« ダマし屋がいっぱい | トップページ | 35回目のクラフトフェア »

2019年5月25日 (土)

サラリーマン川柳の大賞は?

Photo_220

 第一生命が主催するサラリーマン川柳コンクール。職場や家庭の日常をユーモラスにそしてシニカルに笑い飛ばす『サラ川』はますます人気です。1億総活躍社会や働き方改革など、サラリーマンにとっては「大きなお世話」的な掛け声が叫ばれるご時世。先日、第32回の優秀作ベスト10が発表されたのでご紹介します。

 1位 五時過ぎた カモンベイビー USAばらし (盆踊り)
 2位 いい数字 出るまで測る 血圧計 (とん吉)
 3位 メルカリで 妻が売るのは 俺の物 (島根のぽん太)
 4位 ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし (リトルプー)
 5位 「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声 (べごちゃん)
 6位 やっと縁 切れた上司が 再雇用 (アカエタカ)
 7位 手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち (忘却の人)
 8位 下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん (のあ)
 9位 U・S・A 流行りにのれない まあいっさ (しん)
 10位 叱っても 褒めても返事は「ヤバイッス!」 (国語辞典)

   Photo_226

 昨年の9月から10月にかけて募集され、今年1月に優秀100句を発表。その中から10万7000人の人気投票で順位が決まったそうだ。だからちょうどその時期、DA PUMPの曲が大ヒットしていたという事情もあるでしょう、関連の2句がランクイン。このようにサラ川は時代や世相を映しているからおもしろい。過去の第1位作品を振り返っても、第4回「ボディコンを 無理して着たら ボンレスハム」、第14回「ドットコム どこが混むのと 聞く上司」、第21回「『空気読め‼』それより部下の 気持ち読め‼」などなど。それぞれ時代の雰囲気を思い出します。これから令和の時代。どんなサラ川が生まれるでしょうか。

|

« ダマし屋がいっぱい | トップページ | 35回目のクラフトフェア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダマし屋がいっぱい | トップページ | 35回目のクラフトフェア »