« 松本で花フェスタです | トップページ | 壮大、華麗、ワルキューレ »

2019年5月10日 (金)

信州の高原にも春が来た

Photo_175

 10連休が終わって、奈川高原にも春がやってきました。でも桜はまだ七~八分咲き。標高1300m以上あるので、ふもとよりだいぶん遅い。朝晩はストーブが必要だといえば、どんなぐあいかイメージしやすいでしょうか。ここの桜はオオヤマザクラの一種で御殿桜と呼ばれている。ソメイヨシノよりピンクの色が濃い。さくら色って、こういう色ですよね、もともとは。ソメイヨシノの色が淡すぎるのかも。

Photo_182

 松本市の特別天然記念物にも指定されている入山地区の御殿桜。名称の由来についてはいろんな説が残っていますが、どの説も戦国時代に武田勝頼の関係者がやってきて植えたのが始まり、と伝えているのでその部分は間違いなさそうだ。旧・奈川村の何代か前の村長さんがこの花が好きで、約3,000本の苗木を育てて植えたのがいま村内各地で楽しめる。桜の里にするのが夢だったらしい。

Photo_166

 そしてこの時期はカラマツのグリーンの新芽が美しい。冬場はカラマツもブナやミズナラも落葉してモノトーンだった高原の林。日に日に緑が増えてくる。朝起きたら昨日と風景が変わっていて、自然のパワーに驚かされることもしばしば。まさに自然は生きていると実感します。このあと、コシアブラやタラの芽が芽吹き、辺りはおいしい山菜が採れる宝の山になる。

Photo_171

 地面にはフキノトウやタンポポ、コゴミが顔を出している。ワラビやゼンマイはもう少し先。ほろ苦い春の山菜は、いい季節の到来を告げるとともに、冬場に縮こまっていた身体をシャキッとさせて活動モードに入れてくれる。秋のキノコは怖くて手を出せないけれど、春は天国です。天ぷらに、おひたしに、アヒージョに。縄文人の採集生活を思い浮かべながら、いただきまーす!

|

« 松本で花フェスタです | トップページ | 壮大、華麗、ワルキューレ »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本で花フェスタです | トップページ | 壮大、華麗、ワルキューレ »