期待します。

Photo_20190713143501

 初めてロバート・レッドフォードを観たのはアメリカン・ニューシネマの傑作『明日に向かって撃て!』(1969年)。犯罪者なのに、さわやかでユーモアがあって知的なサンダンス・キッド役が、それまでのハリウッドにはなかった鮮烈な個性を輝かせていた。そして最後になるのが『さらば愛しきアウトロー』のフォレスト・タッカー役。どちらも実在の銀行強盗。本人もアウトローを演じるのが好きだと言っているし、俳優人生を締めくくるにはこれほどふさわしい作品はなかったのかもしれません。

Photo_20190714214401

 時代はちょっとレトロな1980年代。舞台はのどかな中西部の田舎の町々。礼儀正しくジェントルな老人が、誰ひとり傷つけず微笑みながら繰り返す銀行強盗。犯罪者なのに凶悪なイメージとはいっさい無縁で、被害を受けた銀行の担当者たちでさえ夢を見ているよう。そして追っかける刑事まで魅了されていく。ほぼ真実の物語、とクレジットされたこの作品。不思議なキャラクター「黄昏ギャング」を肩の力が抜けた名演技で表現したレッドフォード。これも彼の代表作の一つになるでしょう。



Photo_20190714222401

 この映画は犯罪者を主人公にした作品だけれど、派手なアクションや緊迫した展開で見せるのではない。彼が主演するだけのことはあって、情感に満ちた穏やかな映画に仕上がっている。気のきいたセリフ、美しいトーンの映像、時代の雰囲気を再現したデビッド・ロウリー監督の演出が素晴らしい。そしてケイシー・アフレックやシシー・スペイセクら共演陣も見事な演技で大スターの去り際を支えている。スポーツの名選手の引退を胴上げで送る感じ。それにそれに、劇場のお客さんの入りもよくて、うれしくなりました。

 

|

« ヤングコーンで知ったこと | トップページ | これ、なににみえる? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤングコーンで知ったこと | トップページ | これ、なににみえる? »