« 35回目のクラフトフェア | トップページ | なにを笑う?横尾忠則 »

2019年5月31日 (金)

絶景カフェ& ハイキング

Photo_242

 向かって左から白馬鑓ヶ岳2,903m、杓子岳2,812m、そして主峰の白馬岳2,932m。真正面に北アルプスの白馬三山を眺めるハクバ マウンテン ハーバーは、岩岳スノーフィールドのゴンドラで登ったところにある展望テラスです。ここにはあのTHE CITY BAKERYがある。で、壮大な自然景観を眺めながらカプチーノとマフィンの朝食を食べようと、朝一番のゴンドラに乗ってやってきました。絶景カフェで朝食を。ヨーロッパの山岳リゾートに来たような爽快かつ優雅な気分です。

Photo_244

 ここのゴンドラ「ノア」は冬のスキーシーズンだけではなく、グリーンシーズンから紅葉シーズンも運行している。マウンテン ハーバーは昨年の10月にオープンしたというから、いまが初の新緑シーズン。展望テラスから空中に張り出したデッキに立てば、絶景の中に浮かんでいるよう。当然誰もがここで写真を撮りたがる。でも皆さん美しい風景に接して気持ちよくなっているのか、和気あいあいと譲り合いながら撮影を楽しんでいます。

Photo_243

 岩岳の山頂から白馬岳方面への斜面に柱を打ち込んで、その上に建物を浮かべる。なかなか思い切った建築デザインです。これならビュースポットとして優れているのはもちろんのこと、豪雪地帯でも雪に埋もれないというメリットもあるのでしょう。すっかり観光名所になり、地元を潤わせている。いま白馬村はいろんな取り組みが好循環をおこし、活気にあふれています。こうなるとヒトもカネもアイデアも、ますます集まってくる。

Photo_251

 極上モーニングタイムを楽しんだら、隣接するねずこの森をハイキング。明るいブナの新緑の森を一時間ほどかけてゆっくりと歩く。春ゼミがさかんに鳴いている。でもブナの木が多いのに、なぜ「ねずこの森」なのか。じつはここの森の中に大きなネズコの老木がある。特にブナが落葉した雪の季節、白一色のなか濃い緑の葉を残す大きなネズコが、まるで森の守り神のように見えることから名付けられたそうだ。味わい深いネーミングです。
   
    Photo_253           
 ネズコ(鼠子)は別名がクロベ。木曽五木のひとつで、ヒノキ科クロベ属の常緑針葉樹です。日本特産で青森から中部山地にかけて多く生える。ヒノキやアスナロよりも寒さに強く、また水にも強いため、戸や障子、下駄の材料によく使われるという。この老木も豪雪の重みに耐え、雷に打たれ、このような奇怪な姿になったのでしょう。何百年も苦難に打ち克ってきたネズコ、さすがに存在感が際立っていますね。緑のなかで身も心もリフレッシュできた一日でした。

|

« 35回目のクラフトフェア | トップページ | なにを笑う?横尾忠則 »

信州ながわ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35回目のクラフトフェア | トップページ | なにを笑う?横尾忠則 »