« 六甲山は虫の王国へ | トップページ | ダマし屋がいっぱい »

2019年5月19日 (日)

邪魔者あつかいの外来種

    Photo_203     
 前回にちらっと触れたニセアカシア。別名はハリエンジュで、北米原産、マメ科の落葉高木です。日本には1873年に渡来。街路樹や公園樹、砂防、がけ地の土止めなどに植栽されました。河原や荒れ地にも適応し成長も早い。こんな特性が重宝されたからでしょう。でも1873年とハッキリした年がわかっているのに、誰がどのように持ち込んだのか、ネットでざっと見たところでは記載がない。新芽は和え物や油炒めに、花穂は天ぷらにと食べ方まで載っているというのに、残念です。

Photo_207

 この時期まわりに甘い香りを漂わせるニセアカシア、外来種だけれど日本の上質なハチミツ生産に欠かせない植物なのだ。長野県ではなんと74%がニセアカシアを蜜源にしているという。そういえば梓川沿いに延々と続く群生は見事です。レンゲソウをほとんど見なくなった今、「アカシアはちみつ」は日本を代表する味だ。ところが、『我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト』に載っているのです。ただし危険の程度が低い「適切な管理が必要な産業上重要な外来種」に分類されている。役に立つから大目に見ましょう、と身勝手な分け方ですね。

Photo_208

 我が国の固有の動物や植物を守り、生態系を持続するために『生物多様性基本法』という法律で、生物の保全について基本原則が定められている。先ほどのニセアカシアより急を要する「緊急対策外来種」に指定されているのが、例えばオオキンケイソウ。北アメリカ原産、キク科の多年草です。河川敷や新しく道路を拓いた斜面などに、最近よく見かけるようになりました。旺盛な繁殖力でカワラナデシコなどの在来種を駆逐してしまうことがわかってきた。

Photo_211

 オオキンケイソウは観賞用として1880年代に日本に入ってきたという。花の時期は5月から7月。黄金色の美しい花を咲かせ、その形が鶏のトサカに似ていることから名付けられた。観賞用のみならず道路の緑化などに利用され、全国でさかんに植栽されました。しかし環境に悪影響を及ぼすことがわかると手のひら返し。いまは家庭で栽培しても罰せられる。人間の都合で持ち込み、時代の流れでもてはやされ、挙句の果ては悪者にされ排斥される。ちょっとかわいそうな気がしませんか?

|

« 六甲山は虫の王国へ | トップページ | ダマし屋がいっぱい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六甲山は虫の王国へ | トップページ | ダマし屋がいっぱい »